1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 消費者の声に答えます!「【番外】レンジフード・換気扇編」

消費者の声に答えます!「【番外】レンジフード・換気扇編」

プレゼント

読者アンケートで「大掃除の際に最も面倒だと思う場所」ナンバーワンの「レンジフード・換気扇」。そこで、パナソニックでキッチンを担当する森 隆行さんに話を聞きました。

ほっとくリーンフード
http://sumai.panasonic.jp/kitchen/rangehood/?link=livingtk

答えてくれたのは

パナソニック
住建商品営業部
水廻り商品企画グループ
キッチン商品営業

森 隆行さん

【番外】レンジフード・換気扇編

最低限「ここだけは掃除しましょう」という部分はありますか?

「『レンジフードの掃除が苦手』という人がその理由として挙げるのは、『高くて手が届かない』『掃除に手間がかかる』ことが多いです。特に『フィルターとファンの油汚れがなかなか落ちない』との声を多くいただきます。でも、必ず掃除してほしいのは、実はその2カ所です。レンジフードの役割は、調理の際に発生する汚れた空気を屋外に排出することなので、フィルターとファンの油汚れがひどくなると、その役割が果たせなくなってしまいます。面倒でも掃除は大切です」
(編集部)内部の汚れはなかなか見えません。「○カ月に1度」など掃除の目安はありますか?
「揚げ物をする頻度などによることもあり、家庭ごとに汚れ具合は異なります。特に問題がないように見えても、使っていれば確実にレンジフードは汚れていくものです。少なくとも年に1度は内部にあるファンも外して、掃除をしてください。ただし、ファンは手が届きにくい高いところにあるタイプも多いので、くれぐれも注意してくださいね」

掃除をしないでいるとどうなりますか?

「ファンやフィルターの能力が下がってしまい、本来は屋外に出ていくはずの汚れた空気が外に出ず、家の中に逃げていくことになります。揚げ物をすると家の中が油くさくなったり、料理のニオイが家にこもってしまうときは、フィルターやファンに汚れがたまっている可能性が大です。また汚れがたまると、ファンを回したときの音がうるさくなります。『音がうるさくなってきた』と感じたら、掃除のサインです。油汚れやホコリを溜めすぎるのはトラブルのもとですので、『油がたれてきた』という場合は、すぐに掃除をしてください」

レンジフードを掃除する際、気を付けることはありますか?

「レンジフードはメーカーや年式によって形状などもさまざまなので、一概には言えません。気を付けたいのは、フィルターを掃除する際、頑固な油汚れを落とすために金ダワシなどでゴシゴシこすることです。最近のレンジフードでは、親水性コーティングがされているフィルターが設置されていることもあるので、この場合、“ゴシゴシ”はNGです。コーティングがはげてしまうため、金ダワシや食器洗い乾燥機は使えませんので、気を付けてください」

掃除の手間を減らすために、やっておくといいことはありますか?

「残念ながら、レンジフードは油料理をする限りは“汚れるところ”です。フィルターをカバーするシートなどもありますが、カバーすることで吸い込む力そのものが弱くなってしまうことにもなります。レンジフードがその役割を果たすためには、掃除していただくしかないのが現状なのです。
パナソニックでは、少しでも手間を減らしていただくために、長期間掃除をしなくてもいいレンジフードを開発しました。当社の『ほっとくリーンフード』は、10年間ファンの掃除がいらないレンジフードです。油をためるプレートも1年に1度、食器洗い乾燥機で洗えばOKです。掃除の際の手間を考えてファンの位置も低めなうえ、ワンタッチで取り外せるので、女性でもラクラクとご好評をいただいています。『ほっとくリーンフード』で検索していただき、ショウルームでぜひチェックしてみてください」

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 消費者の声に答えます!「【番外】レンジフード・換気扇編」
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更