1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 朝ドラ「まれ」の舞台にも!一度は行ってみたい冬の朝市

朝ドラ「まれ」の舞台にも!一度は行ってみたい冬の朝市

最近、全国的にもブームになってきている朝市。朝から活気のある市場は歩いているだけでもエネルギーチャージできて楽しいですよね。さらには「朝一番のお客さんは縁起が良い」と言われ、値段交渉によって通常よりも安くしてもらえることも。ということで今回は、オススメの冬の朝市をご紹介します!

asa

何と言っても一番の魅力は新鮮な海の幸

まずは観光スポットとしても有名な北海道の「函館朝市」。特産の海産物だけでなく、青果物や衣料品、日用雑貨などありとあらゆる店舗が約280軒も出店する大きな市場です。年中無休の早朝~昼過ぎまでの開催、函館駅そばという好立地なども嬉しいポイント。

この函館朝市の中でもどんぶり横丁市場と呼ばれる、海鮮丼を取り扱うお店が並んでいる横丁に注目。こちらはその名の通り、約20店舗ほどのお店でウニ、いくら、イカ、エビ、ホタテ、アワビといった北海道を代表する美味しさがギュギュっと詰まった海鮮丼を提供している横丁なんです。北海道に行った際には、是非とも訪れたいスポットですね。

sakana

また、都心からもアクセスが良い神奈川県の「三崎朝市」は、都心からでも車で1時間半弱と比較的アクセスしやすい朝市。新鮮なまぐろを堪能できるまぐろのぶっかけ丼、まぐろ汁、まぐろ天ぷらそばなどの人気メニューは、早朝に売り切れてしまうことがほとんどなのだとか。三浦半島産の野菜も安価で売られています。

ちなみに三崎朝市は毎週日曜日の早朝5時~朝9時までのみの開催となっています。朝7時頃には多くの人で賑わうので、やっぱり早朝から行くのがオススメです。

朝ドラ「まれ」の舞台になったあの町も! 日本三大朝市

日本各地にさまざまある朝市の中でも、「日本三大朝市」と呼ばれる3つの朝市があります。それは石川県の「輪島朝市」、千葉県の「勝浦朝市」、そして岐阜県の「宮川朝市」です。

注目は輪島朝市。輪島市は、朝ドラ「まれ」の主人公・まれが育った町としても知られていますね。輪島朝市は、なんと古くは平安時代からの始まりで歴史的には1千年以上も続いており、売る者も買う者も女性だらけという独特の活気が根付いている朝市です。

こちらも能登半島で獲れた新鮮な魚介類、海産物に草花農産物、また輪島塗をはじめとする伝統工芸品に衣料雑貨品など、バラエティ豊かな商品が並びます。しかし、その多くは値札が付いておらず、値段交渉によって値段が決まります。人と人が出会う朝市ならではの楽しさですよね。輪島朝市は午前8時から正午12時までの開催で、三が日と第2・4水曜日が休日となっています。

勝浦朝市も歴史があり、大正時代から400年以上続いており、地元の人達の台所として親しまれてきました。こちらに来たら勝浦名物の勝浦タンタンメンも外せないグルメ! 月の前半と後半で開催場所が変わるので、行く際にはご確認を。また宮川朝市は、宮川沿いでほぼ年中無休で毎朝行われている朝市。名物である老舗の大下だんごや飛騨牛串など、食べ歩きをしながらぷらぷら見て回るのがオススメです。

週末で気軽に行ける都心のマルシェも

「都心で気軽に朝市を楽しみたい!」という人には、勝どきに2013年に誕生した日本最大級の都市型マルシェ(市場)の「太陽のマルシェ」。毎月第2週末の10時~16時(4~9月は17時まで)に開催されています。

asaichi

こちらでは日本全国から集った農家の野菜や果物を買えるだけでなく、食をテーマにしたイベントやワークショップといった体験や学びもできる複合型のマルシェ。老若男女が楽しめる、あたらしいかたちの朝市となっています。

また六本木ヒルズ内のアーク・カラヤン広場では、「ヒルズマルシェ」が毎週土曜日の10時~14時に、恵比寿ガーデンプレイスでは毎週日曜日11時~17時に開催中。パンやジャム、お菓子、ワイン、調味料などを取りそろえており、ヨーロッパのマルシェさながらの雰囲気も人気となっています。

寒くてなかなか外に出たくなくなる冬だからこそ、たくさんの人でわいわい賑わう朝市の雰囲気は元気ももらえて楽しめるはず。皆さんも気になる朝市があったら是非、行ってみてください。

(富士みやこ)

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 朝ドラ「まれ」の舞台にも!一度は行ってみたい冬の朝市
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更