1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 新生活を機に家計をスッキリさせよう!

新生活を機に家計をスッキリさせよう!

なんとなく入会してそのままにしているクレジットカードや、借りっぱなしの住宅ローンなど、心当たりはありませんか? 晴れやかな気持ちで春を迎えるためにも、今のうちに見直しておきたいもの。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに話を聞きました。

170302ima06

教えてくれたのは
風呂内亜矢(ふろうち・あや)さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。著書に「その節約はキケンです」(祥伝社)、「デキる女は『抜け目』ない」(あさ出版)など http://www.furouchi.com/

その1クレジットカード

170302ima02

ライフスタイルに合わせ2枚以内にしぼって

ポイントを集中させるためにも枚数はしぼりましょう。できれば2枚以内にしたいもの。年会費無料でどこでも1%以上のポイントがつくクレジットカードは使い勝手がいいでしょう。ただし、支払う年会費以上にポイント還元が期待できるものもあるので、自身のライフスタイルに合わせて選んで。

その2メインバンク

170302ima03

コンビニATMとの手数料の相性をチェック

自分のメインバンクとよく利用するコンビニATMの手数料が無料になる時間帯や条件について、把握していますか? 銀行とコンビニATMは、手数料の相性の良し悪しがあるので、一度調べてみてください。この低金利時代、比較的金利のいいネット銀行などを活用するのもひとつの手です。

その3住宅ローン

170302ima04

1年以上前に組んだなら、借り換えの検討も

2016年2月以降、住宅ローンの金利が大幅に下がっています。1年以上前に契約している場合、借り換えを検討しては。転職を考えている人は、転職前に借り換えを。住宅ローンの金利が1%未満なら、住宅ローン減税期間中は繰り上げ返済せず、減税のメリットを享受するのもよいでしょう。

その4家計簿

170302ima05

繰り返し見返して傾向をつかむことが大切

家計簿は細かくつける必要はありません。つけた家計簿を繰り返しチェックすることに注力を。「どこにお金を使っているか」など、家計の傾向をつかめるようになります。家計簿は手書きでもアプリでもOK。1週間分のレシートを集め、いらなかったものにマーカーを引くだけでもいいですよ。

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 新生活を機に家計をスッキリさせよう!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更