1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 年間6万5000円分の食品を捨てている?!五感を使って「食品ロス」をなくそう

年間6万5000円分の食品を捨てている?!五感を使って「食品ロス」をなくそう

「食品ロス」という言葉を知っていますか? 今、日本のみならず先進国の間で深刻な社会問題になっている「食品ロス」について、その道の専門家・井出留美さんが分かりやすく解説します。

一世帯で年間6万5000円分の食品を捨てている

たとえば現金が当たる懸賞に応募したとします。しばらくして「6万円が当選しました!」という通知が来たらどうでしょう? 嬉しいですね。このお札をそのままゴミ箱に捨てる人はいないでしょう。でも現実には、そのまま捨てているような状況になっています。京都市によると、一世帯4人から出される、まだ食べられるのに捨てられる食品は、金額換算で年間6万円。これを処理する費用が5000円。一世帯が年間6万5000円を捨てていることになります。日本全国で計算すると11.1兆円になります。

京都市の生ごみデータ http://sukkiri-kyoto.com/data/gomidata

shokuhin1

食べられるはずの食品が捨てられてしまう「食品ロス」

NHK「特報首都圏」の取材を受けた時、東京都23区内の家庭ゴミの収集現場で、ゴミに入っていた、まだ食べられる食べ物を撮影しました。賞味期限が5カ月残っている5000円の高級菓子やカツ丼、鉄火巻、菓子パン、総菜、ピザなど、まだ充分食べられる食べ物が家庭ゴミから大量に出てきました。

このように、まだ食べられるのに捨てられる運命にある食品のことを「食品ロス」と呼びます。世界で生産される食料のうち、およそ3分の1にあたる13億トンが毎年捨てられています。日本では年間621万トン。これは東京都民が1年間に食べる量に匹敵すると言われています。日本に住んでいる人全員が毎日おにぎり1個分を捨てている計算です。世界の食料援助量の2倍です。

…とお話しても、所詮、他人事という人が多いと思います。何が困るの? 食べ物は充分あるし、ゴミだって燃やして捨てればいいじゃない。

実は食料品の値段、捨てるための費用が含まれています。足りなくならないよう作っているから、余って捨てているのです。捨てないで済めば、食料品の価格は安くなるかもしれません。お住まいの市区町村に払っている税金は生ゴミ処理にも使われています。食べ物のゴミが減れば、教育や福祉など、有効なことに使える予算が増えます。

今すぐできることは「五感を使って食べること」

今すぐできること。それは、賞味期限が過ぎた食べ物をすぐ捨てないようにすることです。消費期限は、主に日持ちが5日以内の食べ物につけられます(弁当、サンドウィッチなど)。一方、賞味期限は、その日が過ぎても品質が途端に切れるわけではありません。自分の五感を使って食べることで、食品の無駄が減り、食費が少なくて済みます。ご家族やお友達で「賞味期限」を過剰に重視している人がいたら、ぜひこのことを伝えてください。それだけでも食品の無駄が少なくなり、お金の無駄も減り、家計が潤うはずです。
shokuhin4(農林水産省ホームページより)

次回は、「日本と世界の食品ロス削減について」紹介します。(5月11日公開予定)

2Iderumi_Photo
shomikigen
井出留美(いで・るみ)
株式会社 office 3.11 代表取締役。食品ロス問題専門家。
消費生活アドバイザー。博士(栄養学)(女子栄養大学大学院)、修士(農学)(東京大学大学院農学生命科学研究科)。女子栄養大学・石巻専修大学 非常勤講師。日本ケロッグで広報室長と社会貢献業務を兼任し、東日本大震災では食料支援に従事する。その折の大量の食料廃棄に憤りを覚え、自らの誕生日であり、人生の転機ともなった3・11を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンク、セカンドハーベスト・ジャパンの広報を委託され、同団体をPRアワードグランプリ ソーシャル・コミュニケーション部門最優秀賞や食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと導く。市会議員、県庁職員、商店街振興組合理事長らと食品ロス削減検討チーム川口主宰。平成28年度農水省食品ロス削減国民運動展開事業フードバンク推進検討会(沖縄)講師。同年10月『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)上梓、11月、本著内容を国際学会Food and Societyで発表。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 年間6万5000円分の食品を捨てている?!五感を使って「食品ロス」をなくそう
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更