1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. メイクが薄いだけの人になってない?ナチュラル派こそ描くべきアイラインのコツ

メイクが薄いだけの人になってない?ナチュラル派こそ描くべきアイラインのコツ

20170429maehama01

化粧が少し濃くなるだけで周りから「ケバいと思われないかしら」と不安になったりしますよね。そんな悩みから“ナチュラルメイク”を選ぶ人も多いのではないでしょうか。

しかし、ナチュラルメイクというのは、作り込んでこそ美しく見えるもの。周りからすると、ただメイクが薄いだけの人になっているかもしれません。

そこで今回は、メイクの中でも苦手意識の強い“アイライン”に絞って、NGポイントと誰でも簡単に描けるテクニックを紹介します。「私はナチュラルメイク派だから、アイライナーは使わない」という人こそ、ぜひチェックを!

不自然!ガタガタ!アイライナーの悲劇…

アイライナーは、目元の印象を大きく左右するアイテム。それだけに、メイクの腕さが露骨に表れてしまいます。やってしまいがちなNGポイント2つがこちら。

(1)横から見た時に不自然

20170430maehama05

アイラインは、デカ目効果を狙って実際の目よりオーバー気味にアイラインを描くこともありますよね。その時、鏡を真正面から見ていると気づきにくいのが、“横”から見た状態です。

いろいろな角度からチェックする習慣がない人は、横から目元を見たときにアイラインが不自然な位置に入っている可能性も…。

(2)瞬きをするたびにガタガタが目立つ

20170430maehama04

メイクの中でも苦手だと感じる人の多いアイラインは、恐る恐る描くと余計に手元が震えてしまいます。ほんの1mmにも満たないズレなのに、写真で見ても、ガタガタとしていてぎこちないのがわかりますよね。このちょっとしたアイラインの歪みが、メイクを台なしにしてしまうんです。

以上のように、ささいなことでメイクの出来栄えを大きく変えてしまうアイライン。

では、誰でも簡単に“ナチュラルに盛れる”アイラインの描き方とは?

ナチュラルなのに盛れる!アイラインの描き方

(1)ペンシルアイライナー→リキッドタイプに変更

20170430maehama03

今までアイライナーは「ペンシルタイプ」を使っていたという人には、「リキッドタイプ」をオススメします。リキッドタイプは難しそうというイメージを持っている人が多いのですが、少しなぞるだけでサッとアイラインが描けるので、実は初心者でも挑戦しやすいんです。

また、先端が細めのものを選べば、細かく丁寧にアイラインを描くことができるので、先に紹介したようなガタガタしてしまうという悩みも解消してくれます。

(2)アウトライン→インラインに変更

20170429maehama02

ナチュラルメイクでありつつ、“盛れる”には、しっかりとしたアイラインが重要。けれども、デカ目になりたいと考え、濃く描きすぎるのはNGです。

ここでオススメなのが、目のキワ部分に引く「アウトライン」ではなく、まつげとまつげの隙間を塗りつぶす「インライン」に変えること。

リキッドのアイライナーで、まつげの間をポンポンと優しく塗りつぶしていくようなイメージです。これなら、アイラインが苦手な人でもチャレンジしやすいですよね。

ナチュラルメイクのつもりが、なんだか垢抜けない印象だった人も、これで差が出るはず。お試しあれ!

(文:前濱瞳)


★あわせて読みたい!
100均でそろう!花粉症によるメイク崩れのお直しグッズ3選
夏に向けてリフレッシュ!運気がアップするヘアスタイル
料理や風景の写真が簡単キレイ!大人女性におすすめの画像加工アプリ3選
足が痛い!ヒールが履けない!それって姿勢が原因かも?
簡単すぎ!?ワンランク上の旅行写真を撮るテクニック3つ

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. メイクが薄いだけの人になってない?ナチュラル派こそ描くべきアイラインのコツ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更