1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 東出昌大さんの怪演に注目!不倫ドラマ「あなそれ」が人気のワケ

東出昌大さんの怪演に注目!不倫ドラマ「あなそれ」が人気のワケ

現在放送中のドラマ「あなたのことはそれほど」。東出昌大さんの怪演などが話題を集め、視聴率も12.4%を記録するなど今後の展開にも期待が集まっています。この「あなそれ」がなぜこれほどまでに人気を集めているのか、まとめてみました。

nc_anasore

第7話までのあらすじを簡単にチェック!

「あなたのことはそれほど」(通称:あなそれ、TBS系、火曜22時~)は、いくえみ綾さんによる同名漫画が原作の、いわゆる“不倫モノ”ドラマ。本作を見たことがない人のために、まずはあらすじを追っていきましょう。

主人公の美都(波留)は、かつて占い師から言われた「2番目に好きな人と結婚すると幸せになる」という言葉を信じて涼太(東出昌大)と結婚。穏やかな結婚生活を送っていた矢先、偶然、学生のころ大好きだった光軌(鈴木伸之)と再会します。不倫関係に陥ってしまう美都ですが、光軌には妻の麗華(仲里依紗)がいて――。

前回放送の第7話までで、それぞれのパートナーに不倫がバレた美都と光軌は逃避行を企みます。しかし光軌が心を改め家庭に戻る決心をしたことと、涼太に連れ戻されたことで失敗に終わりました。

不倫をする側に感情移入できないのが新鮮!

これまでの不倫ドラマでは、夫とのセックスレスの苦しみや、ダメとわかっていながらも不倫相手との本気の恋愛を貫く当事者の姿が描かれました。視聴者は、不倫といえども、久々の恋のときめきや夫への罪の意識などに多かれ少なかれ共感できたのです。しかし、「あなそれ」は違います!

美都が罪の意識や、涼太への申し訳なさを感じる場面が出てきません。それどころか、不倫がバレて涼太に問われても謝罪せず、むしろ開き直り状態に。その後、なんとか穏やかな結婚生活を取り戻そうとする涼太の笑顔を「気持ち悪い」と一蹴します。

光軌も妻の妊娠中という最悪のタイミングにもかかわらず、軽いノリで美都に手を出し、その後も深く考えずに不倫関係を続けていきます。美都のことも「趣味は息抜き。俺の趣味は美都」と、この関係が遊びであることを断言します。

つまり、本作は不倫当事者にまったく感情移入できないんです。それゆえ「見たくない」という人もいるのですが、楽しみにしている視聴者は、「早く互いの相手からコテンパンにやられちゃえ!」と、ドロドロとした事件を期待している人が多いよう。この、これまでにはなかった新鮮なワクワクが、本作の魅力となっています。

東出昌大&仲里依紗の毒々しい“目”に引き込まれる

多くの視聴者が思わず期待してしまう“ドロドロ”に、大きな華を添えているのが、涼太役の東出昌大と麗華役の仲里依紗です。

涼太は美都のことは責めずに不倫を許す姿勢を見せるも、影ではこっそり光軌に接近し、復讐のタイミングをうかがいます。目を見開いて携帯をチェックしたり、瞬きを一切せず、目の奥がまったく笑っていない東出昌大の演技は、放送当初からすでに話題を集めていました。

そして、ここに来て毒々しさに注目が集まっているのが麗華。彼女の問い詰め方は、すでに不倫に気付いていることを時間をかけて光軌に匂わせ、感謝の言葉を重ねることで罪の意識を増幅させていきます。そしてその後は汚いものを見るかのような目で光軌を一瞥し、精神的に追い詰めていくのです。

この2人の怪演には、毎話放送後「反撃が気持ち良い!」という意見や「ホラー映画よりもゾクゾクする」という声が上がるほど。今後も美都と光軌を追い詰めていく2人の姿に注目が集まりそう。特に、2人の“目”に注目してみてください!

ついに2組とも離婚?第8話以降の展開は…

第7話では、ついに美都は涼太に離婚届を突きつけますが、涼太に不敵な笑顔で破られるというラストでした。そして麗華も光軌に「亜胡(娘)を私にくれてありがとう」という、離婚をして子どもを引き取るかのような意味深な言葉を残します。

ついに2組とも離婚してしまうのか、涼太と麗華はどこまで反撃していくのか。まだまだ目が離せない「あなそれ」、皆さんもぜひチェックしてみてくださいね。

(文:秋山悠紀)


★あわせて読みたい!
恋愛したいけど離婚はしない「平日昼顔妻」の本音
20年ぶりにドラマ化!「不機嫌な果実」に見る不倫と結婚観
あなたが知っている身近な人の不倫エピソード!
男性に聞く「プラトニックな恋愛ってあり?」
リビコミュ「妻たちのナイショ話」

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 東出昌大さんの怪演に注目!不倫ドラマ「あなそれ」が人気のワケ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更