1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 夫が定年退職間近で老後資金が不安…私はパートタイマーなどで働くべき?

夫が定年退職間近で老後資金が不安…私はパートタイマーなどで働くべき?

質問

夫が定年退職間近で老後資金が不安…
私はパートタイマーなどで働くべき?

埼玉県・Tさん(55歳)【夫58歳】

あと2年で夫が定年退職。60歳でリタイアするか、65歳まで働くか悩んでいます。老後資金は足りるでしょうか。私はパートなどで働いたほうがいいでしょうか。住宅ローンは来年完済予定です。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

「老後資金はいくら必要か?」と、多くの人が気になると思うのですが、寿命が分からない限り、きちんと算出するのは不可能です。裏を返せば、「これで安心」といえる額は誰にもいえないのだと思います。だとすると、「足りるかどうか」で悩むよりお勧めしたいのは、老後までにいくら貯められるかを検討し、その資金で「どんな老後が描けるかな」と考えてみる方法です。いくら必要かと「不足」を数えるより、あるお金をベースに生活を描くプロセスは、老後の生活を作り上げるような作業になるため、不安をいだきにくく、前向きに捉えやすくなります。

Tさんの家計簿を拝見すると、年間貯蓄は180万円ほどなので、2年で360万円。そこにいまの貯蓄1200万円と退職金(手取り)を足し合わせると、夫60歳時での貯蓄総額がみえてきます。65歳でリタイアとすれば、その後5年間で貯められそうな額を足し合わせましょう。65歳まで働くと、その分の貯蓄形成が期待できますが、仮に貯められなかったとしても、「老後」が5年短くなることで、貯蓄の減少をおさえる効果はあります。

それぞれでリタイアした場合の貯蓄額の他、働きたいかどうかを含めたやりがいやキャリア形成などのメリット・デメリットを洗い出し、総合的に判断してみてはいかがでしょうか。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。
2017年4月、生活マネー塾を開講。http://www.556312.com/

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 夫が定年退職間近で老後資金が不安…私はパートタイマーなどで働くべき?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更