1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 映画『昼顔』のあらすじ&見どころは?不倫“する女”と“された妻”の苦悩

映画『昼顔』のあらすじ&見どころは?不倫“する女”と“された妻”の苦悩

平日の午後3時から夫以外の男性と恋愛をする主婦を描き、社会現象となったドラマ『昼顔』。6月10日に公開された映画版は、ドラマから続く不倫愛の切なさや大きすぎる代償、そして衝撃のラストが話題となっています。ドラマを見ていない人も楽しめる本作、その見どころをチェックしちゃいましょう!

572b3a0fcbd7e29caff184c8db40d5d0_s

映画版『昼顔』は、ドラマのラストから3年後を描く

まずは簡単に、ドラマのあらすじをおさらいしましょう。

ダブル不倫がバレた末、夫と別れた紗和(上戸彩)。最終的には夫婦関係の継続を決めた北野(斉藤工)と「互いに知らない場所に転居し、今後は一切会わない」という約束を交わすことで、北野との不倫関係は終了しました。本気で夫以外の男性を好きになってしまった結果、最後には夫も好きな男性も手に入れられず、周囲と自分の心に深い傷を負うという切ないラストに涙した人も多いでしょう。

今回の映画では、その約束を交わしてから3年後の紗和と北野、そして北野の妻である乃里子(伊藤歩)の3人がメイン。バツイチとなって見知らぬ海辺の町で質素な暮らしをする紗和は、とあるきっかけで北野と再会し、再びお互いの気持ちを燃やしていきます。

ドラマから3年の月日を経た紗和と北野、そして乃里子の行く末は――? ドラマで完結したと思われた、1人の男をめぐる2人の女の三角関係がどう着地していくのかが濃密に描かれています。

ドラマとの大きな違いは、乃里子の存在感

ドラマでは、北野への健気な想いや不倫への葛藤、セックスレス状態の夫や子作りにしつこく言及してくる姑への不満など、さまざまなポイントで共感しやすい紗和が描かれていました。しかし映画では、不倫をされる側、つまり乃里子の苦しみも十分に感じられるところがポイントです。

ドラマ同様、映画でも、夫が不倫をしても「絶対に別れない」という姿勢を貫く乃里子。自分のことをもう好きではなくなった夫だとしても”夫婦“であり続ける。その思いが次第に「あなたはどうして私ではなく、あの人を選ぶの?」と、紗和への嫉妬に狂っていきます。

紗和と北野が再び愛し合う姿を見るたび、北野への愛情ではなく「自分が欲しいものをほかの女が手に入れるのは耐えられない」という歪んだ自尊心がどんどん色濃くなっていきます。3年前に不倫をされても夫と別れなかったことによって、狂気を帯びるほど自分自身を苦しめ続けるのです。彼女自身は道徳的に何も悪いことをしていないからこそ、胸に突き刺さるものがあります。

夫からの愛情が手に入れられないのは、私が悪いのか。すでに自分への気持ちがない夫との、愛し合えない“夫婦”生活に意味はあるのか。そんな正解も間違いもない問いを、乃里子という存在が投げかけてくるのです。

不倫を“する女”として観る?“される妻”として観る?

一方で、紗和もドラマとは異なる描かれ方がされています。

北野と再び心を通わせて幸せを感じるものの、一度自分が夫を裏切った経験から、かつての不倫関係とは異なる不安や苦しみが芽生えてきます。夫以外の男性を好きになるという自分の犯した罪による苦しみを、その人を愛することで感じていくという罪業。紗和もまた、3年前の不倫になお苦しめられていきます。

このように、本作は、紗和の視点と乃里子の視点とで、感じ方や面白さが異なるようにつくられているんです。

心身ともに疲弊しながらも、再びの恋で色めいていく紗和役の上戸彩さん。そして、不倫をされることで凛とした美しさが歪み、人相まで変わっていく乃里子役の伊藤歩さん。この2人の迫真の演技にも注目してみてください。

運命の赤い糸なのか、それとも神様が試しているのか――。ドラマで完結したと思われた紗和と北野のラブストーリーの本当のラストを、映画館で目に焼き付けてみてはいかがですか?

(文・秋山悠紀)


★あわせて読みたい!
上戸彩さん、映画「昼顔」への思いを語る
恋愛したいけど離婚はしない「平日昼顔妻」の本音
東出昌大さんの怪演に注目!不倫ドラマ「あなそれ」が人気のワケ
20年ぶりにドラマ化!「不機嫌な果実」に見る不倫と結婚観
不倫?プラトニックラブ?主婦の恋愛事情

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 映画『昼顔』のあらすじ&見どころは?不倫“する女”と“された妻”の苦悩
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更