1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 中古マンションの購入を検討中 手元資金はいくら購入資金に回せる?

中古マンションの購入を検討中 手元資金はいくら購入資金に回せる?

質問

中古マンションの購入を検討中
手元資金はいくら購入資金に回せる?

東京都・Iさん(35歳)【夫32歳、長女3歳】

中古マンションの購入を検討しています。住宅ローンを組むにあたり、ムリなく返済をするには、いま手元にある資金のうち、どのくらいを購入資金に充てたらいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

住宅ローンの総返済額は、「借入額」「金利」「借入期間」の3つの数字で大きく決まります。それぞれの数字が小さいほうが(借入額は少なく、金利は低く、借入期間は短く)、総返済額をおさえられます。この理屈からいえば、「借入額」はできるだけ小さいほうがいい、となります。明確な基準があるわけではありませんが、最終的には手元にいくら残しておきたいかと、それで将来の支出に支障はないかの2点を考えながら決めるといいと思います。

購入後の家計簿は変わりますが、現状を拝見すると、年間で400万円以上貯まっている計算。今後の保育料負担は考慮する必要がありそうですが、手元資金の多くを充当させても、貯蓄の挽回力は相当おありのようです。

いま金利水準はとても低く、仮に30年間、全期間固定金利年1.3%で組めたとすると、総返済額は借入額の約1.2倍程度(繰り上げ返済を一切ナシとして)。5000万円借りるなら総返済額は6000万円ほど。つまり、100万円でも多く購入資金に充てると単純計算で約20万円の利息負担が減るわけです。ただし、新しい家具・家電の購入負担や、住宅購入後の新生活で光熱費や生活費が変わるケースは少なくありません。ムリせずに新生活が始まって様子をみながら繰り上げ返済をするのも一つです。慌てずじっくり検討してみてください。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。
2017年4月、生活マネー塾を開講。http://www.556312.com/

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 中古マンションの購入を検討中 手元資金はいくら購入資金に回せる?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更