1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 専業主婦が貯めたへそくりは誰のもの?【離婚と財産分与】

専業主婦が貯めたへそくりは誰のもの?【離婚と財産分与】

身の回りの小さなトラブルは相談しにくいけれど、放っておくとストレスの原因にも。主婦の“あるある”なお悩みを、法律的な解釈にもとづき弁護士がスッキリ解消します!

Q

生活費をやりくりして貯めたへそくり、離婚したらどうなる?

私は専業主婦で、生活費として毎月ある程度まとまった金額を夫から受け取っています。結婚以来、頑張ってやりくりした残りをへそくりとして貯め続け、結構な金額になっています。子どもが独立した今、夫との会話も減り、「熟年離婚」という言葉もよく聞きますし、他人事とは思えません。私は働いたことがなく、万が一、離婚となったらそのへそくりだけでも持っていかないととても生活できません。でも、もとはといえば夫の稼いだお金なので、離婚したら取り上げられてしまうのでしょうか?(50代・女性)

A

へそくりにかぎらず、専業主婦でも離婚時には財産分与があります

島田さくら弁護士

島田さくら弁護士の回答

家計を任されている専業主婦であれば、夫に内緒でへそくりを貯めている方も多いのではないでしょうか。

ただ、その目的は、ちょっとした日常の楽しみや自分へのご褒美、あるいは離婚の際の独立資金まで、いろいろありそうです。

では、そのお金は本来、誰のものなのでしょう。

夫婦間の財産は、大きく2つに分類できる

民法では、夫婦の財産について、大きく2つのルールを定めています。

1つめは、結婚前から持っていた財産と、結婚後に自分の名前で得た財産は、単独で所有しますよというもの(民法762条1項)。2つめは、どちらのものかわからない財産は、2人で共有しますよというもの(民法762条2項)です。

なので、独身時代から妻が貯めていた貯金は妻のものですし、結婚後に夫が自分の名前で稼いできた給料は夫のもの、混ざってしまってどちらかわからない場合は夫婦2人のものということになります。

へそくりは、やっぱり夫のもの?

以上のように考えると、へそくりの元手になっているのは夫の給料なので、これは夫の財産のように思えるかもしれません。

ただ、民法は別の条文で、夫婦は収入等を考慮して、生活費等を分担すると規定しているので(民法760条)、夫が、家計を任せている妻に生活費として給料を渡せば、それは夫婦2人の財産となります。

相談者さんは、2人の財産である生活費からへそくりを貯めているので、これも夫婦2人のものと考えられます。

170713_law_hesokuri

離婚する場合の財産の分け方は…

結婚している間の財産の帰属は、以上のとおりですが、離婚するとなると少し話が変わってきます。

離婚する場合は、「財産分与」といって、結婚し、同居している間に夫婦で得た財産を分け合うことになります。

専業主婦だからといって、もらえる財産がゼロになるわけではありません。夫が外でバリバリと働けたのは、専業主婦である妻が家事労働を担当してくれていたからです。ですので、個別具体的事情にもよりますが、専業主婦であっても財産分与の割合は概ね半々になります。

夫の給料はもちろん、近い時期にもらえる退職金があれば、その一部も財産分与の対象となります。へそくりについては、相談者さんが心配しているように丸ごと夫にとられてしまうことはありませんが、夫婦2人の共有財産として夫婦で分け合うことになります。

ただし、家や車のローンが残っているなどの事情があると、実際にもらえる現金は思ったほど多くないということもありえます。

ある程度の年齢になってから、離婚してひとりで生きていくのは簡単ではありません。本気で離婚を考えるのであれば、今のうちから職を得てお金を貯めるなど、できる時にできる準備をしておいたほうがよいでしょう。

今回のポイント

  • 結婚する前から持っていたものと、結婚後に自分の名前で得たものは自分の財産
  • 生活費など夫婦で分担すべきものは2人の財産
  • 離婚するときは財産分与があるので、専業主婦でも財産がゼロになることはない

島田さくら先生プロフィール画像

Profile

島田さくら先生プロフィール画像

島田さくら(しまだ・さくら)弁護士

大阪大学大学院高等司法研究科卒業。司法修習第65期。弁護士法人アディーレ法律事務所所属。東京弁護士会所属。

元カレからのDVや、妊娠が発覚した翌日にカレから別れを告げられるなど、過去の男運のなさからくる波乱万丈な人生経験をもとに、悩める女性の強い味方として男女トラブル、債務整理、労働問題などの身近な法律問題を得意分野として扱う。離婚等の豊富な知識を有する夫婦カウンセラー(JADP認定)、2級知的財産管理技能士の資格も。家庭では1児の母として子育てに奮闘するシングルマザー。

報道・情報番組「キャスト」(ABC朝日放送)にレギュラーコメンテーターとして出演中。その他、さまざまなメディアで活躍中。

アディーレ法律事務所 http://www.adire.jp/

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 専業主婦が貯めたへそくりは誰のもの?【離婚と財産分与】
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更