1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 横森美奈子流のおしゃれの法則★年齢や体型を理由におしゃれに制限をかけない!

40代・50代からの大人女性のおしゃれ10の法則

この美しさと若々しさで、なんと今年68歳!
フレッシュでイキイキとしたその見た目、輝き、チャーミングさの理由はどこにあるのか。大人の女性ならではのおしゃれの法則を聞きました!

横森美奈子流『大人の女性のおしゃれ10の法則』

自ブランドに去年のユニクロのトレンチを
コーディネートは自由自在に楽しみます。
自ブランドに去年のユニクロのトレンチを

横森美奈子流のおしゃれの法則とは?

  1. 年齢や体型を理由におしゃれに制限をかけない
  2. おしゃれは着こなしがすべて、自分流を探究せよ
  3. 小物も使って、ファッションは全身バランスで
  4. 着やせのコツは、メリハリとサイズ選び
  5. 着やせバランスの基本は「たて長ライン」
  6. ヘアスタイルはおしゃれの超重要ポイント!
  7. 劣化したものは身につけない
  8. 色柄を味方につけて、若見せ&細見せ
  9. 時流に合わせて感覚をアップデートする努力を
  10. メンテナンスで素敵な〝華麗“現象に

これから、1項目ずつコラムでご紹介します!

おしゃれに年齢も体型も関係ない!あなたに合う着こなしを

おしゃれに年齢も体型も関係ない!あなたに合う着こなしを
笑顔は造作よりもたいせつ(笑)、
自分のベストな笑顔を確かめることも必要です
-年齢を重ねても、ずっと若々しくて可愛らしくいられるのは、なぜ?ぜひ教えてください!

私は年齢も服のサイズもぜんぶ公開しています。隠し事は何もないの(笑)。今年68歳ですが、年齢は全然気にしていないし、服のサイズは上下ともLLで13号です。

ショップチャンネルでは私、モデルもやっていますが、あれは、自分でやりたいわけじゃなく、13号でLLの私でも着やせして見せられるし、おしゃれに見えるということを伝えられるからなんです。リアルでしょう?(笑)

太ってしまったから、年取ってしまったから、っておしゃれを諦めるなんてナンセンス! 若い時なんてほんの一瞬、特に平均寿命が延びて“大人年齢”が長くなっているのだから、そっちを大事にしないとね。

若い頃の自分と比べずに、今のあなたが素敵なことが大事

年齢を気にしすぎないことが、とても大切だと思っています。年齢で服は決められない。だって加齢現象って個人差があるでしょう? それにいくつになったらどうしなくっちゃなんて誰も決めていない、暗黙の了解だけ(笑)。 今のあなたが素敵に見えることだけ考えればいいんです。

「もう年だから」って言う人は、自分で自分を規制して安心しているんだと思う。自分の若い頃しか基準になくて、比べてしまって「無理!」と可能性を閉ざしている。

仕事のほうでいえば、私は63歳の時、立ち上げから12年手がけていた(株)ワールドの“スマートピンク”を辞めました。普通は引退する年齢だけれど、まだ他に「何かをやり残して人生を終えるのは嫌だ」と、違うフィールドに飛び込みました。自分の限界を試したかったんです。次に選んだショップチャンネルはすぐに結果が出る仕事なので、ダメなら辞めるし。早い話が「出来るか」「出来ないか」ですから、それがいくつであろうと年齢は気にしませんでした。「何かやりたい!」という気持ちに“遅い”とか“無理”なんて無いと思うんです。

「もう年だから」はやめて。自分を磨いて前に進みましょう

yoko4
これも着やせポーズ。
常にこういうクセがついているから太って見えないのかな?
「おしゃれは今からでもできるのね?」って言われれば、「できます!」って自信をもって答えます。

私が生まれた次の年にやっと、女性の平均寿命が50歳を超えたのですから、40代になると「もうそろそろ・・・」っていうふうになったとは思うけれど、いまの大人年齢は長くなってしまった。50歳からまだ30年も40年も、もしかしたら50年も生きなくちゃいけないんです。
「もう年だから」はやめて、今のあなたを磨くことで前に進みましょう!
「諦めない」こと、努力したことで今の私がある。誰でも諦めなかったらできるんですよ。

point

POINT

◆年齢や体型を理由におしゃれに制限をかけない。
◆今のあなたが素敵に見えることだけを考えて。
<横森美奈子VOICE>
私の特技(?)“着やせ”術も、どうしてそんなこと考えられるのかと聞かれたりもしますが、20歳までぽっちゃり太っていて、おしゃれに興味があるのにコンプレックスの塊でした。20歳の時に、デザイン学校を卒業したけれどボーイフレンドも出来なくて、このまま生きていてもしょうがない・・・くらいの決意でダイエットをしたんです。でも自分の基準は、あくまでもおしゃれするのが目的で「普通サイズの服(9号)が着られるようになりたい!」でした(笑)

ぽっちゃり中学・高校生の時から、おしゃれに人一倍興味はあったけれど、お金も無いし素敵な服などそう簡単に手に入る時代ではないので、自分で縫ったり、買った服でも「ちょっとでもよく見えたい」と工夫するクセがついていたというか。それが今もずっと続いている感じです。
ええ、体重は結局、昔のぽっちゃりに戻っていますが(笑)
今の体重60キロを頑張って落とすことはできると思うけれど、もう若い時とコンディションが違うので、顔がゲッソリしてしまう。ぽっこりお腹とはかりにかけて、やはり顔が元気なほうがいいな、お腹は服でカバーできるし(笑) そういう変化の見極め方も大事です。見方を変えて、自分のいいところを探す。昔の姿にしがみついてはダメ!
人気の通販番組「ショップチャンネル」では自らがモデルをつとめ、説得力のあるアドバイスでSOLD OUTが続出するなど、おしゃれに興味を持つ大人の女性に絶大な人気を誇る横森美奈子さん。
DCブランド全盛期にはBIGIグループに所属し、「MELROSE」「HALF MOON」のチーフデザイナーとして時代を作ってきました。
45年以上たった今でも第一線で輝き続ける横森さんのお話をじっくり伺ったところ、大人の女性ならではのおしゃれの法則が見えてきました。さあ、これから毎週更新していく『横森流・大人の女性のおしゃれ10の法則』を意識して、今よりもっと細見せ!若々しく!魅力的な女性を目指してください。(インタビュー/鈴木美和)(写真/平野晋子)

yoko5

PROFILE
1949年東京生まれ。ファッションデザイナー。DCブランド「MELROSE」「HALF MOON」「BARBICHE」(株・BIGI)のチーフデザイナーを歴任。2002年に大人の女性のためのブランド「smart pink」(株・ワールド)を立ち上げトータルディレクターに。2013年にはジュピターショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」ブランドをスタート。ファッションアドバイザーとしても、新聞、雑誌の連載やテレビなどで活躍
◎次回「横森美奈子のリアルクロゼット」は10月4日(水)8:00~9:00放映予定
※衣装クレジット/プリントプルオーバー、プリントスカート
詳しくは⇒ショップチャンネル MINAKO★YOKOMORI

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 横森美奈子流のおしゃれの法則★年齢や体型を理由におしゃれに制限をかけない!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更