1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ファミレス、カフェ、定食、タイ料理…進化する! あなたの身近な外食店

ファミレス、カフェ、定食、タイ料理…進化する! あなたの身近な外食店

身近なところで見かける“あの外食店”の経営者に企業としての戦略や生活者へのメッセージを聞く企画の第3弾。今回は、家庭の味の定食レストラン、おなじみのカフェ、ファミレス、そしてタイ料理店とバラエティーに富んだラインナップ。各社からのプレゼントにも、ふるって応募を!

(応募はページ最下部から / 応募締切:2017年8月11日(金) 23:59)

「かあさん、おなかすいたよう」にこたえたい
こころも満たすもうひとつの食卓を目指しています

大戸屋ホールディングス 代表取締役社長 窪田 健一さん

1958年、東京タワーが完成した年に、安くておいしいものをお腹いっぱい食べられるように、と池袋に大衆食堂を構えたのが大戸屋の始まりです。創業者の甥で養子に入った三森久実は、郷里・山梨の母の手作りの味を思い浮かべながら「かあさん、おなかすいたようの言葉にこたえたい」という「かあさん額」を店内に飾りました。この「かあさん額」こそが当社の原点であり、大切にしてきたものです。

今や日本の中食産業は6兆円から9兆円と拡大しています。外食産業が、大量生産のお惣菜を出すのではなく、家庭と同じように手間暇かけた、自然な味を提供したいと考えています。当社のブランドコンセプトは「こころも満たす、もうひとつの食卓」、つまり家庭食の代行業です。全ての従業員がこのメッセージを理解し、共有できるよう、コンセプトブックも作りました。手間もコストもかかることですが、ここを省略してしまっては大戸屋が大戸屋でなくなってしまうという強い意志のもとに行っています。

心と体が元気になる楽しいご飯の食べ方を伝える「おとなの食育セミナー」は、1500回以上開催、のべ3万人の方が参加してくださっています。「そもそも食べることとは何か」を伝えたい。

ライフスタイルの多様化により、手間をかけて家族のための手料理を毎日用意するのは難しいこともあるでしょう。お母様方も、たまにはゆっくりと大戸屋の味をお楽しみください。

味わってほしい一品

「野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食」 885円

野菜がたっぷり摂れる定食。野菜のせいろ蒸しは胡桃(くるみ)だれでどうぞ。プチデザートがついたお得なセットです

「野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食」 885円
大戸屋ホールディングス 代表取締役社長 窪田 健一さん

1970年埼玉生まれ。1996年大戸屋入社。取締役FC事業本部長兼FC営業部長、取締役FC事業部長、常務取締役国内事業本部長を経て、2012年4月大戸屋代表取締役社長

また一歩進むために、立ち止まってコーヒーを飲む
そんな日常の中、お客様と共にありたい

シャノアール(カフェ・ベローチェ) 代表取締役社長 中村 成佑さん

今年6月に代表取締役社長に就任し、1965年以来、お客様の日常に寄り添い続けてきた会社の舵取りをすることになりました。忙しい日々の中でも前を向くため、一息つき、本来の自分を取り戻したい…。そんな時に当社のカフェにお越し頂けた際は、できるだけ手頃な値段で美味しい商品と上質な空間をご提供したい。至らない点も多いですが、そう願って働いています。

具体的には店舗の完全分煙化を推進し(97%の店舗で実施済、一部全面禁煙)、季節商品やフード・スイーツメニューのご提供を増やしています(例えば、カフェ・ベローチェで「マンゴーラッシー」と「マンゴーフロート」を夏季限定販売中)。今後もお客様のご要望に応えるために様々な取り組みを進めていきます。

そのほか、社名である「黒猫」という愛らしくもミステリアスなキャラクターを使ったキャンペーングッズや、個性のある企画を通し、お客様も従業員も日頃の緊張を緩めてニヤッとしたりホッコリしたりして頂けるような機会を作る取り組みをしています。
直営店の強みを生かし、お客様がいつでも信頼しご利用いただける店を作り上げ、当社に関わる人々が幸せになれるよう精進してまいります。

忙しさに追われている時、友人と語らう時、何かをじっくり考えたい時、是非当社のカフェをお試しください。

味わってほしい一品

「コーヒーゼリー」 310円

深みのある上品な味わいのコーヒーゼリーにコクのある濃厚なソフトクリームが良く合います

「コーヒーゼリー」 310円
シャノアール(カフェ・ベローチェ) 代表取締役社長 中村 成佑さん

1984年生まれ。ニューヨーク市立大学バルーク校卒業。2013年シャノアール入社、取締役就任。2014年常務取締役就任。2017年6月代表取締役社長就任。
【主な店舗】カフェ・ベローチェ、コーヒーハウス・シャノアール、カフェ・ラ・コルテ、カフェ・セジュール

もう一度、地域の中のコミュニティの場に
もう一つのリビング&ダイニングとして活用を

セブン&アイ・フードシステムズ 代表取締役社長 小松 雅美さん

3月に代表取締役社長に就任、それ以来、「お客様のおいしい、楽しいに寄り添う、もう一つのリビング&ダイニング」というビジョンを全従業員と共有しています。大きな時代の変化の中、本来「デニーズ」が持っていた“地域の中のコミュニティの場”という役割をおざなりにしていまい、単なるレストランとして埋没してしまいました。ここでもう一度、お客さまのニーズに向き合い、ただ食事を提供するのではない、心地よい居場所づくりへと舵を切りなおしました。ここで大きな力となるのが、グループ会社であるセブン-イレブンとの情報共有です。今何が売れているのか、消費者の嗜好はどこに向いているのか、多くのマーケット情報を得てそれを商品開発に生かしていく、という循環がようやく回り始めたと思っています。

「食の安全・安心」についてはグループ全体で取り組んでいます。産地やメーカーに対しては独自の品質基準を定めた「取引条件書」を交わして食材のチェックを行い、店舗の衛生管理はQC(品質管理)室が抜き打ち検査も行っています。定期的に衛生講習を受講した地区長は、店舗巡回時に店長へ食材管理の指導を行います。

デニーズ以外のブランドでは、白ヤギ珈琲店が注目です。7月20日、酒々井プレミアムアウトレット内に開店しました。
働く女性が増える中、忙しいときの夕食はデニーズで、というように、外食を色々なシーンで活用してほしいと思います。

味わってほしい一品

「フレッシュ桃のザ・サンデー」754円

フレッシュなゼリー、クリーム、ソースなどに、桃のおいしさを引き立てるバニラアイス、プラムソルベ、マスカルポーネクリームを使用したサンデーです。トッピングの桃は約1/3個分を使っています

「フレッシュ桃のザ・サンデー」754円
セブン&アイ・フードシステムズ 代表取締役社長 小松 雅美さん

1960年生まれ。日本大学卒業。1986年デニーズジャパン入社。2007年セブン&アイ・フードシステムズ レストラン事業部トレーニング総括マネジャー。商品開発部長、取締役執行役員商品開発部長、同レストラン事業部長を経て2017年3月代表取締役社長就任。
【主な店舗】デニーズ、ファミール、ポッポ、白ヤギ珈琲店、まん天丼、とっぴん舎、太陽のグリル

“さわって、匂いをかいで、その時間を楽しむ”
デジタルの時代だからこそ“手作り感”を大切に

ミールワークス 代表取締役社長 小島 由夫さん

いくつかのレストランをプロデュースし、次は何がくるのだろう、と考えたとき、タイだと思ったのです。時はバブル崩壊後、そろそろ中華料理ばなれが始まっていました。タイにはマルハの工場があり、多くの日本人が足を運んでいた「コカレストラン」に目をつけたのです。しかし、オーナーがなかなか会ってくれない。1週間通い詰めて、やっと会うことができました。そこで突きつけられた条件が「会社を辞めて、個人対個人として付き合うなら信用する」と。結局、新会社コカレストランジャパンを設立してオーナーの一人となり、25年前に六本木にコカレストラン1号店をオープンしました。

バンコク、ロンドンに続いてオープンした「マンゴツリー東京」はおかげさまで15周年を迎え、7/1にリニューアルオープンしました。大切にしていることはホンモノ(現地の食文化)をそのまま日本に持ってくるということ。これは“変えてはいけないこと”で、これを追求し、クオリティをあげていく。一方、時代の変化に対応してインテリアを変えたり、日本国内の良質な食材を使うことなどは“変えなくてはいけないこと”。この2つの見極めがとても重要だと思っています。今、あらゆるものがデジタル化していく中で、飲食は効率だけではない、手のぬくもり、やさしさ、気持ちの良さ、ほっとする落ち着きを提供したい。

女性の皆さまには、ぜひ当店を非日常の小さな冒険の場として、“ときどきドキドキ”を味わっていただきたいと思います。

味わってほしい一品

“「プーパッポンカリー”蟹の玉子カレー炒め」 ※価格は食材の産地によって変動

蟹をまるごと、卵、ココナッツミルク、カレー粉などのスパイスや調味料で炒めたマイルドでコクのある味わいの一品。ジャスミンライスとの相性もぴったりです

「“プーパッポンカリー”蟹の玉子カレー炒め」
ミールワークス 代表取締役社長 小島 由夫さん

1952年東京生まれ。成蹊大学卒。卒業後、大洋漁業(現マルハニチロ水産)に就職。新規事業としてレストランビジネスを始める。タイ料理、インド料理、シンガポール料理、アメリカ料理など、世界の有名レストランオーナーと手を組み、名店を数多く日本に展開してきた。
【主な店舗】マンゴツリー、コカレストラン、スラッピーケークス、ダンシングクラブ、トロなど

ステキなプレゼント!

A大戸屋ペアお食事券を5組に※全国の大戸屋ごはん処で利用可能

Bカフェ・ベローチェの新ロゴ入りペアマグカップと焼き菓子セットを10人に

C「デニーズ、ファミール」のお食事券(2000円相当)を10人に※全国のデニーズ、ファミール全店で利用可能

D ミールワークスお食事券(5000円分)を4人に※コカレストラン、マンゴツリーなどで利用可能

(応募締切:2017年8月11日(金)23:59)

左上から時計回りに大戸屋ごはん処、デニーズ、マンゴツリー東京、カフェ・ベローチェ

左上から時計回りに大戸屋ごはん処、デニーズ、マンゴツリー東京、カフェ・ベローチェ

応募は終了致しました

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ファミレス、カフェ、定食、タイ料理…進化する! あなたの身近な外食店
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更