1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 毎日楽しく料理を作るコツは?人気No.1料理ブロガー・山本ゆりさんインタビュー

毎日楽しく料理を作るコツは?人気No.1料理ブロガー・山本ゆりさんインタビュー

レシピブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」が人気の山本ゆりさんは、大阪府出身・在住の料理コラムニスト。身近な安い食材だけを使い、調味料も家庭にあるものだけを使っているのに、おいしく、おしゃれに見え、誰にでも簡単に作ることができるメニューが多く、支持を得ています。

そんな「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」をムック化したのが、「syunkon カフェごはん」シリーズ。2017年4月に発売された『syunkon カフェごはん6』では、「人気おかずBEST30」や、おもてなし料理、お弁当にオススメ料理、電子レンジのみで調理することができるレシピなど多数掲載しています。

料理愛・家族愛のいっぱい詰まった山本さんの新しいレシピ本の発売を記念してお話を聞きました!

<ページの最後にレシピ本プレゼントの情報があります!>

yamamoto

毎日楽しく料理を作るコツは、ずばり頑張りすぎないこと!

「料理」は家事の中でも比重が大きいので、大変に感じる主婦の皆さんも多いのでは? ブログにさまざまなレシピをアップし続けている山本さん。どうやって楽しんで料理をしているのでしょう。

「品数や栄養バランスを考えすぎず、1週間くらいでバランスが取れたらいいかなというふうにしています。とにかく、あまり気負ってしまったり、頑張りすぎないように! 作りたいと思ったときはいっぱい作って、作れないときは仕方ないと、割り切っています。似たような味がかぶってしまっても仕方ないかぁと(笑)1か月くらいのサイクルで、いろいろな食材が食べられたらそれでいいし、毎日バランスを取らなくてもOKって」

山本さんが大事にしているのは「気負いすぎない」ということ。それが楽しく料理をするコツなのだとか。また、器を好きなものにしたり、お気に入りのキッチングッズで調理することで、自分のテンションをあげることも料理を楽しむヒケツだそう。確かにキッチングッズは自分しか使わないし、外から見えるものではないから何でもいいけれど、その中でもお気に入りを使えば気分よく作れますよね。

「盛り付けも、本やブログではすごくちゃんとしていますが、普段はちゃんとしてないです(笑)夫がいろどりのネギやレタスなどが好きじゃなくて、お肉はお肉でドーンと出す方が好きなんです。普段はちゃんとやっていないのですが、ここぞ!っというときには、きれいな盛り付けを意識しています」

山本さんがいうように、メリハリをつけると、気分がのらない日でも楽しく料理ができそうですね。

買い物はその都度行って、作り置きはナシ

毎日おしゃれでおいしそうな料理を作っている山本さん。どんな風に献立を考えているのでしょうか?

「基本的に買い物は毎日行くんですけど、買い方は結構適当です(笑)スーパーで安かったものや、そのときおいしそうだなと思ったものを買っています。本当は1週間分の献立を決めて、使い切れるように工夫するべきだなと思っているんですが、正直できなくて・・・。私はそのときあるもので作るという方針です。買い物に行く前に冷蔵庫を見て、これはあるから買わないということだけ決めて、冷蔵庫にあるものと、買ってきたもので作っています。買い物に行けないときは残り物で作ります。
作り置きが苦手で、それよりも5分くらいでできるものをその場で作る方が得意です。作り置きって実は私しか喜ばないんですよね。作り置きをリメイクして作るくらいなら、新しいものを作った方がいいかなと思っています。気まぐれメニューばかりですけど」

その都度買い物に行っても余らせずうまく使い切れる技量があってこそという気もしますが、

「たとえばキャベツを買うときに、1/2玉を買ったとしますね。週の終わりにもし残っていても別に気にしない。最後はお好み焼きにしちゃえばいいかーみたいな(笑)」

献立も考えすぎ、頑張りすぎ、が頭を悩ませる原因になっているのかもしれません。食材が残った時はお味噌汁やカレーなど帳尻合わせ的なメニューをひとつ決めておくのもいいですね。

レシピ本の見どころのひとつ「電子レンジ“だけ”レシピ」

今回はブログでよく質問のあった、人が来た時のおもてなしで使える、簡単に見栄えするレシピを入れたのがポイントとのこと。また電子レンジだけで作れるメニューも多く、とくにパスタの作り方は必見!

「鍋で麺をゆでるという工程もなしで、いきなりタッパーに麺を入れて、水を入れて、味付けもタッパーでしちゃうという大胆な調理法です(笑)パスタって気軽に作れそうだけど、鍋を洗って、フライパンも洗ってって、実は洗い物が多いですよね。
電子レンジレシピでは、電子レンジだからこそ上手においしくできるレシピを載せるということにこだわりました。パスタはゆでるよりむしろレンジを使った方がおいしいんじゃないかなと思いますよ。
今回は工程の写真も入れました。文字だけだと作っている途中で、本当にコレであってる?って不安になるものが多すぎるから(笑)」

暑い夏は、「レンジで簡単」とか、「時短」というキーワードは特にうれしいですよね。

山本さんおすすめ!誰でも簡単に作れるおすすめレシピ

レシピ本の中でも紹介されている、電子レンジだけで作れるレシピを教えてもらいました。

とっておきの電子レンジ〝だけ”レシピ 【鶏のデミ風煮込み】
tori
<材料・2人分>
ブロッコリー···································· 1/4株
鶏もも肉································1枚(300g)
塩、こしょう································· 各少々
玉ねぎ·········································· 1/4個
小麦粉······································· 大さじ1
あればマッシュルーム缶(スライス)······ 50g
A:トマトケチャップ··············· 大さじ2と1/2
  ウスターソース、酒············ 各大さじ1
  砂糖························· 小さじ1
好みでマッシュポテト(P8参照)、あれば生クリーム、刻みパセリ······ 各適量
<作り方>
1.ブロッコリーは小房に分ける。耐熱コンテナに入れて水小さじ1をかけ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで1分加熱する。鶏肉はひと口大に切って塩、こしょうをふる。玉ねぎはごく薄切りにする。
2.耐熱コンテナに鶏肉を入れ、小麦粉をまぶし、マッシュルーム、玉ねぎをのせる。混ぜ合わせたAをかけ、ふんわりとラップをかけて₇分加熱し、よく混ぜる。
3.器に盛り、好みでマッシュポテト、ブロッコリーを添える。あれば生クリームをたらし、パセリを散らす。

★抽選で2人に山本さんの新刊「syunkon カフェごはん6」をプレゼント!
2syunkon
『syunkon カフェごはん6』
料理コラムニスト 山本ゆり/740円(税別)/発行:宝島社

応募は終了致しました

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 毎日楽しく料理を作るコツは?人気No.1料理ブロガー・山本ゆりさんインタビュー
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更