1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 100均でDIY!浴衣に似合う「かごバッグ」の作り方

100均でDIY!浴衣に似合う「かごバッグ」の作り方

20170723

花火大会には、浴衣を着てお出かけしたいですよね。そこで迷うのがバッグではないでしょうか。年に一度か二度くらいしか出番がないのに、その日のためだけに、わざわざ高級なかごバッグを買うのはもったいないですよね。

でも、100均のアイテムを使えば、たった200円ちょっとで素敵なかごバッグが作れるんです! とっても簡単なので、手作りはニガテという人もぜひトライしてみて。

「あずま包み」で簡単かごバッグ作り

<用意するもの>

・かご
スマホやお財布など、必要なものが入るかイメージして選びましょう。

20170723maehama03

・てぬぐい
サイズは、以下のように縫い合わせて使うことを考慮して選んでくださいね。

20170723maehama04

今回は、どちらも100円ショップのキャンドゥで購入。「PPボックス 小物入れ」と「てぬぐい(椿)A」です。てぬぐいは季節のデザインも豊富にそろっていたので、浴衣の柄に合わせてチョイスできそう。

ただ、てぬぐいは長方形のものが多く、そのままだとかごのサイズに合わせにくいのが難点。見た目もシンプルすぎるので、今回は“あずま包み”状にした方法を紹介します。

1:長方形のてぬぐいを3等分になる位置で内側へ折りたたみ、3つ折りにします。写真は左側を内側に折りたたんだところ。生地の裏面が上になっています。次に、同じように右の布も内側へ折り込みます。

201707236maehama06

2:一番上にきた布を左下から右上へめくり、三角形ができるようにします。めくった後は、下の布の青色の点線ラインを縫っていきましょう。

20170723maehama10

3:上記の青色の点線ラインを縫い終えたら、今度は上から2枚目の布を右上から左下へめくり三角形を作ります。そして、上部にあるピンク色の点線ラインを縫っていきます。

20170723maehama09

4:しっかり縫えたら、縫い目が内側になるように布をひっくり返せば完成です。

20170723maehama01

これで“あずま包み”が完成。これをかごに入れたら、底と上のフチにそって、それぞれ一周縫い合わせます。側面もタテに何カ所か縫いつけておくと安心です。これでオリジナルかごバッグの完成です!

20170123maehama08

初心者には「巾着」×「かご」がオススメ

さらに簡単なのが、100均で売っている巾着を使った作り方です。

<用意するもの>
・かご
・巾着

20170723maehama05

今回、使用したのは、キャンドゥで購入した「和柄巾着」と、たまたま家で使わずに、なんとなく取っておいたかご。こちらはシンプルに、かごの中に巾着を入れて、あづま包みのかごバッグと同じように、底と上のフチ、脇を数カ所、縫い合わせれば完成! これなら、ハンドメイドがニガテな人でもあっという間にできますね。

201707263maehama07

かごの素材やデザイン、巾着の柄によって、雰囲気がガラリと変わります。手持ちの浴衣に似合う素材を探してみましょう。この時期、100均には和風のヘアクリップやブローチなどもそろっているので、いろいろアレンジしてオリジナリティーを出すのもオススメ。インスタグラムなどのSNSでは、巾着のヒモを変えて、自分らしさを追求している人も多かったです。

せっかく浴衣を着たのに「合わせるバックがない!」と焦らないように、早めに準備しておきたいですね。

(文:前濱瞳)


★あわせて読みたい!
デザイン豊富!100均の「転写シール」で簡単リメイク
見つけたら即買い!100均のコンテナボックスでおしゃれ収納
レジャーにも熱中症対策にも!100均の夏グッズが大活躍
捨てるの待った!100均グッズで靴のリペアをしてみよう
100均で買える!キッチンの便利グッズおすすめ3選

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 100均でDIY!浴衣に似合う「かごバッグ」の作り方
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更