1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. マイナポータルで子育ての手続きをもっと手軽に!

マイナポータルで子育ての手続きをもっと手軽に!

平成28年1月から始まったマイナンバー制度。
「マイナンバー」とはどんなものか、ここでちょっとおさらい。

s-mainachan_vari_h-1

マイナンバーキャラクターのマイナちゃん

「マイナンバー」とは、日本に住民票があるすべての人(外国人も含む)が持つ12桁の番号。
「社会保障」「税」「災害対策」の3分野で、
複数の機関に存在する個人の情報が同じ人の情報であることを確認するために活用されます。

そして、本人が希望し、申請すれば交付されるのが「マイナンバーカード」。
個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用できる
ICチップ付きのカードです。

新しくスタートする「マイナポータル」って?

今回「マイナンバーカード」を持っていることで利用できるサービスが追加されました。
それが「マイナポータル」。

「マイナポータル」は、政府が運営するオンラインサービス。
行政からの「お知らせサービス」など、さまざまな便利な機能がありますが、
今回紹介するのは、 「子育てワンストップサービス」です。

「時間なくてなかなか役所に行けない・・・」
「いろいろ手続きがあるけど何を提出したらいいかわからない・・・」
という子育て中の人にとても便利なサービスなんです。

7月からスタート「かんたん検索」「プッシュ型通知」

「かんたん検索」は自分にぴったりなサービスを簡単に検索可能。
例えば市区町村を選択して「児童手当」の手続きを選択すると、
その手続きに必要な書類が一覧で表示されます。
検索も申請書の作成も、PC・スマホでOK。

「プッシュ型通知」は、忘れてしまいがちな手続きのお知らせが
マイナポータルに届くサービス。
例えば、次のようなお知らせが届きます。
★児童手当の審査結果通知
★予防接種や乳幼児健診の時期の通知
★児童扶養手当の現況届の提出時期の通知・・・など

秋ごろからスタート!「オンライン申請」

「役所まで行く時間がない」という人にうれしいサービスもスタートします。
それが「オンライン申請」。
役所まで出向かなくても、オンラインで次のような申請ができるようになります。
★児童手当の申請・現況届
★保育所の入所申請
★妊娠の届出
★児童扶養手当の現況届の事前送信・・・など

※1 住んでいる自治体によってサービス内容が異なる場合があります。自治体の対応状況をあらかじめ確認を
※2 パソコンでの利用には、ICカードリーダライタの準備が必要です
※3 スマホでの利用には、機器のマイナンバーカード対応を確認してください

s-挿入例

まずは「マイナンバーカード」の申請を!

「マイナポータル」のサービスを利用するためには
「マイナンバーカード」が必要になります。

カードの申請は、マイナンバーカードが届いたときに
通知カードの下についていた「申請書」が必要になります。
QRコードを読み取って、スマホで簡単申請が便利。
早目に申請をして、秋からの本格運用開始に備えたいですね。

◆内閣府HP◆
http://www.cao.go.jp/bangouseido/ad/card_start_contents.html#oss

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. マイナポータルで子育ての手続きをもっと手軽に!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更