1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 働く主婦注目!カフェでくつろぎながら洗濯できる「ソーシャルランドリー」って?

働く主婦注目!カフェでくつろぎながら洗濯できる「ソーシャルランドリー」って?

休日の朝は、洗濯機のスイッチを入れることから始まる、という働く主婦も少なくないのでは? しかも、同じように仕事をしているのに、なぜか夫はまだ寝ていてイライラ…。そんな不満を解消してくれるかもしれない新サービス「ソーシャルランドリー」を紹介します。

ソーシャルランドリー16
©FREDDY LECK sein WASCHSALON TOKYO
目黒通りに面した入り口はまるでカフェ

独・ベルリン発「ソーシャルランドリー」がオープン

「ソーシャルランドリー」とは、コインランドリーの利用中にくつろげるカフェがあり、利用者のコミュニケーションも創出できる場所のこと。

2017年7月、そんな進化系コインランドリー「フレディレック・ウォッシュサロン・トーキョー」が、ドイツ・ベルリンからやってきました。日本1号店がオープンしたのは、東京・目黒区。コインランドリーとは思えない、スタイリッシュな店内です。

ソーシャルランドリー15©FREDDY KECK sein WASCHSALON TOKYO 店内ではフリーWi-Fiも利用可能
店内には、ランドリー利用の待ち時間にのんびりコーヒーを楽しむ夫婦や、仕事をする人の姿が。カフェやグッズ目当ての若い女性たちも見受けられました。統一感あるデザインのランドリーグッズは、機能性も高いと人気だそう。

ソーシャルランドリー2 ソーシャルランドリー21©FREDDY LECK sein WASCHSALON TOKYO

洗濯するものにもよりますが、ガス式の大型洗濯機・乾燥機を使うため、作業は1時間前後で終了。家庭用よりふんわりした仕上がりに。外干ししないので、花粉やPM2.5などが気になる季節にも良さそうです。このほか、ドライクリーニングや洗濯代行のサービスもあるそうです。

コインランドリーが進化したわけ

従来のコインランドリーといえば、「単身男性が使う、ちょっと暗い雰囲気の場所」というイメージでした。それを覆す、進化系のコインランドリー。背景には、共働き世帯の増加に伴い、回数を減らして、一気にまとめ洗いをしたいという時短の発想、洗濯物が干しにくい高層住宅の増加なども考えられます。

社会状況の変化により、女性客も増えつつあることから、明るく入店しやすい雰囲気や、サービスが多様化した「ソーシャルランドリー」という動きは、ますます広がりつつあるようです。

各地の進化系コインランドリー

進化系のコインランドリーは、国内各地に広がりをみせています。

おしゃれ着専用コインランドリーを導入
株式会社アビッシュが展開するWASH & FOLD」は、中目黒高架下にカフェのような旗艦店をオープン。世界初のおしゃれ着専用ランドリーが導入されました。社長の山崎美香さんがアメリカ出張時に出合った洗濯代行・洗濯物をたたむサービスが好評です。

コインランドリーの空き情報などをITで通知も
関西圏の大手ランドリーであるノムラクリーニングでは、洗濯中に、人気の「夢見るパンケーキ」を食べることができる「ニノーバル・ウォッシュ・カフェ(ninOval wash cafe)」を展開。空き情報の確認、洗濯終了の通知などがITを通してできる「ハローコール」システムが導入されています。

国際派を目指すソーシャルランドリー
中短期滞在の外国人をターゲットにマンスリー滞在も可能とした家具付きのソーシャルアパートメント「ワールドネイバーズ清澄白河」は、最新マシンを備えたコインランドリー「Sooo Liquid」と「ワールドネイバーズカフェ」を併設。街のハブ(コミュニティスペース)を目指しています。

「ソーシャルランドリー」は、各社それぞれに新サービスを加えながら広がっている様子。近所に店舗ができたら、友人と洗濯しながらコーヒーブレイクなんて、優雅なひと時を過ごせそうですね。

フレディレック・ウォッシュ・サロン・トーキョー
https://www.freddy-leck-sein-waschsalon.jp

(文:深田ユウ)


家事がラクになる!?2017年注目の家事サービス3つ
洗濯するとき要注意 よくわかる! 衣類の新「取扱い表示」
ニオイの原因はこれだった!?ジメジメ季節の洗濯NG行動5つ
毎日のお洗濯、正しくできていますか?お洗濯検定
ササッと洗って気持ちいい! 帽子やスニーカーの洗濯ワザ

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 働く主婦注目!カフェでくつろぎながら洗濯できる「ソーシャルランドリー」って?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更