1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「服より小物!」小物づかいでおしゃれは上達する

40代・50代からの大人女性のおしゃれ10の法則

横森美奈子流「おとな女性のおしゃれ10の法則」。
3回目は「小物も使って、ファッションは全身バランスで」。

靴もバッグもアクセサリーも、ヘアスタイルまで含めてファッション

-コーディネートするときに気をつけている事は?

yokomori_komono
若い時から体型コンプレックスだった私は、いったいどうやったらカッコよく見えるのだろう、どんな人がカッコよく見えるのだろうと、常に「観察」の人でした。今でも街を歩いていても電車に乗っていても、人を見ていれば退屈はしません。「こうはなりたくない」という“反面教師”だって使いようですから(笑)。

 

長年の観察の結果、やはり人は「ぱっと見」がすべてということです。前回書いたように、そのためには細かいことにとらわれないで全身バランスで見る訓練が必要です。というのは意外と女性って、小さいもの、華奢なものを愛でる“ディテール好き”な人も多く、そこで自己満足にひたってしまうとか・・・バッグやアクセサリーなどの小物、ひいては顔やメイクや髪、など特に嗜好に走りがちなものに対して「好きと似合うは違います!」の自覚が必要です。

 

なのでどんな小さなものでも身に着ける時でも、全身が映る鏡で見て、「3m離れて見えないものは無いのと同じ!」と思ってください。私はよく「服より小物!」と、小物の重要性を提案しますが、小物づかいが下手だと思っている人は、このように見方を変えるだけで上達しますよ。

アクセの重ねづけ、って便利なテクニックです

3枚の写真を見比べてみましょう。
  • シンプルなニットスタイル

    ニットをただシンプルに着ているだけ。これだけ見れば別にと…という感じですが。やはり素っ気ないです。

  • シャツにネックレスを重ねづけ

    私はネックレスの重ねづけがデフォルト(標準装備)で、これなら打ち合わせに出られるくらいのさり気ないおしゃれ感が出ます。

  • シャツにネックレスとコサージュをプラス

    食事会や観劇へなら大粒のネックレスとコサージュをプラス。華やかで、同じニットなのに雰囲気がすごく変わるでしょう?

おしゃれにもトッピングとスパイスを

  • スカーフを大きくあしらって

    さらに光沢のあるスカーフ(プチプラですが)で堂々パーティにも。あしらい方も、全身で面積のバランスで見て、大きくあしらえばそれだけ華やかに。

  • 後姿もスカーフでぬかりなく

    前だけでなく、後ろにまわすのも後ろ姿の着やせとドラマチックな効果が。横からや後ろからも「人に見られている」ことを忘れずにね。

 

みなさん、お料理だったら、たとえばハンバーグは茶色くて地味だから、人参やブロッコリーで彩りをそえたり工夫するでしょう? それと同じことで、おしゃれもトッピングやスパイスのあしらいと考えればわかりやすいですね。普通のニット1枚でも着方と小物のあしらいで晴れ着に昇格、あとは堂々と自信を持つ態度でね。

point

POINT

◆「服より小物!」小物づかいでおしゃれは上達する
<横森美奈子VOICE>
服に比重をかけすぎの人が多いけれど、小物を使う習慣をつければ、手間なくしておしゃれに見えること間違い無し!なのです。

そう言い切れるのは、私の介護経験からもきています。40代半ばで認知症の両親の自宅介護生活になり、仕事も続けたくて必死でした。ファッションの仕事では見かけが疲れたりおしゃれじゃなくなったりするのは、自分のアイデンテティーが崩れそうなので、あらためておしゃれの仕方もとても考えました。

たとえば病院に行く時は、シンプルでおとなしめの格好でも、その後の仕事には地味でぱっとしません。そこで、ネックレスやストールなどを用意して、病院から仕事に向かうクルマの中で運転しながらいろいろつけていきました。すると「大丈夫、おしゃれ!」な印象に早変わり、と実践していたからです。

また、よく友人から「パーティがあるんだけど、何着ていったら、どんな服買ったらいい?」と聞かれることも。そんな時は、服ではなくまずアクセサリーとかストールとかバッグで、パーティに使えそうなエレガントなものを全部出してみて、と言います。服は手持ちのキレイ目のブラウスやカットソーでも、鏡の前でいろいろ小物を工夫してつけてみれば、即パーティ対応になれ、服も買わずかえってそのほうがおしゃれ感も出たり。

買うなら小物でしょう。アクセサリー使いが苦手な人も「習うより慣れろ!」。トライしなくては損しますよ。
(インタビュー/鈴木美和)(写真/平野晋子)

yoko5

PROFILE
1949年東京生まれ。ファッションデザイナー。DCブランド「MELROSE」「HALF MOON」「BARBICHE」(株・BIGI)のチーフデザイナーを歴任。2002年に大人の女性のためのブランド「smart pink」(株・ワールド)を立ち上げトータルディレクターに。2013年にはジュピターショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」ブランドをスタート。ファッションアドバイザーとしても、新聞、雑誌の連載やテレビなどで活躍
詳しくは⇒ショップチャンネル MINAKO★YOKOMORI
◎次回「横森美奈子のリアルクロゼット」は10月4日(水)8:00~9:00放映予定

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「服より小物!」小物づかいでおしゃれは上達する
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更