1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美容の基本は「二度つけ」と「白・黒・赤」。美容のプロ・山本浩未さんに聞きました

美容の基本は「二度つけ」と「白・黒・赤」。美容のプロ・山本浩未さんに聞きました

大人世代から絶大な支持を誇るヘアメイク・山本浩未さんが、ベストセラー『服を買うなら、捨てなさい』の著者・地曳いく子さんと大人女性の美容を本気で考えた書籍、大人美容 始めること、やめることが好評発売中です。

年齢を重ねるにつれ、お肌がくすんだり、たるんだり・・・。また、髪も白髪になったり、薄くなったりと悩みが尽きない40代・50代以降の大人女性へ、楽しく美容と付き合う秘訣を聞きました。

<ページの最後に書籍プレゼントの情報があります!>

IMG_1289

美容はからだや気持ちの健康も含め、自分を整えてくれるもの

―年を取ることはイコール老化ということで、マイナスのイメージで捉えられがちですが、山本さんはどのように考えて美容と向き合っていらっしゃいますか。

「年を取るのってみんな平等じゃない? お金持ちでも才能のある人でもみんな年を取るわけで。当たり前のことなのよね。私だけじゃなくて、みんな一緒。みんな一緒だからこそ、手をかけた人と手をかけなかった人との差が出てくる。だから、逆に言うと自分が思うように年を取ることを選べるわけですよ。年を取るのは止められることじゃないんだから、よりよく年を重ねて楽しく持っていけばいい。そう考えると年を取るのも悪くないじゃないかと思うんですよ」

「いろんな人が世の中いるみたいに、誰かみたいにならなくちゃじゃなくて、自分が心地よくなればいいと思ってるんで、無理しないで自分ができる範疇で心地よい姿かたちにしていくのが一番いいんじゃないかなって思ってます。美容って飾ることでしょって思う人がいるけど、大人になると飾ることじゃなくて、自分をいい状態に整えてあげるってことだから、ある意味、健康にも影響しているんですよね。健康はからだの健康もあるし、気持ちの上での健康でもあって、美容はそういう全体を含めて整えてくれるものだと思ってます」

―山本さんご自身が、若いころと違うなって感じた時はどう受け止められましたか。

「あー、きたきたきたきたきたって感じ(笑)何度も山を越えてきてるんだけど、本当に落ち込む時もあって、でもまあいっかと思える時もあって、なだらかに落ちていくのよね。これがすとーんと落ちるんじゃなくて、上がったり下がったりしているのが結構楽しいなと自分では思いながら、あと大人になるとやっただけの成果がちゃんと出るから、その成果を楽しみながら、まずまずと思って受け入れるようにしていますね」

「型崩れしてくるのが大人だと思っていて。顔だけじゃなくて、からだも型崩れしてくるわけで。それはお腹が出てくるってことだけじゃなくて、背中が丸くなってしまったりとか・・・。どうしても美容っていうのと顔だけのことを思いがちだけど、私はいつもトータルで考えていて、全体のバランスとして良ければいいじゃん、つじつまあってればいいじゃんって思ってるんですよ。だから、顔のつくりに自信がない人は、たとえば背筋がぴんとしていて姿勢が美しいとか、全体の雰囲気でトータルでキレイに見えるのが大人美容なんじゃないかしら。だからいろんなところをちょっとずつ底上げしてあげるってことを意識していつも自分でやってます」

美容で自分が楽しくイキイキするなら、それは優先すべきこと

―若さでカバーできた頃より、ケアが増えるのは当然のことですが、大人になればなるほど、仕事や家庭のことなど、やることがどんどん増えて自由に使える時間が少なくなっているのが大人女性だと思うのですが、忙しさとどのように折り合いをつけていけばよいと思いますか。

「忙しさは増えていくかもしれないけれど、自分の中で大切なものっていうのを整理して優先順位をつけて、その中でできることをすればいいと思うのよね。大人になるといろいろな面が衰えてくるのは当たり前で、その手当をしてあげるのが美容だったりするんですよね。自分が気持ちよく過ごすために肌がキレイな状態でいたいと思うなら、肌のケアの優先順位があがるわけでしょう。何が必要で、何が欲しいと思うのかを整理すれば、自分のためにできることって見えてくると思うんです。やっぱり自分の人生だから、自分が心地よく過ごせないと、周りの人も心地よく過ごせないと思うんですよ」

―自分のために時間取ることが大人になるとなんだかよくないように感じてしまったりしますよね。いつも自分のことは後回しにしてしまう。

「そう。でも自分が疲れていると、私なんかも何もできなくなって、その方が周りに迷惑をかけてしまうんですよ。それで自分をちゃんとする時間を取らないとだめなんだってことに気がついたんですよね。大人美容っていうと、いい大人がおしゃれしてどうすんだって思う人もいるかもしれないけど、それで自分が楽しくてイキイキしたら、それが周りにも広がっていくから。ほら、機嫌のいいお母さんがいると家が明るくなるみたいに。だから、大人は気持ちの整理をするのも大事ね。自分が何をしたら楽しくなるかな、うれしくなるかなってことをちゃんと考えなくちゃダメ。自分を楽しくさせるのは誰かがしてくれることじゃなく、結局自分ですることだと思うから」

美容の基本。キーワードは「二度つけ」と「白・黒・赤」

―今まで美容に関してあまり対策などできていなかった人は、実は私もそうなんですが(苦笑)、どこから手をつけていったらいいのでしょうか。

「「二度つける」ということをまず試してみてください。いつも通りつけた後、もう一度同じようにつけるということです。化粧水をつけてなじんだら、化粧水をもう一度つける。美容液もつけてなじんだらもう一度。乳液もクリームも同じように二度つけます。唐揚げを二度揚げするとカラッとして美味しくなるように、肌にもじっくり効果を効かせることになるんです。なので、いつもオールインワン一品、という人ももう一度重ねる。二度つけるので、単純に使用料が二倍になります。まずはたっぷり使うことで効果は出るのでぜひやってみてください。そんなに難しいことではないんです。とってもシンプルなステップ。でも、そのシンプルなステップを丁寧にやってみる。手軽に済ませたら、手軽な肌になってしまうんですよ。今まで何もやっていない人は、ちょっと手間をかけてあげるだけで断然違ってきますから。一度肌がキレイになった心地良さを味わうと、あぁ、あの気持ち良さのためにまた頑張ろうかなって思えるようになるんです」

―では、メイクの方はどうでしょう。

「白・黒・赤が顔の中にあったら誰でもキレイになるって私は思っているの。白は明るい肌色で、黒は瞳周り、赤は頬や唇の血色なんだけど、大人になってくると顔のメリハリがなくなって、全体がぼやけた感じになってくるのね。足りなくなった白・黒・赤の色を顔の中に「効かせる」だけでイキイキして、ツヤが出てきます。たとえば、黒だとマスカラね。まつ毛って瞬きの度に存在感を出すものだから、そこにハリがあると印象が全く違ってきます。あと、自分で鏡を見ると正面からの角度しか見えないけれど、人は360度全体から見るから、マスカラが効いているのと横顔の印象も変わってくるんですよ。大人って何もやっていないと疲れて見えちゃうんです。そこに色がしっかり効いてくるとキレイにも見えるけど、元気にも見えるんです。いざという時だけマスカラを使うでもいいけれど、でもいつもやっていないといざという時もできないから(苦笑)ちょっとやってみて欲しいです」

美容を味方につけると女の人は強くなれる

「見た目って相手に対するものだけじゃなくて、鏡を見るだけでうれしい気持ちになるとか、そういう喜びが生まれるのよね。大人は自分が傷んできている実感があるわけだから、触った肌が気持ちいいとか、鏡に映った自分の顔が元気を与えてくれる顔だったりすると、すごい力になるんです。大人こそ、自分自身にエールを与えてくれるのがメイクなんだなって思います。更年期とかで気持ちが落ち込んでも、キレイな色の口紅が1本あるとか、そういうことだけで不思議と元気になれる。だからメイクっていいなぁってつくづく思います。美容を味方につけると女の人は強くなれるのよ」

―最後にこの書籍のおすすめポイントについて教えてください。

「こういう本は、モチベーションをあげてくれるというか、やる気を引き出すというか、そういうきっかけになると思うのね。だから、落ち込んだ時に読んだりするといいと思う。落ち込んだ時って何か気持ちを持ち上げる糸口を探したりするでしょう。この本で気持ちを上げてくれたらいいな、と。私ね、キレイは力だなって思うんですよ。女の人を応援してくれる、本当に力になってくれるものだと思うので、力が欲しいなっていう時に読んで欲しいと思います」

IMG_1291インタビューの最後に、書籍の中にも出てくるスチームON顔についても紹介をしてくださった山本さん。とってもおすすめなので要チェックです!

山本浩未(やまもとひろみ)ヘアメイクアップアーティスト
1964年生まれ、広島県福山市出身。資生堂ビューティークリエーション研究所を経て独立。「今すぐ実践できるテクニック」を発信するヘアメイクアップの第一人者。明るいキャラクターと明快なメイク理論が人気となり、メイクアップや美容コラムの執筆など多数の連載を持つほか、テレビや講演会、トークショーでも活躍。化粧品や美容グッズの開発にも携わる。近年は、美容だけでなく健康的に美しく暮らすライフスタイルも提案し、世代を超えた女性たちの支持を集めている。
※同じく宝島社発行の山本浩未さん著書おとなメイクは白・黒・赤だけでいいも人気

★抽選で2人に『大人美容 始めること、やめること』をプレゼント!
h1 (59)
『大人美容 始めること、やめること』
著者:山本浩未・地曳いく子/1296円(税込)/発行:宝島社

応募は終了致しました

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美容の基本は「二度つけ」と「白・黒・赤」。美容のプロ・山本浩未さんに聞きました
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更