1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 人生100年時代~そりゃ、これからも面白いわよ~西原理恵子さんインタビュー

人生100年時代~そりゃ、これからも面白いわよ~西原理恵子さんインタビュー

日本人女性の平均寿命が87歳になった今、まさに、人生は100年時代に。漫画家・西原理恵子さんは52歳、16年間続けてきた新聞連載「毎日かあさん」を終了、母を卒業し、“これからは自分を楽しむ”と宣言しました。どんなこれからが見えているでしょうか。

PROFILE
西原理恵子さん
1964年、高知県生まれ。一男一女の母(息子19歳、娘17歳)。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。大学在学中に漫画家としてデビュー。2011年、「毎日かあさん」で第40回日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞。最新刊に「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」(角川書店)

母を卒業したらスーッと楽に
人生後半はリゾートだった

私は52年、いろいろなことを乗り越えて、やっと何も考えなくていい時期が来たと感じています。ゆっくりと好きなことを好きなタイミングで過ごせる「リゾートに遊びに行く」時期がやってきたんです。
ウチでは下の娘が16歳になったのを機に、母の立場をやめる「卒母=そつはは」を宣言しました。それまでは、朝食をつくるのに早起きして、起きない子どもとケンカ、仕事との調整…、段取りばかりを考えていました。でも、卒母したら、スーッと楽に。きちんとやらなくていい、自分を優先していい。更年期で眠れなくなっていたのに、眠れる(笑)。そうすると体も楽になり、冷静に考えられて、物事がうまく回るように。だから人生後半の50年は、楽しくて、楽しみになったんです。
よきパートナー(※)と今の時期に出会えたこともよかったです。2人で会えるのは週に2日だけ。ご飯を一緒に食べて、笑えることしか話しません。
友人も同じです。グチばかり言っている人とは付き合わない。大切な時間をそんなことに割くわけにはいかない。面白いグチならばいいですが(笑)。

170824100nen01

笑って過ごすには準備も必要

50歳になると気持ちが楽になって、どんなことでも笑えるようになる。下の世代の人にも伝えたいですね~。ただし、準備が必要! 笑い合える友人をつくる、考えこまないクセをつける、不条理なことや他人の問題に首を突っ込まない、文句だけでなくいいことも言う。そういうふうに積み上げてきて、笑える50歳になれるんです。
仕事は続けます。我が家はお金もまだまだ必要(笑)。でも働くと人とも会うので、キレイでいようとして若返る。得たお金は自分のためにも使えるので楽しみが増える。会話することで知らなかったことを知り、「こんな人にはなりたくないな、こんな人はいいな」という視点もできる。いいことが多い。

170824100nen02

人生後半は自分を優先しよう

女性には“我慢は美徳”という考えがありますが、壊したい。体が不調なら医者に行くべきだし、家族の問題で悩んでいたら専門家に相談すべき。プロでない人は解決してくれません。友達や家族では解決できないことがあると知ってほしいですね。後半50年を楽しくするために。
「卒母」は世間からもっと叩かれると思っていたのですが、賛成の声が多くて、安心しました。言ってよかった。時代はどんどん変わっていました。母を卒業するのは、それぞれのタイミングがあります。けれど、人生の後半は自分を優先。楽しい時間が待っていますよ。
※「パートナー=ダーリン」は、高須クリニックの高須克弥先生


健康・美容・お金…満足度は?
人生100年 読者が考える“後半戦”

読者に調査した結果、健康・お金(家計・経済状況)・美容すべての項目で、60代まで年齢が上がるにつれて満足度(10点満点)の平均値は右肩上がり。
人生の後半戦に向け、40代・50代・60代の読者が考えていることは? 西原流コメント付きです。

170824100nen03

170824100nen08

自分でできることには限界があるので、プロに頼ることも大切だと思うようになった。スポーツクラブに短期集中で通い4kgの減量に成功(48歳)
趣味のダンスとヨガでリフレッシュ。それが健康につながる(51歳)
頑張り過ぎない。オンとオフの切り替えが大事!友達や家族と楽しいひと時を共有し、笑って過ごす(67歳)

170824100nen04

* * *

170824100nen10

一生懸命になる時代はもう過ぎた。美魔女にならなくてもいいや(笑)。年齢相応の自分がいいなと意識が変わってきた(48歳)
自分のまわりの素敵な先輩を参考にしている。年齢によって似合うメイクも変わってくる(59歳)
歳相応の美しさを保つために新しいことに挑戦したり、知らないことを勉強するなどしている(60歳)

170824100nen05

* * *

170824100nen09

仕事を始めた。長期的に自分のやりたいことを仕事にしていきたいので、今は金額重視ではなく、これからも長く続けていける仕事ができるようにと模索中(48歳)
比較検討、調べるなどの作業が年々億劫に。今のうちに、LED電球に替える、電気・ガスの契約の見直しをするなど意識しなくてもできる方法を取り入れ、節約しようと思う(58歳)
なんとかなるでしょう。あまり気にしない。私たちの世代は比較的ゆとりがあるけれど、子どもや孫の時代は心配(67歳)

170824100nen06

* * *

170824100nen11

仕事をまた始めてみたところ、いろいろな人と出会えて刺激を受けている。夫との会話も増えた。もっと社会に出て、いろいろな人と会いたいし、出会った人たちのために何ができるのか考えながら生活したい(65歳)
今まで妻・母として生きてきたが、55歳定年制としたい。子どもが社会人になった時点で、優先順位は自分を一番に(59歳)
人前に出る仕事をしているのもあり、きれいでいたい。今の自分が好きだし、来年はもっと好きだと思う。今、気持ち的に幸せ。自分が幸せでないと周りを幸せにできない(69歳)

170824100nen007

* * *

170824100nen13

西原理恵子さん直筆サイン入り
「毎日かあさん」13巻をプレゼント!

「毎日かあさん」13巻(かしまし婆母娘〈ばばははむすめ〉編)は、子育てが終わりかけのかあさんたちへ、エールを送る1冊です。
締め切りは9月10日(日)。「人生100年時代」の記事を読んでの感想や思ったことを書いて応募を。当選の発表は賞品の発送をもって代えます。

s-170824100nen14

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 人生100年時代~そりゃ、これからも面白いわよ~西原理恵子さんインタビュー
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更