1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 長男の高校受験、私立高校も検討中… 教育費の捻出はできそう?

長男の高校受験、私立高校も検討中… 教育費の捻出はできそう?

質問

長男の高校受験、私立高校も検討中…
教育費の捻出はできそう?

埼玉県・Sさん(41歳)【夫42歳、長男14歳、次男8歳】

長男が受験生です。公立高校に進学した場合、予備校通いが必要になりそうですが、私立高校であれば不要とも聞き、私立高校も考え始めました。私立でも教育費の捻出は大丈夫でしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

現状の家計簿を拝見すると、年間126万円ほどの黒字です(児童手当除く)。ただし、夫婦の小遣いをゼロとしていますので、その分は差し引いてお考え下さい。塾代の月5万円を差し引いた上で、次男が大学を出るまでの今後14年間、仮にこのペースが続いたとして、貯蓄額は3500万円ほどに(児童手当含む)。ここから今後かかるであろう教育費を除くと、老後資金の大きな原資になりますが、それで足りると思われるかどうかでしょう。

私見ですが、親の“感情”が“勘定”に表れやすいのが教育費だと感じます。高額の教育費が「いい」とか「悪い」ではなく、本当に子どもの自立に役立つかどうかの視点を持つことは大切です。私は私立大学で授業をしておりますが、高額の授業料を納めて通っているはずの学生たちの授業態度の悪さにがっかりすることが実に多いのです。ある研究では、将来の年収に影響するのは、成績よりもむしろ「やり抜く力」という結果もあるそうです。教育の本質が、親が先立っても子が社会で自立できるすべを身に付けさせることだとすれば、ぜひ“かけどころ”の見極めも大切にしていただきたいなと思います。

食費が高い印象はあるものの、全体的には抑えられている印象です。住宅ローンの繰り上げ返済も適宜行うといいでしょう。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。
2017年4月、生活マネー塾を開講。http://www.556312.com/

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 長男の高校受験、私立高校も検討中… 教育費の捻出はできそう?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更