1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 希少な愛媛あかね和牛が東京で味わえる

希少な愛媛あかね和牛が東京で味わえる

希少な愛媛あかね和牛が東京で味わえる

気温差が激しく、なんだか疲れが抜けない今年の夏…、
おいしいお肉を食べて元気をチャージしたいですね。

温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、
海・山のおいしい恵みがあふれている愛媛県では、
豊かな自然環境と生産者の“愛”によって 育まれた 農林水産物を
積極的に取り扱っている飲食店や販売店を
「えひめ食の大使館」として認定しています。

現在、首都圏では27店舗(2017年8月現在)が認定され、
各店で旬の愛媛の美味・美酒を味わえます。

そんな中、注目したいのが“愛媛あかね和牛”。
愛媛生まれ、愛媛育ちの黒毛和牛に
愛媛特産のかんきつと亜麻仁油(※)を与え、
健康的な肉質に仕上げた和牛は、
赤身と脂肪のバランスがよく、やわらかくて味わい深く、
ヘルシーなことも大きな魅力です。

(※)亜麻仁(アマニ)油…「アマ」という植物の種子から抽出され、
“食べる美容液”ともいわれ、健康食品としても注目を集めています

この“愛媛あかね和牛”が8月31日(木)までの期間限定で
「えひめ食の大使館」の一つ 「春秋ツギハギ日比谷」で味わえるんです。
ひと足先に試食してきました。

 今回味わったメニュー

愛媛三津浜産
真鯛のカルパッチョ
塩昆布を効かせた、和の仕立て
引き締まった身がおいしい天然の真鯛が、
塩昆布を効かせたソースとよく合います

sCIMG3794

愛媛三津浜産
太刀魚のソティ
表面をこんがりと焼き上げた太刀魚は香ばしく、
身は柔らかくジュージー。
香ばしさを損なわないよう一番下には長芋が。
モロヘイヤと昆布のダシが和風で上品な一皿

CIMG3801

愛媛産の肉素材
愛媛甘とろ豚炭火焼き&愛媛あかね和牛の炭火炙り
太白胡麻油と辛味ソース
赤身と脂肪のバランスがよい“愛媛あかね和牛
さっぱりといただけるので、夏の疲れた体に元気を与えてくれそう。

愛媛の裸麦で育てられた“36℃の口溶け”のネーミング通り、
甘~い脂がふわりと溶ける愛媛甘とろ豚。
脂はとても軽く、なめらかな口溶けで驚きのおいしさ。

CIMG3807

愛媛の海と大地
鱧と久万高原米の鉄釜飯
湯引きで味わうことの多い鱧を、
鉄釜で炊き上げた贅沢なご飯

CIMG3822

春秋ツギハギ日比谷のシェフ・内藤栄二郎さんは、
「“愛媛あかね和牛”は、しっかりとした味わいでありながら旨みも強い肉。
少しレア気味で、ゴマ油とコチュジャンを使ったソースで仕上げました。
どんな料理にも合う“愛媛甘とろ豚”は、おいしい脂身を残し、
素材の味を生かせるよう炭火炙りでシンプルに。
レモン、塩、味噌などお好みで召し上がってください」

sCIMG3838

愛媛あかね和牛”&愛媛甘とろ豚の両方を一皿で楽しめる
「愛媛甘とろ豚炭火焼き&愛媛あかね和牛の炭火炙り 太白胡麻油と辛味ソース」は、
2100円(税込み・サ料別)。
※通常はディナーメニューですが、ランチの場合は電話で応相談

また、「愛媛あかね和牛“らんいち” レアに仕上げた炭火炙り焼き
太白胡麻油、塩葱と辛味ソース」は、2500円(税込み・サ料別)で味わえます。
※ディナーのみ。ランチ希望の場合は前日までに要予約

sakane

※いずれも8月31日(木)まで

愛媛甘とろ豚ほかのメニューは9月30日(土)まで味わえます。
食材の入荷状況によって提供できない場合もあるので、
事前に問い合わせをしてください。

春秋ツギハギ日比谷
東京都千代田区有楽町1-1-1、
日本生命日比谷ビル 地下1階

ランチ:11:30~14:30(LO14:00)
ディナー:17:00~23:00(LO22:00)
※日曜、祝日のディナーは21:30(LO21:00)

TEL03-3595-0511
※要予約

春秋ツギハギ日比谷のホームページ

http://shunju.com/tsugihagi

また、「春秋ユラリ恵比寿」でも8月31日(木)まで
「冷製ローストビーフ~山葵おろしドレッシング~」
「牛たたきと焼き茄子の葉唐辛子和え」「炭火焼き」などで

愛媛あかね和牛”が味わえます。

春秋ユラリ恵比寿のホームページ

http://shunju.com/yurari

 

 

この記事を書いた人さんご
四国八十八カ所お遍路満願が夢!

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 希少な愛媛あかね和牛が東京で味わえる
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更