1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 髪は顔のガクブチ。服よりも髪がキマっているとおしゃれに見える!

40代・50代からの大人女性のおしゃれ10の法則

横森美奈子流「おとな女性のおしゃれ10の法則」。
6回目は「ヘアスタイルはおしゃれの超重要ポイント!」。

服が流行のものでも、ヘアが今風でなければNG!

-ところで、横森さんのヘアスタイル、色も髪型もとっても素敵です!こだわりポイントを教えてください。
yokomori4
前から著書にも書いていますが、「服より髪!」と。いくら服が流行のものでも、ヘアが今風でなければNG! でもその逆はありで、ヘアが今風なら服は手抜きでもOKに。服のデザイナーが言うんだから本当です(笑)。

なので私は、一流のヘアスタイリストさんで3週間ごとにカット&カラーリングが最優先のスケジュール。人前に出ることも多いので、このペースならいつでもOKなヘアだからです。ヘアがキマっていないとどんな服を着ても気分が上がらないので仕事にさしつかえますし(笑)。

私ほどの気合いでなくても、ヘアに対しての根本的な考え方を見直すだけで変わりますよ。

大人のロングへアは難しいです

髪の毛は加齢現象がとても出る部分なので、若い頃は構わなくてきれいでも、だんだん髪質が変わって、ツヤがなくなったり、うねりが出たり、年齢を重ねると髪がいうことをきかなくなるんですね。

その結果、ぼさぼさやツヤのない髪は清潔感がなく、昔から「髪振り乱して」という例えもあるくらい生活感まで出る感じも。そして顔肌の見え方まで左右します。なので、大人の女性のロングヘアはとてもハードルが高く、髪は年をとるごとに短くしていくほうがいろいろな面でカバーできやすいです。

もし大人で髪がつやつやキレイでも、振り向いたら顔とのギャップで、あれ?ってなりますから(笑)。長いなら、まとめ髪にするとか工夫が必要で、若い頃と同じままのロングのヘアスタイルでいるのは無理があるものです。

ダークヘアは大人年齢になってくるとキツイ印象になることも

ヘアの色も、顔色に影響があります。ダークヘアは顔肌とのコントラストがとても強くなるので、大人年齢になってくるとキツい・カタい印象になることも。下の私の写真を見てください。
  • サンプル

    ウィッグをつけてみました。ガクブチとして顔を浮き立たせる強いコントラストは、輪郭のくずれ、肌のたるみなど劣化を目立たせてしまい、ちょっとキツい人にも見える感じです

  • サンプル

    明るめのカラーやメッシュ状のハイライトで、軽く見え立体感が。顔肌とのコントラストがあまり無いので、いい意味で顔を曖昧にソフトに見せ、劣化にもやさしい感じです

私のような色でなくても、ヘアカラーをワントーン上げるだけで顔の見え方は明るくなるので、地味顔や暗く見えがちな人にはよい効果も。また全体はダークでも、部分的にメッシュを数本入れれば髪に立体感や動きが出て、頭の大きさや重さをカバーできます。

髪の大きさ=頭の大きさ 全体のバランスで見て

私は若い頃から結構明るい色でしたが、それはヘアの色も全体のカラーコーディネートの一部だからです。たとえば「黒づくめの黒髪の人」と「黒づくめの金髪の人」では全然印象が違いますね。服もそうですが、黒は決して何にでも合う安心色ではなく「強いアクセントカラー」として見たほうがいいのです。
  • サンプル

    明るめのヘアカラーとヘアの適度な量感で、頭の見え方が軽いせいか背も高くすっきりと見えています

  • サンプル

    実は昔はこんなロングヘア時代も(汗)。ショートと見比べると頭が大きく、全体のバランスを重く見せています

要するに「髪の大きさ=頭の大きさ」なので、もし長い髪が好きでも、全体のバランスで見なくては損をしているかもです。

明るい色とアシンメトリーで軽やかに

40代くらいから白髪も気になるでしょう。私もまだ中途半端な出方なので、このようなカラーリングで楽しんでいる感じで、いずれはきれいな真っ白に憧れています。ダークにしないのは顔をソフトに見せたいのと、そのほうが白髪が目立たないからです。

ヘアスタイルが左右非対称で変わっている? 大体、顔自体が左右対称なんてありえないので、そのほうがゆがみが気にならないし左右違って見えて楽しいし(笑)。

髪さえキマっていればあとは大丈夫!

いくらカットがよくても、日々のヘアケアやスタイリングはとても大切。私だって以下のことをしなければ見られたものではありません!

まずドライヤー乾燥後、手のひらにココナッツオイル(食用でOK)を薄くひろげ髪全体になじませます。これで基本的なツヤ感はOK。部分的にヘアアイロンをあてた後に、ヘアワックスを同様につけ毛束感を出します。最後に立体感やカーブをつけたいところに部分的にヘアスプレー。

面倒ですか? でも髪さえキマっていればあとは大丈夫(笑)! やる甲斐はあるというものです。

DSC_2876

point

POINT

◆髪は顔のガクブチ。服よりも髪がキマっているとおしゃれに見える
<横森美奈子VOICE>
10代からずっとロングヘアで、いろいろヘンテコな髪に挑戦したりの20~30代も結局ロングヘア。理由は、性格も男っぽく、格好もマニッシュ好きだったので「せめて髪くらいはロングで女らしく…」という思いがあったような(笑)。でもだんだん飽きて不自然さを感じ、40歳の時ベリーショートに!

その時、賛否両論はいいとして「背が高く見える」と言われたのがいちばんショックでした。「そんなに私って頭デッカチでバランス悪かったのお?(泣)」って。でも切ってみたら何ていうことなくひたすら爽快でした。長い髪=女らしさにしがみついていた一時代もあったという、ちょっとお恥ずかしい話です。
(写真/平野晋子)

yoko5

PROFILE
1949年東京生まれ。ファッションデザイナー。DCブランド「MELROSE」「HALF MOON」「BARBICHE」(株・BIGI)のチーフデザイナーを歴任。2002年に大人の女性のためのブランド「smart pink」(株・ワールド)を立ち上げトータルディレクターに。2013年にはジュピターショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」ブランドをスタート。ファッションアドバイザーとしても、新聞、雑誌の連載やテレビなどで活躍
詳しくは⇒ショップチャンネル MINAKO★YOKOMORI
◎次回「横森美奈子のリアルクロゼット」は10月4日(水)8:00~9:00放映予定
★NHK Eテレに出演のお知らせ
「あしたも晴れ! 人生レシピ」特集「もう一度 着物にチャレンジ!」(仮題)
・本放送 9月15日(金)20:00~20:45 ・再放送 9月22日(金)11:00~11:45
・海外プレミアム放送:9月18日(月)配信予定

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 髪は顔のガクブチ。服よりも髪がキマっているとおしゃれに見える!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更