1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美魔女や若作りより大事なのは「清潔感」と「健康感」

40代・50代からの大人女性のおしゃれ10の法則

横森美奈子流「おとな女性のおしゃれ10の法則」。
7回目は「劣化したものは身につけない」。

美魔女や若作りより大事なのは「清潔感」と「健康感」

-年齢を重ねてもフレッシュな印象を与えるコツってありますか?
yokomori4
年をとるごとに、人間は経年変化していくのは仕方がないことですよね。服も、若い頃ならいくらヨレヨレ・ボロボロでも、弾けるような張りのあるからだと輝く笑顔で着こなせ、かえって若さが引き立ったことでしょう。でも大人がそうすると、「みすぼらしい=清潔感が無い」、「元気に見えない=生活に疲れている」という風にも見えてしまいます。

美魔女や若づくりよりももっと根本的に大事なのが「清潔感」と「健康感」。特に、人間が劣化(?)してきたら、劣化した服には要注意です! 「小ざっぱり」「小ぎれい」な印象になるだけで素敵な大人になれますよ。

大人女性はジーンズの着こなしに気をつけて

劣化は必ずしも着古した服とは限りません。最近はジーンズもビンテージ加工など初めから“劣化”させています。麻は、新しくてもシワになりやすい素材特性なので、安易に着ていたら、人に会う頃にはシワとヨレで恥ずかしいことに。下の写真で見比べてみましょう。
  • サンプル

    麻のシャツとジーンズの組み合せは、大人ではいかがなものかと。清潔感なく、ヨレてサエない横森です。(だから麻のシャツは持っていませんけど)

  • サンプル

    ジーンズでも、“こぎれい”な質感やデザインのトップスとなら、大人の体面がたもてます。さわやかな色のとろみシャツやネックレスで盛ることも大事

劣化した服でみずぼらしく見えたら「服よりあなたがもったいない!」

「清潔感」と「清潔」は違います。清潔好きで洗濯しすぎの服は、色褪せや変形でくたびれた印象になり、実は「清潔感」からは程遠くなってしまいます。綿や麻など天然繊維好きなら形状変化や色褪せなど劣化しやすいので、見計らいながら着なくてはいけません。

それに気がつかずにあなたが「みすぼらしく」見えたら、「服よりあなたがもったいない!」からそんな服は見切ってしまうべきです。(そのキメは「捨てられない服の片づけマジック!」小学館・という拙著にあり)

今時は手頃な価格でそこそこの服がいっぱいあるのだから、新しい服でこざっぱりしているだけでおしゃれ感&好感度UPなのです。ものを大事にする習慣で育った大人世代ですが、自分を犠牲にしない基準を持つことですね。

服を買う時に品質表示を見なくてはダメ

メンテナンスや劣化をなるべく避けたいなら、買うときの素材の選び方が大事です。
食品なら、買う時に食品成分表示を見るのは常識でも、服に関して品質表示を見ない人が意外と多いのにはびっくりです。前述のように繊維や素材には特性があるので、一回洗ったら原形をとどめないとか、いちいちアイロンが必要だとか・・・。それを知って買わないとストレスになりますよね。

ポリエステルやナイロン、ポリウレタン(ストレッチ素材)などの化繊が少し入っているだけでも耐久性や劣化に大きく差が出ます。なので私は、麻や綿100%はまず持っていず、ポリエステルやポリ混大好き人間。化繊は着心地悪くてダサい? それ古いです。ファッションの中でいちばん進化発展しているのは繊維なので偏見は損なのですよ。

加齢現象が出てからこそメイクのお助けが必要!

服のだけでなく、顔や髪こそ「清潔感」と「健康感」が出やすいところなのですよね。私は若い時から血色が悪いので、メイクする理由はまず「不健康に見えないため」でした。大人になるとだんだんメイクしなくなる人がいるけれど、逆だと思いますね。加齢現象が出てからこそメイクのお助けが必要! 下の写真でも違いがわかるでしょう?

  • サンプル

    私の普段のメークに、口紅とチークなしだと「顔色が悪い」「素っ気ない人」な感じ。色のアクセントが無いと顔ものっぺり大きく見えています

  • サンプル

    口紅とチークをさすと、「元気な」「明るく若々しい」感じの人に。色のメリハリで立体感も出て、顔も引き締まって少し小さく見えますね


毎回のようにしつこく言っていますが、顔やヘアも含めて「全体」で見ないと残念なことになってしまいますよ!

point

POINT

◆大人に大事なものは「清潔感」と「健康感」
◆服を買う時は品質表示をチェックすること
◆メイクで「元気」と「明るさ」をプラス
<横森美奈子VOICE>
若い時はあんなに似合ったものが、ふと気が付いたらだんだん似合わなくなってくる・・・。でも、気がつけばまだよいですが、気がつかない人は「痛い」「イケてない」大人になってしまいます(涙)。

永遠のアイテムと言われるジーンズやTシャツ。好きな人も多いことでしょう。でもお願いだから、その組み合せはやめましょう。ジーンズならエレガントなトップスでヒールを履いて、Tシャツならジャケットときれい目パンツでとか、必ず“カジュアルアップ”して着ましょう。そうでないとおしゃれには見えませんから。

私の世代こそまさに“ジーンズ神話”世代で、「ジーンズとTシャツは永遠!」とばかりに、いくつになっても疑いもなく着ているご同輩男女を見ると寂しい気持ちになってしまうのです。
(写真/平野晋子)

yoko5

PROFILE
1949年東京生まれ。ファッションデザイナー。DCブランド「MELROSE」「HALF MOON」「BARBICHE」(株・BIGI)のチーフデザイナーを歴任。2002年に大人の女性のためのブランド「smart pink」(株・ワールド)を立ち上げトータルディレクターに。2013年にはジュピターショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」ブランドをスタート。ファッションアドバイザーとしても、新聞、雑誌の連載やテレビなどで活躍
※商品クレジット/ブルーシャツワンピース、ミントカラーとろみシャツ
詳しくは⇒ショップチャンネル MINAKO★YOKOMORI
◎次回「横森美奈子のリアルクロゼット」は10月4日(水)8:00~9:00放映予定
★NHK Eテレに出演のお知らせ
「あしたも晴れ! 人生レシピ」特集「もう一度 着物にチャレンジ!」(仮題)
・本放送 9月15日(金)20:00~20:45 ・再放送 9月22日(金)11:00~11:45
・海外プレミアム放送:9月18日(月)配信予定

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美魔女や若作りより大事なのは「清潔感」と「健康感」
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更