1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 家計簿をほとんどつけたことがない…大丈夫かどうか、漠然とした不安が

家計簿をほとんどつけたことがない…大丈夫かどうか、漠然とした不安が

質問

家計簿をほとんどつけたことがない…
大丈夫かどうか、漠然とした不安が

埼玉県・Mさん(35歳)【夫34歳、長男7歳、長女5歳】

このままで家計が大丈夫か、漠然とした不安があります。家計簿はほとんどつけたことはありません。私のパート収入は子どもの教育費や習い事でほぼ消えてしまうのですが、高いでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

教育費に限ったことではありませんが、支出の“良し悪し”みたいなものを見極めるには、「金額」よりもまずは「質」の方に着目しましょう。もちろん収入に対して高すぎればバランスが悪いということはありますが、最初から「高い」という理由だけでカットの対象とする必要もないでしょう。購入したものが、きちんと人生に役立っているかどうかが大事で、要は質です。

今後、どういった教育進路を検討されているのか分かりませんが、現状は教育費を除いて計算すると年200万円ほど貯まります。仮に今後の教育費を1000万円ずつとすると、現在の預貯金にもう1000万円あれば、おおよそカバーできます。だとすると5年あれば達成できる金額。このとき夫は39歳。それ以降に貯めていく資金は他の支出に振り向けることができそう。であれば、それほど将来を悲観的に捉えなくてもいいのではないかという印象です。

少し気になるのは家計簿が合っているかどうかです。預貯金額を拝見すると、それほど大きく違う印象もありませんが、上記の計算はあくまでお送りいただいた家計簿を元とした計算なので、ご留意いただけたらと思います。

保険料は高い印象です。貯蓄性の保険がなければ見直しを検討されてもいいかもしれません。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。
2017年4月、生活マネー塾を開講。http://www.556312.com/

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 家計簿をほとんどつけたことがない…大丈夫かどうか、漠然とした不安が
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更