1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 限定イルミや花火も!この秋、行きたい都内でおすすめの野外イベント3つ

限定イルミや花火も!この秋、行きたい都内でおすすめの野外イベント3つ

涼しくなって過ごしやすい秋の夜は、お出かけにもピッタリ。いつもと違う特別な夜を楽しんでみませんか? 心地よい秋風を感じながら楽しめる都内の野外イベントを3つ紹介します。

重要文化財・東京国立博物館の本館前で野外シネマ

スペシャルな場所で野外シネマを楽しめるのが、上野の東京国立博物館が開催する「博物館で野外シネマ」。昨年の来場者数は約1万500人という大好評のイベントです。

野外シネマ
2016年の様子(上映中は本館のライトアップが消えます)

「博物館で野外シネマ」の会場は本館前。建物の入口に巨大スクリーンが登場します。重要文化財である本館は、コンクリート建築に瓦屋根をのせ、東洋風にした「帝冠様式(ていかんようしき)」という和風モダンな建築物。当日はライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しめます。

2017年は、9月22日(金)、23日(土・祝)の2日間、19時より『ももへの手紙』(監督:沖浦啓之、2012年)の上映が予定されています。会場には500席ほどの椅子が用意されていますが、芝生などにレジャーシートを広げて鑑賞するのも、夜のピクニックみたいで楽しいかも。

当日は「フランス人間国宝展」(別途料金)を含め、22時までの特別夜間開館も実施。野外シネマと博物館、アートにふける夜となりそうです。どちらも予約は不要。

東京国立博物館「博物館で野外シネマ」
日時: 2017年9月22日(金)、23日(土・祝)19:00~
料金: 無料(入館料は必要)
*雨天中止(中止の場合は当日朝10時までにTwitter〔@TNM_PR〕にて告知)
http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=9206

満月の夜に…東京タワーの限定イルミネーション

満月の夜限定というちょっとロマンチックなイベントが、東京タワーで毎月1回開催される「満月ダイヤモンドヴェール」。

_R6A0919
(C)TOKYO TOWER
当日は、満月の光と東京タワーのイルミネーションのコントラストを楽しむため、タワーの上部を消灯し、下部をピンク色にライトアップします。さらに、大展望台(150m)1階の窓側と展望カフェ「Café la TOUR(カフェ・ラ・トゥール)」に合計100個のキャンドルを飾り、「キャンドル+夜景+満月の光」で癒やし空間を演出。

次回は2017年10月6日(金)に点灯です。「最近、夫とデートなんてしてないな…」という人は、訪れてみてはいかがでしょう。満月とイルミネーションが織りなす美しい秋空が、恋人時代を思い出させてくれるかも。

東京タワー「満月ダイヤモンドヴェール」
日時:2017年10月6日(金)
満月ダイヤモンドヴェール:日没~22:00
大展望台のキャンドル点灯:19:00~22:00
料金:大展望台 大人900円
https://www.tokyotower.co.jp

クラシック音楽と打ち上げ花火の競演!

花火大会といえば夏!と思われがちですが、秋に開催する地域や自治体も少なくありません。色彩あふれる美しい大輪の花火を、秋夜の風情とともに楽しめます。

北区花火大会
(C)第7回北区観光写真コンテスト観光部門議長賞「秋の夜空を彩る」

毎年10月に東京・北区で開催される「北区花火会」は、民間団体や区民との協働事業。手作りの催しなので、親しみを込めて“花火会”と名づけたそうですが、コンサートレベルの音響による大迫力のクラシック音楽と、花火の競演が楽しめます。有料席は売り切れ必至なので、気になる人は早めにチェックを。

北区花火会
日時:2017年10月14日(土) 11:00~21:00、花火打ち上げは18:30~、7777発
場所:荒川河川敷・岩淵水門周辺
料金:有料席は1000円~ *雨天決行、荒天中止
http://www.hanabi-kita.com/

秋は空気が澄みわたり、夜空が美しい季節。あなたも野外イベントでロマンチックな夜を過ごしてみませんか?

(文:村瀬琴音)


★あわせて読みたい!
「秋って着るものがない…」を助けてくれる、ユニクロ、GUなどの人気プチプラ服3つ
お得情報も!秋の行楽シーズンにオススメの無料おでかけアプリ3つ
【秋ドラマ2017】人気アラフォー女優がズラリ!注目作をまとめてチェック!

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 限定イルミや花火も!この秋、行きたい都内でおすすめの野外イベント3つ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更