1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 次は私が“クルーズデビュー”イラストレーター・くぼこまきさんに聞きました

次は私が“クルーズデビュー”イラストレーター・くぼこまきさんに聞きました

ひと昔前は“お金も時間もかかる、シニアのお楽しみ”のイメージが強かったクルーズ。でも、実はリーズナブルで、とってもおトクなのだそう。そこでクルーズをこよなく愛するイラストレーター・くぼこまきさんに、クルーズの魅力や楽しむポイントを聞きました。

クルーズのココが魅力!

移動がラク

遊んだり、寝ている間に移動できる
クルーズの一番の魅力は、客室が“動くホテル”になること。いちいち荷造りに悩まされることもないし、遊んだり、眠っている間に次の寄港地に到着します。面倒から解放され、時間が有効に使えるからゆったり過ごせ、体もラクチンです。

17101201

非日常体験

満天の星や月明かりに感動
海上は余計な明かりがないから、満天の星が眺め放題。月の光の明るさ、美しさも感動モノです。しかも、周りは見渡すかぎり、海! この光景を見ると日ごろの悩みだって小さなことに思えてくるから不思議~。

欲張りに楽しめる

船内ではお財布の中身を気にしなくてもOK
クルーズの代金には、宿泊費だけでなく乗船中の食事代(アルコールは除く)やイベント、ショー、アクティビティーなど、多くのものが含まれています。お財布の中身の心配がほとんどないから、おトク感満載です。

外国に寄港のお楽しみも
日本発着のクルーズでも、その船が外国船の場合は「外国の港に一度はタッチすること」とのルールがあるので、寄港地には必ず外国が含まれています。観光やショッピングも楽しめるから、手軽に外国旅行気分も味わえちゃう!

さらに!

子連れや3世代旅行にもオススメ
子どもを無料で預かってくれるキッズクラブや、キッズプログラムが充実したクルーズも多数。レストランで赤ちゃんが泣きだした、遊びすぎて眠くなった、というときも、すぐに部屋に戻れるので便利です。子どもは無料や半額など、子ども料金が設定されていることもあります。
また、それぞれが自分のペースや好みで自由に過ごせるのも魅力。船内はバリアフリーで足腰に不安があったり、車イスでの移動もラクなので、3世代での旅行にもピッタリです。

クルーズの疑問や不安に答えます

Q 船の中で退屈しない?

 船内ではショーやゲーム、アクティビティーなど、朝から夜まで多彩なイベントがめじろ押し! 楽しみが多すぎて休む時間がなくなってしまうほどなので、休憩時間を先に確保してから、遊びのスケジュールを立てましょう。

17101202

船内新聞には、毎日のイベントスケジュールがギッシリ書かれています

Q クルーズ船はどう選べばいい?

 クルーズ船は「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」の3つのカテゴリーに分かれていて、ビギナーにおすすめなのは「カジュアル」。多くのアクティビティーやレストランを備えているので選択肢が多く、ファミリー向けにさまざまな配慮が施されています。

Q ドレスコードが大変そう

 フォーマルデーのディナータイムはドレスアップしますが、男性はスーツ、女性はワンピースなど「結婚式の二次会」のイメージでOK。またレストランでは基本的に「Tシャツ・短パン」はNGです。ただ、あまり堅苦しく考えすぎず、せっかくだからおしゃれも楽しんでみては?

Q 外国船の場合、言葉は?

 基本は英語ですが、日本発着の船の場合はその多くが日本人クルーが乗船します。船内新聞も日本語のものがあるので大丈夫!

目いっぱい楽しむためのポイントはコレ!

ビギナーこそ「バルコニー付き」を

「海側窓付き」「内側(窓なし)」など客室にはいろいろなクラスがありますが、おすすめはクルーズの醍醐味が存分に味わえる「海側バルコニー付き」。ルームサービスが無料の船も多いので、海を眺めながらの朝食も楽しめます。

17101203

もしものときのための薬は忘れずに

船内にも薬は用意されていますが、外国船の場合は外国製の薬になります。また船内にドクターやナースもいますが、高額な料金が発生することも。いざというときのために、薬は必ず持参しましょう。

思い立ったらまずは予約!

クルーズの場合1年先のスケジュールが出ているうえ、多くのクルーズで「早割」が設定されています。またキャンセル料は100日前までは発生しない場合も多いので、気になるクルーズがあったら、まずは予約しちゃいましょう。※キャンセル料については必ずパンフレットで確認を

教えてくれたのは

17101204

くぼ こまきさん クルーズ・ビュッフェ好きのイラストレーター。約100泊以上船上で過ごす。著書はコミックエッセイ「おトクに楽しむ豪華客船の旅 クルーズはじめました! 」(JTBパブリッシング)、「まんぷくごほうびビュッフェ」(幻冬舎)。くぼこまきウェブサイト(http://www.kubokomaki.com/)で多数のクルーズ体験記などを展開中。

抽選で3人にプレゼント

この記事の感想などを教えてくれた人の中から、抽選で3人にくぼこまきさんの著書(写真)をプレゼント。以下の応募ボタンから応募してください。

17101206

締め切り:10月31日(火)23:59
※個人情報は賞品の発送に利用します
※当選の発表は発送をもって代えます

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 次は私が“クルーズデビュー”イラストレーター・くぼこまきさんに聞きました
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更