1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 毎月の家計がギリギリの状態 このままだと老後が不安…!

毎月の家計がギリギリの状態 このままだと老後が不安…!

\家計相談受付中/家計相談受付中 あなたも相談してみませんか?
相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

毎月の家計がギリギリの状態
このままだと老後が不安…!

千葉県・Sさん(30歳)【夫32歳、長男5歳、次男1歳】

毎月の家計がギリギリの状態。今後子どもが成長するにつれて、さらに出費がかさみ、赤字になってしまいそうです。次男が幼稚園に入ったらパートに出ることは考えていますが、将来の見通しが立たず、今から老後が不安で仕方ありません。

収支内訳

Sさんの家計簿は…

車関連費を抑え、楽に貯めよう

現在、家計がギリギリと感じているようですが、貯蓄はまずまずできています。月1万円の貯蓄ですが、実際には学資保険に月2万円払っているので、これも貯蓄と言ってもいいでしょう。ボーナスと合わせると年56万円と、手取り年収の10%以上貯めている計算になります。

夫の収入だけですし、厳しくそこまで節約をしている感もなく、これだけ貯められれば悪くありません。次男がもう少し大きくなり、パートに出られるようになれば、かなり家計は楽になるでしょう。

とはいえ、夫婦の小遣いが月2万円と、ここはかなり無理をしています。

それもそのはず。車関連費用が年78万円と、年収に対して高すぎます。手取り年収の約17%も車に使っていたら、家計が苦しくなるのは当たり前。乗り換えられるなら、より安い車や、燃費のいい車に。

老後に向けてお金を貯められる家計を作っていくには、こうした固定費を抑える意識を強く持つことが大切です。住居費・保険料・通信費なども固定費です。

老後に対し、むやみに不安になる必要はありません。支出を管理する方法を覚え、お金が貯まる実感を持ちましょう。

藤川太

藤川太
家計の見直し相談センター代表。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 毎月の家計がギリギリの状態 このままだと老後が不安…!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更