1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 住宅ローン返済が家計の負担に…見直せるところはありますか?

住宅ローン返済が家計の負担に…見直せるところはありますか?

\家計相談受付中/家計相談受付中 あなたも相談してみませんか?
相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

住宅ローン返済が家計の負担に…
見直せるところはありますか?

神奈川県・Kさん(38歳)【夫36歳、長男1歳】

出産を機に、今年家を購入。購入に後悔はないものの、ローン返済額が大きく、毎月の家計に余裕がありません。頭金を支払ったことで、貯蓄も心細い状態です。住宅ローンは夫35年、私は20年です。見直せるところはありますでしょうか?

収支内訳

Kさんの家計簿は…

本腰を入れて見直しましょう

ローンの返済額が手取り収入の3割超と、家計への負担はかなり大きい様子。さらに固定資産税もかかります。また、ローンの完済時に夫は71歳。繰り上げ返済は必須でしょうから、貯蓄を積み上げていきたいもの。本腰を入れて家計を見直しましょう。

まずは、水道・光熱費、通信費。契約アンペアの変更や、電力・ガスのセット割、携帯の格安キャリアへの変更など、安いプランの検討を。また、食費と夫婦の小遣いを2万円ずつ削減し、旅行費を半減させると、年間100万円近くの貯蓄ができる計算になります。

夫の貯蓄性の保険は保障額はあまりなく割高です。万が一の場合、住宅ローンは団体信用生命保険でカバーできても、生活費のカバーには不安です。減額か払済保険にして、職場の団体保険など保険料が安く保障性のあるものに変更も一考。

無理なくできそうですか? 長年無理を重ねるのは難しいので、キャリアアップで収入を増やすことも視野に入れたうえで、住み続けるのかどうかも話し合いましょう。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 住宅ローン返済が家計の負担に…見直せるところはありますか?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更