1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 勉強せず、勢いで住宅を購入 2人目の子どもを考えても平気?

勉強せず、勢いで住宅を購入 2人目の子どもを考えても平気?

家計相談受付中/家計相談受付中 あなたも相談してみませんか?
相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

勉強せず、勢いで住宅を購入
2人目の子どもを考えても平気?

神奈川県・Iさん(30歳)【夫32歳、長男1歳】

お金の勉強もせず、勢いで住宅を購入してしまい、ローン返済に追われています。長男が幼稚園に入ったらパートで少し働き始めようと考えていますが、ほとんど貯蓄ができていない今の状況で、2人目の子どもを考えても問題ないでしょうか?

収支内訳
 

Iさんの家計簿は…

貯蓄を差し引いた残金でやりくりを

2人目の子どもを迎えるためには、家計簿のどこを見直せばいいか、と逆転の発想でいきましょう。

財形年金、学資保険、ボーナスで年間94万円の貯蓄ができています。月々の目標2万円の貯蓄ができれば、年間118万円貯蓄できる計算ですが、今月は赤字となっていますね。

貯蓄の極意は、余ったお金を貯めるのではなく、最初に貯蓄分を別口座にキープしてしまうこと。貯蓄を差し引いた残りのお金でやりくりしましょう。

固定費は月々の削減が少額でも、積み重ねで大きな効果になります。通信費と光熱費は安いプランを検討。保険も重複した保障がないか、など見直す余地がありそうです。

また、自動車を所有しているようですが、維持費などが家計簿以外にかかっているなら、家計はその分厳しいはず。その場合、使用頻度にもよりますが、カーシェアリングなども検討しては?

さらに、子どもの成長に合わせてパートに出られるようになると、ぐっと余裕も出てくるはずです。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 勉強せず、勢いで住宅を購入 2人目の子どもを考えても平気?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更