1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 福井県「いちほまれ」抽選で10人にプレゼント

福井県「いちほまれ」抽選で10人にプレゼント

福井県「いちほまれ」抽選で10人にプレゼント

コシヒカリのふるさと福井県から生まれた「いちほまれ」!

 

豊かな大地、清らかな水に恵まれた
福井県が生んだブランド米「いちほまれ」。
もう食べてみましたか?

日本を代表するブランド米「コシヒカリ」。
その発祥の地である福井県から誕生した「いちほまれ」は、
20万種から選ばれ、6年の歳月をかけて開発されたお米です。

「いちほまれ」の名には、
“日本一おいしい誉れ高きお米に”
という思いが込められています。

絹のようにキラキラと輝く白さとつや、
粒感と粘りのバランスの良さ、
口に広がるやさしい甘みが特徴で、
料理のおいしさを一層引き立ててくれます。

先日、試食会があり、
この「いちほまれ」を味わってきました。

会場は、テレビなどでもおなじみ!の
橋本幹造さんが店主を務める日本料理「一凛」。
http://www.mikizo.com/

―この日の料理―

「いちほまれ」ご飯
炊きたての「いちほまれ」と冷めた「いちほまれ」を食べ比べ
CIMG4654

炊きたてのご飯がおいしいのはもちろんですが、
冷めてもおいしいお米は、お寿司やお弁当にもいいですね。

「いちほまれ」の銀杏粥とセリのおひたし

お粥にしてもお米の粒感しっかり!
お米のやさしい甘みで“ホッ”と癒されます 。

「いちほまれ」寿司

若狭ぐじ、越前仕立て汐うに、
鯖の棒鮨、バイ貝、香箱ガニほか

sCIMG4688

CIMG4694

sCIMG4681

お寿司は、橋本さんの右腕でもあり、金沢で「河原市一 はじめ」の
板長を務める濱本さんが握ってくれました。
「いちほまれ」に合わせた「壺之酢」のシャリが絶妙です。

美しい白身で、淡泊な中にも深い味わいが感じられる若狭ぐじ、
鯖の棒寿司、ねっとりとした甘みがたまらない甘海老など、
旬の海の幸とのマリアージュを楽しみました。

「“お寿司はシャリ”というくらい、お米ありきなんです。
お客さまが、シャリがおいしいね!と
気づいてくれたらすごくうれしい!」と濱本さん。

sCIMG4651

「上庄さといも」のふくめ煮

全国区の人気を誇るブランド里芋。白い“美人芋”。
里芋を炊くためだけにとるカツオだし、味付けは塩だけ!

素材本来のうまみをいかに引き出せるかを
考えて作られたふくめ煮は、煮崩れせず、ちゃんと味が染みています。

sCIMG4682

おいしい料理には、おいしいお酒を!
ということで福井県の日本酒もありました。

白岳仙 奥越五百万石 純米吟醸
早瀬浦 吟撰 越の雫
黒龍 九頭竜 純米

「いちほまれは、だれでも上手に炊けるお米。
炊きたてのご飯がおいしいのは当たり前ですが、
冷めてもおいしいお米はなかなかありません。
多くの人にこのおいしさを知っていただきたいです」
と橋本さん

sCIMG4706

この「いちほまれ」2kgを抽選で10人にプレゼントします。
応募は以下から

http://r.living.jp/mrs/ichihomare1125

応募はこちら

この記事を書いた人さんご
四国八十八カ所お遍路満願が夢!
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 福井県「いちほまれ」抽選で10人にプレゼント
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更