1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. あなたの写真も展覧会で展示されるかも!?好評の「ケの美」展は12月24日まで

あなたの写真も展覧会で展示されるかも!?好評の「ケの美」展は12月24日まで

オルビス30周年記念「ケの美」展が、東京銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて12月24日(日)まで開催中です。

kenobi2

あたりまえの中にある「美」に注目

この展覧会は、シンプルな中にも美しさの本質を追求したいという思いから商品やサービスを届けてきたオルビス株式会社が、創業30周年を迎えるにあたって開催した初の展覧会。グラフィックデザイナー・佐藤卓氏が展覧会ディレクターを務め、日本人の伝統的な世界観である「ハレ」と「ケ」の「ケ」に着目。毎日繰り返されるごくあたりまえのこと=「ケ」の充実があってこそ、華やかな「ハレ」の部分も特別でありがたいものとして感じられるとし、「ケ」の中にある「美」についてデザイナーや建築家、料理研究家など14名と共に考えています。

第一線で活躍するクリエイターたち14名が参加

今回、日常生活に新たな提案をし続けているクリエイターとして参加しているのは、下記の14名。

石村由紀子(「くるみの木」代表/空間コーディネーター)
緒方信一郎(「SIMPLICITY」代表/デザイナー)
小川糸(作家)
隈研吾(建築家)
小山薫堂(放送作家・脚本家)
塩川いづみ(イラストレーター)
柴田文江(プロダクトデザイナー)
千宗屋(武者小路千家家元後嗣)
土井善晴(料理研究家)
原田郁子(「クラムボン」ミュージシャン)
松場登美(群言堂」代表/デザイナー)
皆川明(「ミナ ペルホネン」代表/デザイナー)
柳家花緑(落語家)
横尾香央留(手芸家)

五十音順、敬称略

会場には、それぞれのクリエイターが選んだ「ケ」の美が、実際にそのモノであったり、写真や音声などで展示されています。
たとえば、小川糸さんはラトビアのミトンと鉄瓶、小山薫堂さんは京都の木工職人・中川周士さんに特注した「狐桶」、松場登美さんは使用済みのコピー用紙を綴じて作った「裏紙ノート」と浴衣のボロから作った「お浄布」など。

ogawakoyamamatsuba

展示に添えられたクリエイターたちの想いを綴ったことばとともに鑑賞を楽しむことができます。

展覧会に自分自身の写真が展示されることも

また、参加型展示「みんなのケ」のコーナーも用意されています。「朝食」「場所」「漢字」の3つのテーマで、自分にとって「日常」だと思う写真を1枚ずつ特設サイト上で投稿すると、その写真は会場内で実際に投影され、展示作品の一部として参加することができます。
ex
※展覧会の趣旨にそぐわない内容の写真は、事務局側で調整または非掲載となる場合があります
※投稿は、展覧会最終日の2017年12月24日(日)まで

普段の生活の中にあるさりげない美しさに心が癒される展覧会。ぜひ足を運んでみて。

オルビス30周年記念「ケの美」展
会期:2017年11月17日(金)- 12月24日(日)※会期中無休
会場:ポーラ ミュージアム アネックス(東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階 )
アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7番出口すぐ
時間:11:00 - 20:00(入場は閉館30分前まで)
入場無料
https://orbis-kenobi.com/

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. あなたの写真も展覧会で展示されるかも!?好評の「ケの美」展は12月24日まで
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更