1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 福士蒼汰さんインタビュー、念願の初舞台への思いを語る

福士蒼汰さんインタビュー、念願の初舞台への思いを語る

ずっとやりたかった舞台で初主演
「かっこつけず自然体で演じたい」

福士蒼汰さん

今年3月、豊洲にオープンした客席が360度回転する劇場「IHIステージアラウンド東京」で、“花・鳥・風・月・極”とシーズンごとに、キャストと脚本、演出を変えながら上演中の劇団☆新感線「髑髏城(どくろじょう)の七人」。ダブルチームで上演される“Season月”の“上弦の月”で、主役・捨之介を演じるのが福士蒼汰さん。

舞台出演は「20歳を過ぎたころから、これからの自分に舞台の経験は必要になる、とずっと思っていました」という。だから、今回のオファーがきたときには「エンターテインメント性もある作品で、自分の好きな殺陣(たて)もあって、ぜひ、やりたい!と思いました」と目を輝かせる。

初舞台でいきなり主演。「プレッシャーはあります。自分が生まれる前から上演されている名作で、数々の先輩たちが演じられてきた役ですから。でも、今は稽古が楽しくて。本番もきっと楽しくなるだろうという期待が大きいです」

福士さん自身と捨之介との共通点はあまりないそう。「彼は人の心にスッと入っていけるけれど、自分は人見知りなので、コミュニケーション力が高くてうらやましいと思います(笑)」。捨之介を演じる上で大切にしているのは”自分らしくいる”こと。「家族といるときのようなリラックスした感覚でいるときの自分が、捨之介のキャラクターに近いのかなと思います」。かっこつけず、自然体が今の福士さんの捨之介像。「でも、幕が開いたら全然違っているかもしれませんが(笑)」

初主演を務める福士さんに理想のリーダー像をたずねると「理想のリーダーは捨之介みたいな人。家族と接するように素直に、自分がまず扉を開く。そうするとみんなも心を開いてついて来てくれるのでは、と思います」。

そんな福士さんのキャリアアップを支えるのは?「自分で思っている以上に、家族が支えになっています。その本当のありがたさは、自分が親になったときに初めて分かるのかもしれません」。

PROFILE

1993年5月30日、東京都生まれ。
2011年「仮面ライダーフォーゼ」の主役に抜擢。2013年ドラマ「あまちゃん」で一躍人気者に。2015年、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。映像を中心に活躍中。ONWARD presents 劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season 月 Produced by TBS は11/23~2018 年2/21(水)上演。詳細はhttp://www.tbs.co.jp/stagearound/tsukidokuro/

取材・文/石黒 香(リビング編集部) 撮影/鈴木 智哉

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 福士蒼汰さんインタビュー、念願の初舞台への思いを語る
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更