1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ミュージカル界のプリンス古川雄大さん、帝劇主演に挑戦

ミュージカル界のプリンス古川雄大さん、帝劇主演に挑戦

ヴォルフガング役は大きな挑戦
今までのイメージにとらわれず演じたい

古川雄大さん

今、ミュージカル界で注目を集める古川雄大(ふるかわ ゆうた)さん。端正な顔立ちと抜群のスタイル、近年、歌や表現力にも磨きがかかり、12月31日(日)から上演される「ミュージカル『黒執事』-Tango on the Campania-」で、シリーズ中、自身にとって3作目の主演を務める。原作は全世界で累計発行部数2500万部を超えるベストセラーコミック。「原作の人気が高く、プレッシャーも強く感じましたが、半面、今までにない刺激もたくさん受けました。座長を経験し、自分自身でも成長を認められる部分もあって、僕の人生においても大きな意味のある作品になりました」。原作の中でも人気が高い豪華客船編の上演に「これまでで、最高のものをお見せしたいと思います」。

2018年は古川さんにとって大きな挑戦が待っている。それはミュージカル「モーツァルト!」のヴォルフガング・モーツァルト役で、帝国劇場の主演を務めること。山崎育三郎さんとのダブルキャストになる。演出を担当する小池修一郎さんから「受けてみたら?」と言われて受けたオーディションで、この役をつかんだ。

「僕自身もびっくりした!というのが正直な気持ちです。作品を見て、いつかこんな役ができたらいいなと思ったんですが、まさかこんなに早く機会を頂けるとは思いませんでした」。自身にとっても「大きな賭け」という。「小池先生が、僕に少しでも可能性があると思ってくださったのなら挑戦してみたいし、期待にこたえたいと思いました」

ヴォルフガングは井上芳雄さん、中川晃教さんも演じてきた役だが、そのイメージにとらわれたくないそう。「これまで演じてきた方々がそれぞれ卓越したものを持っているので、歌なのか芝居なのか、自分の“武器”を探さなくてはと思っています」。古川さんの新しいヴォルフガングが帝国劇場にお目見えする日が待ち遠しい。

PROFILE

1987年7月9日、長野県生まれ。
舞台「エリザベート」「1789- バスティーユの恋人たち-」「ロミオ&ジュリエット」、「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」のほか、アーティストとしてCD リリースやライブ活動、ドラマや映画など幅広く活躍中。ミュージカル「モーツァルト!」は2018年5/26(土)~6/28(木)、帝国劇場で上演。
詳細は http://www.tohostage.com/mozart/

取材・文/石黒 香(リビング編集部) 撮影/黒澤 義教 スタイリング/大牛 みどり
ヘアメイク/浅野 有紀(Rooster)

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ミュージカル界のプリンス古川雄大さん、帝劇主演に挑戦
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更