1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お正月あるある!? 新年早々イラッとした「お年玉エピソード」

お正月あるある!? 新年早々イラッとした「お年玉エピソード」

お年玉「あげる」「あげない」どっちが多数派?

お年玉

子どもの頃はあんなに楽しみにしていた「お年玉」ですが、大人になった今では、誰にあげるか、金額はいくらかなど頭を悩ませる行事になったという人も少なくないのでは。子どもたちの喜ぶ顔を見られるのはうれしいけれど、ときにはトラブル勃発!なんてこともありますよね。そこで今回は、お年玉に関するトラブルについてリサーチ。みなさんから寄せられた、「お年玉トラブルエピソード」を紹介します。

※アンケート実施期間:2017年12月21日~2018年1月3日、有効回答数:232

お年玉を「あげる」という人は63%で、「あげない」(30%)を大きく上回りました。子どもがいる人はもちろんですが、独身でもかわいい甥っ子や姪っ子についついあげてしまうという人も多く見受けられました。一方、「お年玉」という文化については、あってもなくても「どちらでもいい」が36%、「あったほうがいい」が31%、「ないほうがいい」が25%とほぼ三分する結果に。金額や人数などいろいろ考慮することも多く大変だけど、日本のお正月の風物詩として残したい伝統行事、といったところかもしれません。

イラッ!モヤモヤ…みんなの「お年玉トラブル」体験談

子どもは正直! ズバッと言うよね~

  • 親戚が一堂に顔を合わせるお正月。甥っ子にお年玉をあげたら、「別のおばちゃんはもっとくれたのにー」と言われた(苦笑)!(まゆたん)
  • 今、無職なので甥っ子たちにお年玉を上げる余裕がない…。そんな自分にイラッとしているのに、その状況で「このおばさんはくれないの?」と言われると悲しくてさらにイライラしてしまう。(ほたるいか)
  • 小学生の姪に図書券をあげたら、「現金のほうが好きなものを何でも買えるのに…。来年からは現金にしてね!」と言われた。こちらからしてみれば、本でも買って少しは勉強の足しにしてほしかったのに…。今の子どもは超現実的すぎる!(りら)

一律にする?しない? お年玉の金額トラブル

  • 兄弟に金額差をつけたところ、下の子が少ないと大泣き。気まずかった。(さりさり)
  • 我が家は、小5、中2の子ども、弟夫婦は年中、年長の子ども。金額は、年齢に比例させるつもりが、弟夫婦に子どもが生まれた時「お年玉は20歳になるまで、同じ金額にしよう」と提案され、ずっと交換しているだけの状態が続いている。子どもが同年齢で同時スタートならわかるが、中学生と幼稚園が同じ金額? この先、我が家が長く支払い続けるのかと思うと、なんだかムッとする。(なおみん)
  • 義母経由で義姉の子ども2人にそれぞれお年玉を渡すのだが、あちらからはポチ袋がいつも1つだけ。我が家は子ども3人なので3ついるでしょ! しかもあちらと同額(5000円×2人、1万円÷3人)。中身を知ってる義母にもイラっとくる。(おとと)

楽しいはずのイベントが…

  • 親から「お年玉はもらうな」と言われていたので、小学1年生の時に親戚からのお年玉を「お気持ちだけで結構です」と断ったら「なんてかわいげのない!」と怒られた。(たっかたっか)
  • 義母が娘2人にお年玉をくれたが、家に帰って見たら袋の中身がなかった! でも、文句も何も言えず…。その後、義母から夫に「孫からお礼の電話がない」と連絡があり、仕方なく娘にお礼の電話を入れさせた。(Hicky)

悩ましい…ギブ&テイク問題

  • 子どもがいない我が家はお年玉をあげるいっぽう。それ以外のお付き合いでちょっと気を遣ってもらえればいいけれど、親にそうした気遣いがないと、あげなくてもいいかなという気持ちになる。(あまのじゃく)
  • 正月に親戚が集まるシチュエーションで、絶対にお年玉を渡さない親戚がいる。もらうばっかりで、絶対にくれない!! お年玉は強制じゃないけれど、なんか腑に落ちない。(レイくん)
  • 義兄の子どもにはお年玉を渡したが、我が子はもらえなかった。(みぃー)
  • 3人子どもがいる親戚にお年玉をあげたが、うちはひとりっ子なのに500円しか入っていなかった。(もも)

お年玉あるある失敗談

  • 姪にあげたお年玉の中身を入れ忘れて泣かれた。(ちゃんの)
  • 甥と姪にあげたお年玉の金額を間違えてしまい、年上に安く、下の子に高いほうを渡してしまった。甥っ子が「僕より妹のことが好きだから僕のほうが少ないんだ!」と本気で落ち込んだらしい…。同じ額あげればよかったと後悔。(ピアノ)
  • 娘が叔母からお年玉をもらって大喜び! でも、いざ袋を開けてみると、中身がからっぽ! 仕方なく、「袋、かわいいね~」と慰めたが、ショックを受ける娘がかわいそうで、結局親が中身を入れてやるハメに。トホホ…。(たまごちゃん)

金は天下の回り物!? お年玉が消えた!

  • 子ども時代のお年玉は、親にいつも回収されてしまい手元には残らなかった…。(ケ・セラ・セラ)
  • 祖父母や親戚からもらったお年玉をずーっと「貯めといてあげるから」と言う母に預けていたら、家のリフォーム費用に全額充てられていた。私たちにばれた時、母は「私だって親戚の子どもたちにあげてるんだから、お金戻してもらったようなもんでしょ」と開き直った。あの頃から人のことを100%信じることがなくなったように思う。(wynn)
  • お年玉をもらったらなぜか“祖母に預けて貯金”という謎システムがあり、高校の頃までずーっと信じて預けていた。が、祖母が亡くなった時、貯金通帳はなかった。(うにぽわ)

親の顔が見てみたい!?

  • 甥っ子2人にお年玉をあげたら、中身を即確認して金額を数え、メッセージを入れてる袋をすぐゴミ箱へポイ! できることならあげたくない!(みんみんぜみ)
  • 夫の実家に行ったら、甥が空のお年玉袋を置いていて、要は中身を入れろという請求だったので、この子の親はどういう躾をしているのかと神経を疑った。赤の他人ならどうということはないが、身内にこんなのがいるなんて恥ずかしいと思った。(きょろ)

大人になっても忘れない! 子ども時代のお年玉格差

  • うちは男を大切にする家系(特におばあちゃん)。小学校低学年の頃、お年玉袋を開けると3万円入っておりビックリしていると、あっ!間違えたと取り上げられ、5つ上の兄に渡った。その時、私には2000円。同じ年になったらそれくらいもらえるかと期待したが、5000円止まりだった。いまだに恨んでいる。(めーちゃん)
  • 兄弟間で差を付けられ不満だった。昔の考えでは第一子(特に長男)に多めにあげていたため、下の子らがずるいと根に持った。親が考える以上に、子どもたちは根に持ったリ、傷付いたり、不仲になったりすると思う。(もりのうさぎ)
  • 中学生の頃、自分と妹のもらうお年玉の金額が同じだということに納得できず、ケンカになったことがある。当時は、お姉ちゃんだからと我慢させられることも多かったので、金額差がないことが不満だった。(しょこら)

次回のテーマ:うわ~、騙された!」と思った瞬間を教えて

アンケート実施中! ぜひあなたのエピソードも教えてください!
回答はこちらから
応募締切:1月15日(月)

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お正月あるある!? 新年早々イラッとした「お年玉エピソード」
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更