1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. もぎたては格別!霧島エリアで楽しむ秋のフルーツ狩り

もぎたては格別!霧島エリアで楽しむ秋のフルーツ狩り

  • 2017/09/21 UP!
今が旬のぶどうや梨。とびっきりの味わいと鈴なりの光景に歓声!

さあ、秋のおでかけシーズン到来! みずみずしい秋の味覚を味わいに、家族みんなでフルーツ狩りに出かけませんか。食べごろに熟したぶどうや梨が、頭上一面にすずなりに広がる様子は、子供だけでなく大人も思わず歓声をあげてしまう光景。また、農園で収穫した果実の味わいは格別です。今年は暑い日が多かったため、例年より色づきが2週間ほど遅れ、その分収穫時期も少しずれ込んだそう。今回は霧島エリアの特派員ミゾベーヌさんおすすめの、溝辺・国分の果樹園をご紹介します!!

鹿児島空港近く、大粒のぶどうと大きくて甘い梨を求める人が多数来園

はぎいわ農園 (霧島市溝辺町)

kghagiiwa6794

何万個とある全てのぶどうに丁寧に袋がかけられ、完熟の時期を迎えます

「ぶどうの粒が大粒、梨も大きくて甘みが絶大です」と霧島の特派員ミゾベーヌさんがおすすめする『はぎいわ農園』。鹿児島空港から車で15分ほどの場所にある加治木農場と、竹子(たかぜ)方面にある竹子農場の2カ所でぶどうと梨狩りを楽しめます。

リピーターの方も多く、「自分の好みのぶどうを収穫しにいらっしゃる方が多いですよ」と剥岩さん。農園では始めに試食ができるので、いろんな種類のぶどうを食べ比べて、自分好みを手に入れるのもフルーツ狩りの醍醐味!

加治木農場でのぶどう狩りは9月末頃までだそう。10月は竹子農場でジャンボ梨の「新高(にいたか)」やシャリシャリっとした食感の「新興(しんこう)」梨狩りを楽しめますよ。

ぶどう・梨狩り
●入園料無料
●収穫分計量して会計するシステム…ぶどう1kg 1300円〜、梨1kg 650円〜
※来園前に収穫状況の問い合わせを

kghagiiwa6798

「はぎいわ農園」の剥岩修一郎さん。顔横に並ぶ、ぶどう粒の大きさ伝わりますよね!

kghagiiwa6807

ぶどう狩りを楽しめるのは9月下旬頃まで。これからはジャンボ梨の「新高」や「新興」狩りも楽しめるそう

【はぎいわ農園】
■鹿児島県霧島市溝辺町竹子1325番地1
TEL0995-59-3817(自宅)
加治木農場 姶良市加治木町日木山字楠原3467番地、TEL0995-62-1202
竹子農場 霧島市溝辺町竹子1579番地8、
TEL(剥岩さん携帯)090-7169-0002
■開園時間 9時〜17時
■休日:シーズン中無休
http://www.mct.ne.jp/users/hagiiwa/

kghagiiwa6786

鹿児島空港近くにある加治木農場横の直売所。試食もでき、好みのぶどうや梨を購入する人たちで賑わっていました

取材メモ

スーパーでおいしい梨を選ぶコツを剥岩さんに教えてもらいました。

「梨はおしり(枝についていない方)に甘味がたまるので、お店ではおしり側を上にして売られています。皮の黄色が強く、おしりに張りがあるものを選んで!」

秋のぶどうや梨狩りの他、冬はイチゴ狩りも人気!

竹ノ内観光農園 (霧島市国分重久)

傷や虫がつかないよう、1個1個袋をかけて育てます

ぶどうや梨だけでなく、冬のイチゴ狩りなども人気の「竹ノ内観光農園」。最近はアジアからの観光客も多いそう。取材で伺ったときは、ちょうど地元の常連さんも来店。和やかな雰囲気が漂うアットホームな農園です。

ぶどうは、安芸(あき)クイーン、種無し巨峰、ニューベリーAなどの品種が9月末まで収穫できる予定。梨狩りは「新高」「新興」を楽しめます。その大きさと豊潤な味わいをぜひ体験して!

1月上旬からは、ハウスでイチゴ狩りも楽しめます。冬にハウスで栽培されるイチゴは、春の時期のものよりおいしいそう。

その他、ブルーベリー、ドラゴンフルーツ、くりも栽培。収穫時期など詳細はfacebookで紹介しています。

ぶどう・梨狩り
●入園料無料
●収穫分を計量して会計するシステム…ぶどう1kg 1300円〜、梨1kg 600円〜
※来園前に収穫状況の問い合わせを

「竹ノ内観光農園」の竹ノ内義人さん。すでに子どもの頭ほどもある大きさですがもっと大きくなるそう

果樹園の入り口には、かわいい目印あり!

【竹ノ内観光農園】
■鹿児島県霧島市国分重久5865-3
TEL0995-45-6803
■開園時間 9時30分〜17時
■休日:シーズン中無休
http://cgi5.synapse.ne.jp/~hinomegumi/nuen.html

取材メモ

取材の際に、ドラゴンフルーツをいただきました。鮮やかなピンク色と独特の形。味の好みはありますが、ビタミンやミネラル類が詰まった栄養豊富な果物なんですよ。

竹ノ内観光農園での収穫時期は7月下旬〜8月下旬。来年はぜひドラゴンフルーツ狩りに出かけたいと思います!

食事も楽しめる多彩なフルーツパーク。ぶどうは11月上旬までOK

霧島さくら農園 (霧島市国分重久)

300人まで収容可能なドーム型の休憩所。頭上には見事なぶどう棚が広がります

「ぶどうの下でバーベキューが楽しめるので、子ども連れでも長い時間遊べます」と特派員のミゾベーヌさんがおすすめする「霧島さくら農園」。頭上に美しいぶどう棚が広がる、ドーム型の大きな休憩所が出迎えます。休憩所では秋の心地よい風を感じながら、県産肉使用のバーベキューや農園でとれた果実のフレッシュジュース、手作りシャーベットなども味わえますよ。

収穫用のフルーツは休憩所とは別のハウスで栽培されていて、ぶどうの品種は何と20種以上も!しかもそのほとんどが〝種無し〟で皮ごと食べられます。

9月下旬から収穫が始まる品種もあり、種無しで皮ごと食べられる「ウインク」は10月中旬頃まで。甘みが強く、果汁たっぷりの「紫苑」は11月上旬まで楽しめる予定とのこと。さくら農園では、加工品の干しぶどうやワインなども多数販売しています。きんかんを使った「ぷちまる金柑大福」は、2016年かごしまの新特産品コンクールで鹿児島県特産品協会理事長賞を受賞した一品。ぜひチェックしてみて!

ぶどう・梨・レモン・キウイ・きんかん狩り他
●入園料無料
●収穫分を計量して会計するシステム…詳細は問い合わせを
※来園前に収穫状況の問い合わせを

「霧島さくら農園」の店長、下田亜人さん。手に持つのは、1房10kgほどにもなるという品種の「ネヘレスコール」。休憩所の頭上には、いろんな種類のぶどうがずらり

皮ごと食べられる種無しの「瀬戸ジャイアンツ」。よく見ると粒に桃のような割れ目が…別名は「桃太郎ぶどう」だそう

【霧島さくら農園】
■霧島市国分重久6029−3
TEL0995-49-7779
※カーナビ検索の際は「霧島市国分重久6001」と入力を
■開園時間:9時〜17時
■休日:シーズン中無休
http://sakurafarms.jp/ 

取材メモ

おいしさを保つ、ぶどうの保存方法を「霧島さくら農園」の統括責任者・瀬戸口光広さんに教えてもらいました。

「ぶどうの粒に茎を少し付けた状態でカットして保存容器に入れ、冷蔵庫に入れておくと長くおいしさを保てますよ」

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. もぎたては格別!霧島エリアで楽しむ秋のフルーツ狩り
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更