1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. 編集部おすすめ「開運・招福」鹿児島初詣スポット

編集部おすすめ「開運・招福」鹿児島初詣スポット

  • 2017/12/27 UP!

一年の感謝を捧げ、また新年の無事と平安を願う初詣。「仕事もプライベートも充実した年に」「素敵な出会いがありますように」「目指す学校に合格できるように」など、願いたいことはさまざまあるはず。そこで、ご利益別に編集部おすすめの5つの神社を紹介します。散策なども楽しめる場所なので、出掛けてみて!

霧島神宮(霧島市)冠嶽神社(いちき串木野市)新田神社(薩摩川内市)藤川天神(薩摩川内市)枚聞神社(指宿市)

天孫降臨の霧島
大自然にも癒やされる

天孫降臨の神話の主役・ニニギノミコトを祭った「霧島神社」。緑に囲まれた参道・境内を抜けると、絢爛(けんらん)豪華な朱塗りの社殿が現れます。平成元年には、国の重要文化財に指定。元旦には郷土度芸能の天孫降臨霧島九面太鼓の奉納が行われます。 坂本龍馬と妻のお龍が新婚旅行で霧島に訪れたことから、恋愛成就のご利益も。

参道の側には樹齢およそ800年の巨大な杉の御神木があります。境内の中には、自然の力を感じるいくつものパワースポットがあるので、深呼吸をして気を感じてみて!

例年混雑する日時

1月1日〜3日
※『九面太鼓の奉納』は12月31日深夜12時〜と1月1日午前2時〜行われます

九面守(くめんもり) 800円。九面は工面に通じ「工面がつく」として縁起がよいそう。お面ごとにご利益があります

恋みくじ(初穂料200円)。かわいい紙人形付きのおみくじ

****霧島神宮****
鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
TEL:0995-57-0001
駐車場:有

http://www.kirishimajingu.or.jp

 

「願掛け割札」で祈願
参拝後は周辺散策も

無病息災や病気平癒などの力を持つとされる櫛御気野命(くしみけぬのみこと)を御祭神に、藩主島津家に代々尊崇されている「冠嶽神社」。周囲には修験者の山岳修行の場となった「冠岳」があり、仙人岩やその中腹には不動尊堂も安置。散策しながら巡ることができますよ。
近くには「冠嶽花川砂防公園」や「冠嶽園」「冠嶽温泉」もあって、一日ゆっくりと訪れたいエリアです。

花川に掛かる10本の橋を「年代橋」と名付け、全ての橋を渡ることで健康・長寿祈願できるとされています

例年混雑する日時

1月1日午前10時〜午後3時

「願掛け割札」500円。片方に名前と年齢、願い事を書いて割ります

願い事を書いた札を「割札納箱」に入れ、片方はお守りとして持ち帰ります

 

****冠嶽神社****
鹿児島県いちき串木野市冠嶽13511
TEL:0996-32-7558
駐車場:有

 

男女の縁、家族、
友達との良縁を願って

鹿児島市から、高速を走ること約1時間。市街地に突如現れる大きな山が、「新田神社」の鎮座する神亀山です。朱色の大きな鳥居をくぐると、頂上までは、長い石段が続いています。 本殿に隣接しているのは神代三山陵の一つに挙げられる「可愛(えの)山陵」。御祭神・ニニギノミコトの御陵として宮内庁直轄で管理されています。
縁結びの他、開運招福や安産守護、五穀豊穣などのご利益も。

300段を越える階段を上ると本殿。木々に囲まれ、神聖な空間が広がります

例年混雑する日時

12月31日午後11時〜1月4日午前、1月7日午前

良縁を願うハート形の「絵馬」。御初穂料500円

子抱き狛犬がかわいい「安産守」。御初穂料700円

川内大綱引きの綱をあしらった「勝守」。御初穂料700円

****新田神社****
鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2
TEL:0996-22-4722
駐車場:有

 

学業成就に御利益
2月は梅の見頃

学問の神・菅原道真公を祭った菅原神社、通称「藤川天神」といわれています。
梅園には約300株の梅の木があり、そのうちの55株は竜が伏したような姿をしていることから〝臥竜梅〟と呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。見頃は2月中旬〜3月上旬。受験シーズンは多くの参拝客でにぎわいます。

木の香りに包まれ神聖な雰囲気の拝殿は平成10年に新しく立て替え。境内にあった杉(北薩地震で倒壊)を使っています。

例年混雑する日時

2月25日(日)、3月4日(日)、3月11日(日)は特に混雑が予想されます

試練のときに心強い「合格御守」800円

薄いピンク色の花を咲かせる臥竜梅

****藤川天神****
鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川
TEL:0996-42-1111(東郷支所地域振興課産業振興グループ)
駐車場:有

 

異国情緒も漂う優雅な社殿
山と海のパワーを感じるスポット

開聞岳の麓に位置し、〝薩摩国一の宮〟として古くから厚い信仰を寄せられてきた枚聞(ひらきき)神社。交通・航海の安全や漁業守護・家内安全を願い、多くの参拝客で賑わいます。
朱塗りの鮮やかな社殿や鳥居の上に、ちょうど開聞岳の山頂が重なる壮麗な景観は、気持ち新たに集う人々を優しく見守るかのよう。 本殿は県の重要文化財に指定されている他、敷地内の宝物殿には国の重要文化財の「松梅蒔絵櫛笥」が収蔵されています。

参道から本殿の方を向くと、鳥居や本殿の上にちょうど開聞岳が位置する構造

例年混雑する日時

12月31日午後11時頃〜1月1日午前2時頃、
1月1日午前10時頃〜午後4時頃

島津家ゆかりの貴重な品々も収蔵されている「宝物殿」

 

****枚聞神社****
鹿児島県指宿市開聞十町1366
TEL:0993-32-2007
駐車場:有

 

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 特集
  3. 編集部おすすめ「開運・招福」鹿児島初詣スポット
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更