1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. Q.子ども2人を私立中学に進学させても大丈夫?

Q.子ども2人を私立中学に進学させても大丈夫?

Q.子ども2人を私立中学に進学させても大丈夫?

福岡県・Nさん(34歳・家業手伝い)【夫36歳・自営業、長女12歳、次女9歳】

 

 夫の両親が所有するマンションに住まわせてもらっているため、ありがたいことに家賃はかかりません。夫の仕事は自営業で、私は夫の実家の家業を手伝っています。水道光熱費や携帯電話代、車関係費などは経費として計上してもらっています。
しかしボーナスなどがなく、何かあったときが心配。収入は生活費や税金、保険料の支払いでほぼなくなってしまい、なかなか貯蓄ができません。できているのは、毎月2万円ずつ貯蓄している積立預金が年間24万円と、児童手当をためている子どもの貯蓄が年間24万円のみです。
今の家計ではとても無理とは思いつつも、子どもには私立中学を受験させたいと思っています。娘もその気になり、昨年4月から進学塾に通い、一生懸命勉強しています。
受験に対しては夫も協力的で、来年には自営業の金融公庫のローン返済が終わり、収入も1万〜2万円増えそうだと言っています。このまま姉妹2人を私立中学に進学させても、やっていけるでしょうか。
kg家計簿

 

A.学費以外に必要になる費用も確認しておきましょう
家計簿に記載のない費目、夫管理分の収支や貯蓄も把握を

 夫の生家の家業を手伝うことで、住む場所の保証とアルバイト代を得ているのですね。家計費は、自営業の夫から毎月定額を受け取る形。夫の小遣いや車関係費は仕事経費に含む形で、家計費からは出ていないようです。
市民税や健康保険料、2人分の国民年金保険料は家計費から払っていますが、所得税が見当たりません。夫が払っているのでしょう。
借入金の返済も含め、事業収支については夫がしっかり管理しているのは心強いことです。
収入の伸びが期待できることもあり、なんとかお子さん2人を私立中に進学させたい、とお考えなのですね。気になるのは、中長期の家庭経営計画を夫婦で話し合っているかどうか。
困るのは、経済的理由で転校せざるをえなかったり、次女の私立進学を諦めさせたりするような事態になること。そうならないように、夫婦でしっかりスクラムを組んで対処しましょう。
現在の塾代を中学の学費にスライドする見通しのようですが、学費以外の費用についても早急に調べてくださいね。
夫の貯蓄がどの程度使えるか、いざというときに実家の援助を仰げるか、など、あなたが管理するお金以外も承知しておきましょう。
毎月、一定額を貯蓄に回し、保険にもしっかり入っておられるなど、努力の跡がよく見える家計ですが、冠婚葬祭費や娯楽費などはどのように都合しているのか不明。夫管理分も含め、家計状況を明確にした上で、教育プランを立てるべきです。

「家計簿クリニック」で、家計の悩みを解決してみませんか?
あなたの悩みを、高橋伸子さんがズバッと解決! 採用者には3000円分のQUOカードを進呈します。
※応募方法
1カ月の収支・家計状況(保険・ローン等は詳しく)と質問、相談内容を記入の上、郵送で応募を。もしくは下記の応募フォームから。確認のため電話番号も必ず明記してください。
※応募先
〒892-8515(住所不要)南日本リビング新聞社 編集部 「家計簿」係
メール= toukou@m-l.co.jp  件名に「家計簿」係と書いてお問い合わせはこちら

 

高橋伸子
生活経済ジャーナリスト。新聞、雑誌、テレビやWebでも活躍

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. かごしまトップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. Q.子ども2人を私立中学に進学させても大丈夫?
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更