1. かごしまトップ
  2. 編集部室

ファミリーにオススメのミニバン3車種

2017/11/22

編集部室

みなさんこんちわ、編集部おおさこです。
以前、ウチのクルマを買い替えるまでの険しい(?)道のりをご紹介しました。こちら

今回は、その中で試乗してきたミニバンの中で個人的にお勧めしたい3車種をご紹介します。
※あくまでも個人的な意見であり、紹介する順番は「順位」ではありませんのであしからず。
※紹介している装備は、標準装備ってわけではありません。各ディーラーに聞いてみてくださいね。

セレナ(日産)
1991年に登場、昨年8月から5代目が販売されている日産のセレナです。
車名の由来はスペイン語で「晴々とした」「穏やかな」という意味があるんですって。

~おすすめポイント~
進化したスライドドア「ハンズフリーオートスライドドア」
キーをバッグやポケットに入れたまま、スライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープン・クローズするので、子供を抱っこしたままでも両手に荷物をもっていても、とっても便利。
男の子はこういうのたまらんのでしょう。5歳の息子が勝手に開くドアを見て狂喜乱舞してました。
★キャップレス給油口
5代目から標準装備されているこの装備。給油口にキャップがないんです!セルフ給油の時も手を汚さずに給油が可能になったうえに、キャップの閉め忘れなんてこともありません。

ヴォクシー(トヨタ)
2001年登場。2014年から販売されている現行モデルは3代目。
スタイリッシュ&スポーティな外観が、世のお父ちゃん達に人気なんだとか。
今のCMには俳優の柳楽優弥さん、以前は反町隆史さんが出演してましたね。

~おすすめポイント~
★車庫入れ操作を簡単に。「インテリジェントパーキングアシスト」
コイツはすごいですよ!シフトを「R」に入れると駐車枠をクルマが認識してくれて、OKボタンをタッチすると自動でステアリング操作をしてくれるんです。ドライバーはブレーキで速度調整して、周囲の安全確認するだけ。車庫入れマジ無理って方に一押しの機能です。(これもウチの息子が大興奮でした。)

フリード+(ホンダ)
フリードは2008年にホンダから発売されたコンパクトミニバンで、昨年9月から2代目となる現行モデルが販売されています。「フリード+」はその中の2列シートタイプのモデル。
先の2車種のようなミドルタイプミニバンでは大きすぎる!という人たちをターゲットに開発されたクルマだそうな。前にCMに出てたあの人はどうしてんのかな~

~おすすめポイント~
★背の高い荷物も楽に乗せられる!「超低床フロア」
荷室の開口部の高さがわずか30センチ!自転車載せたりするときホントに楽々。さらに荷室を上下に分けられる「ユーティリティボード」ってのがついていて、広いスペースをさらに有効活用できます。

いかがでしょうか。今のクルマって便利な機能が満載なんですね。乗ってみてスゴさがわかる装備もあるので、買い替えの時は試乗してみるのが一番だと思いました。

あと、サムネがミニバンじゃなくてすいませんでした!

| コメント (0)

10月5日オープン!白金酒造の「石蔵ミュージアム」へ行ってきました

2017/11/11

編集部室

編集部せとぐちです。
先日、取材で姶良市にある白金酒造に10月5日オープンした体験型施設「石蔵ミュージアム」へ行ってきました。

kgishigura1

創業明治2年。
国の登録有形文化財にも指定されている石蔵は、
なんとも風情がありますね。

まずは、2階のミュージアムへ。

映像や模型でこだわりの焼酎づくりや歴史を学べるほか、身近な飲み物で実験できる蒸留体験や焼酎瓶に使われるガラスを使ったステンドグラス作り焼酎オリジナルラベル作りなど、親子で楽しめますよ。

そして、1階は焼酎づくりの作業を間近で見られる見学工場。

kgishigura3

昔ながらの手づくりを貫き、職人技はもちろん、香りや温度、空気もじかに感じられます。

蔵を出ると、「だれやめ」コーナー

kgishigura4

黒じょかで燗付けした芋焼酎がいただけます~

隣は大充実の売店です。

kgishigura5

焼酎だけでなく、オリジナルグッズや多彩な食品がずらりと300点以上!
お土産はもちろん、普段使いにも楽しい食のセレクトショップ。魅力いっぱいの石蔵でした!

明治維新150周年に向け、注目が集まる
偉人 西郷隆盛とも縁の深い焼酎蔵です。
詳しくは、ぜひ石蔵ミュージアムで確かめて!

■今週配布の「リビングかごしま」11/11号『リビングインタビュー』にも記事掲載!
こちらでチェック!

【石蔵ミュージアム】
住所:鹿児島県姶良市脇元1933
TEL: 0995-67-1496
http://ishigura-m.jp/
※石蔵ミュージアムは、JR重富駅から徒歩で約2分と好アクセス。JR利用で、おいしい焼酎を楽しんで。

| コメント (0)

11/5(日)に日置市の江口浜でイベント開催!

2017/11/2

編集部室

日置市の江口浜でキャンドルアトリエを営む「MOUNTAIN HIGH CANDLE」から、
11/5開催【第4回 afterglow(アフターグロー)】のお知らせが届きました!

江口浜のナイスロケーションにグッドミュージック、おいしい飲食店、ヨガ、ワークショップ、読み聞かせなど、盛りだくさんのイベントです。

afterglows

海に沈んでいく夕日を眺めながら、心地よい音楽や食事を楽しむひとときは格別!
週末はいいお天気になりそう〜出かけてみて。

【afterglow ~feeling your sea side story~】
日時:11/5(日)※雨天決行
open 12:00 start 14:00 close 20:00
会場:atelier MOUNTAIN HIGH CANDLE/Cafe aka’aka
住所:鹿児島県日置市東市来町伊作田6640-2
参加費:2,000円、中学生以下無料
問い合わせ:MOUNTAIN HIGH CANDLE
Tel:090-7441-5613(担当:山田さん)
住所:鹿児島県日置市東市来町伊作田6640-2
http://mountainhighcandle.com

| コメント (0)

10/28から書店やコンビニで販売!「幸せな家づくり」2017 秋冬号

2017/10/26

編集部室

 

編集部のきたやまです。
本日、編集部に完成品が届きました!

〜女性のためのマイホーム購入読本〜
「幸せな家づくり」2017 Autumn・Winter
編集・発行/南日本リビング新聞社 定価300円(税込)

今回の巻頭特集は「家族がつむぐ〝手作り〟の住まい」です。
自分たちらしく、手作りで心地よい暮らしを楽しんでいるご家族を紹介しています。
絶妙な工夫とこだわり満載の写真が、何とも素敵でほほ笑ましくて、
不器用な私でも〝ちょっと何か作ってみたいな〜〟と思ってしまいます。
ホームセンターで木材とか物色しちゃいそう…(笑)。

今週末の10/28(土)から書店やコンビニで販売されますよ〜チェックしてみて!

| コメント (0)

秋冬限定のお茶&お菓子「ルピシア鹿児島ショップ」

2017/10/19

編集部室

編集部どうちです。
世間はもうすぐハロウィーンですね!
今日は、世界のお茶専門店ルピシアさんから、
すてきな贈り物をいただきました。

ジャーーン!!

kghalloween

秋冬限定のお茶&お菓子たち。パッケージもかわいい~~!!
右から、ほっこり甘いルイボス茶の「いもくりかぼ茶」ティーバッグ、焼き菓子の詰め合わせ「ハロウィーンクッキー」。
手前2つは、砂糖漬けのお菓子「クラックラン メープルシナモン」「クラックラン ハニ-ジンジャー」です。

ちょっぴり肌寒くなったこの時季、
ほっと一息ティータイムを楽しんだり、
みんなでハロウィーン・ティーパーティーもいいですね!
編集部みんなでおいしくいただきました。
ありがとうございます。
みなさんもぜひ味わって!

「世界のお茶専門店 ルピシア鹿児島ショップ」
鹿児島県鹿児島市東千石町2−8
営業時間:11時〜19時
TEL:099-239-2400
(10月は無休で営業)

| コメント (0)

秋のおすすめスイーツ!梅月堂の「湯之元せんべいアイスクリーム」

2017/10/13

編集部室


「湯之元せんべいアイスクリーム」は濃厚なアイスクリームと、せんべい生地に載っけるあの山椒の葉のマリアージュが楽しめる大人のアイスクリームです。

1個216円。日置市の梅月堂本店でイートインできます。パラゴンの豆で淹れたホットコーヒーと一緒にどうぞ。(by 副編うえの)

「湯之元せんべい梅月堂」
鹿児島県日置市東市来町湯田3320
TEL:099-274-2421

| コメント (0)

セダン派の人間がミニバンを買おうとしたら。

2017/10/11

編集部室

クルマを買い替えてみた

編集部おおさこです。
結婚以来、軽自動車に乗っていたのですが、2人の子どもも大きくなってきてちょっとキツイよねってことで、今年に入ってクルマを買い替えました。
今回はニューマイカーを決めるまでの軌跡を追ってみました。
kg083935s

いきなりもめる

車種を選ぶにあたって、普通車にしようねってのは私と嫁さんの共通の見解だったのですが、そこから先の意見が割れてしまいました。
私→元々セダン派。コンパクトカーはせまいからヤダ。軽と変わらん。やっぱセダンがいい!
嫁→運転ニガテ、大きいのはヤダ。(価格が)高いし。コンパクトカーでいい。

やばい、このままでは押し切られてしまう。某クルマ屋の友人Mに相談。
そしたら、、、「ミニバンにすれば?ファミリーに人気あるよ。」

★なぜミニバンがファミリーカーとして人気なのか?
まさかコイツの口からミニバンという言葉がでてくるとは、、、お前もセダン派のくせに、、、セダン押してくれると思ってたのに、、、この裏切者め!ミニバン押ししてくる理由を教えろ!
返ってきたが答えがこちら。

  1. ソコソコ運転しやすい
    全高が高くて視界が広く、周囲が見渡しやすいから、大きい車の運転はニガテ・・・という人でも意外と運転しやすい。
  2. 広い(広くなる)室内空間&荷室
    天井が高く室内が広い!=子どもを抱っこしてても乗り降りが楽。
    シートアレンジで荷室を広げられ、子どものスポーツ大会やアウトドアなど、人も荷物もたくさん載せたいって時に便利。
  3. スライドドアで乗り降り楽々!
    現在のミニバンのほとんどが後部座席にスライドドアを採用してる。開口部が大きくて、スクエアな形になるので、子供やお年寄りも乗り降りが楽で、チャイルドシートの着脱なんかもしやすくなっている。さらに「ドアパン(駐車場で隣のクルマや壁に自車のドアをぶつけてしまうこと)」する心配がない。

う~む、なるほど。そうかもしれん。子どもを乗せることなんざ夫婦して忘れてたぜ!
あっさり専門家の意見を取り入れて、ミニバン中心で見に行ってみることに。

見学&試乗を重ねて

Mのところ含め3社で計7台、見に行ってきました。
そして選んだのは・・・日産の「ラフェスタ・ハイウェイスター」っていう。低天井型のミニバンでした。
結局、最終的には予算内で収まって、見た目が気に入って、スライドドアで荷室が広いコイツにしてしまいました。
知らない人は調べてみてください。ああ~!って思うから。
みなさんは妥協せずに、納得の一台に巡り合ってくださいね。

次回はオススメのミニバンを紹介します。お楽しみに!

| コメント (0)

ほっこりする味わい。菓心 徳丸屋の「かりんとう饅頭」

2017/9/22

編集部室


秋のおやつにおすすめの一品をご紹介!
さつま町虎居町にある菓心 徳丸屋の「かりんとう饅頭」は、
ほどよい甘さのこし餡が上品な味わいで、
それを包む皮のカリカリ食感が楽しい和生菓子。

揚げたてがおいしいのはもちろんですが、
オーブントースターで温め直すと、カリカリ感が戻るそう。
というか、温める前に2個ぐらいぺろっと食べられるので、
温め直したためしがありません(笑)。(by 副編うえの)

「菓心 徳丸屋」
鹿児島県薩摩郡さつま町虎居町13−8
TEL:0996-53-0101

| コメント (0)

期待のラーメン新店、名山町で発見!

2017/9/15

編集部室

おはようございます。編集部おおさこです。
40過ぎるとあっさりラーメンが恋しい

と言うラーメン好きの営業担当Sに連れられて、鹿児島市名山町にオープンした「チュウカソバキミイロ」さんへ行ってきました。

場所は名山町の産業会館近く。
DSC_0207

この写真だけで場所がわかったあなた。名山マニアです。

お昼時ということもあってか、店舗前には行列が。。。10分ほど待って席に着くことができました。
店内はカウンターのみ7席ほど。
「これでだめなら申し訳ない(中華そば)」730円→ほんとにこんなネーミングです。
好きな量をよそえる「実家精米ライス」120円をオーダー。
鹿児島では珍しい本格的な醤油ラーメン。具はナルト・メンマ・チャーシューにこれまた鹿児島では珍しい生玉ねぎ。

DSC_0205

あっさり味でスープまで全部美味しくいただけました。
グルメリポーターみたいな洒落たコメントはできません。ウマいです。僕は好きです。
見た目通りのザ・中華そば。御馳走様でした。

「チュウカソバキミイロ」
鹿児島市名山町8ー6
http://cavck.crayonsite.com/

| コメント (0)

「黒の日」に絶品、薩摩黒膳弁当!

2017/9/6

編集部室

こんにちは! 編集長の内村です。

「黒豚」「黒毛和牛」「黒さつま鶏」「薩摩黒鴨」「黒酢」「黒糖」「黒米」…。鹿児島って黒の付いた食材が本当に多いですよね。

9月6日は「黒の日」。鹿児島では黒グルメを味わえるイベントがあちこちで開催されますが、鹿児島大学で開催されたのは市民講座「鹿児島の黒食材を食べて健康になる『黒膳』」。私も早速出掛けてきました!

薩摩黒膳弁当ってポリフェノールが2倍以上!

これが今人気の「薩摩黒膳弁当」。見た目は結構カラフルですが、名前の通り、黒食材尽くしなんです。

 

今日はこのお弁当をいただく前に、市民講座で黒膳の研究をされている先生方から、鹿児島の黒の食材がなぜいいのか、例えば、「黒食材にはポリフェノールなどの高機能性成分がたっぷり入っている」といったお話をうかがったので、「一般的なお弁当に比べてポリフェノールが2.5倍なんですよ」と聞くだけで、「うわあ、若返り成分がいっぱい!」と納得。食べると同時になんだか心も体も元気になっていく感じでした。

ちなみに、この「薩摩黒膳弁当」、鹿児島中央駅のみやげ横丁で980円で販売されています。ヘルシー弁当だと少し物足りないのかな、と思いきや、一つひとつの食材がしっかり自己主張してくれるので、食べ応えも、満腹感も十分。

まだ食べたことがない方は、ぜひ一度味わってみて!

 

| コメント (0)

プロフィール

  • 編集部室

    編集部室

    「リビングかごしま・きりしま・おおすみ」をつくっている編集部スタッフが、紙面に載せられなかったこぼれ話や取材で見つけたとっておき情報などをお届けします!各自の趣味趣向により、何がアップされるかはお楽しみに。

最新記事

2017年11月
MTWTFSS
« Oct  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
  1. かごしまトップ
  2. 編集部室
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更