1. かごしまトップ
  2. 編集部室
  3. 鹿児島の夏を彩る「おぎおんさぁ」は7月22日・23日。舞台は天文館!

プロフィール

  • 編集部室

    編集部室

    「リビングかごしま・きりしま・おおすみ」をつくっている編集部スタッフが、紙面に載せられなかったこぼれ話や取材で見つけたとっておき情報などをお届けします!各自の趣味趣向により、何がアップされるかはお楽しみに。

最新記事

2017年7月
MTWTFSS
   
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

鹿児島の夏を彩る「おぎおんさぁ」は7月22日・23日。舞台は天文館!

2017/7/10

編集部室
編集部室

蒸し暑い日が続いてますが、みなさん体調崩してませんか〜編集部の北山です!
先週から、天文館には「おぎおんさぁ」ののぼりや提灯が飾られ、おはやしの音色も流れています。山形屋近くと納屋通りには豪華な神輿も飾られています。
ogion_1558

ogion_1559
今年の「おぎおんさぁ」は7月22日に宵祭(前夜祭)、23日に本祭を開催。
本祭のいちばんの見どころは、総勢3000人もの人々で繰り広げられる「ご神幸行列」。11時30分〜15時30分は高見馬場から朝日通りまでが歩行者天国になり、古式ゆかしい行列や躍動感溢れる10基の神輿で天文館は興奮のるつぼに!

県外の方には、「ソイヤ、ソイヤ!」の威勢のいいかけ声と担ぎ手の熱い姿をみていただきたい!! 実は、リビングかごしま編集部にも〝お祭り部長〟がおりまして、来る本番に向け夜も大忙しの様子^0^。部長は10基の神輿のうちの「六番神輿葵連」を担当しています。六番神輿は女性が担ぎ手の神輿。男性の担ぎ手とは異なる華麗な粋は必見ですよ。

「おぎおんさぁ」の詳細は下記をチェックしてね!
OGIONSAA KAGOSHIMA SUMMER FESTIVAL 2017

編集部室
編集部室

「リビングかごしま・きりしま・おおすみ」をつくっている編集部スタッフが、紙面に載せられなかったこぼれ話や取材で見つけたとっておき情報などをお届けします!各自の趣味趣向により、何がアップされるかはお楽しみに。



  1. かごしまトップ
  2. 編集部室
  3. 鹿児島の夏を彩る「おぎおんさぁ」は7月22日・23日。舞台は天文館!
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更