1. かごしまトップ
  2. 理学療法士の今週のストレッチ

プロフィール

  • 野田 卓也

    野田 卓也

    病院勤務の理学療法士として高齢者を対象にしたリハビリテーション業務に従事。その他、All About理学療法士試験ガイド、鹿児島観光ライターとして記事を執筆。最近では、地域情報ページ「鹿児島よかもん再発見」も手掛ける。著書に【実はすごい!!「療法士」の仕事】出版:BABジャパン(POST編集部として共著)

最新記事

2017年7月
MTWTFSS
« Jun  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

タオルを使ってスマホで疲れた首のインナーマッスルをリセット!

2017/7/17

野田 卓也

今週も筋肉に柔軟性やリラクゼーション効果を与える「静的ストレッチ」をご紹介します。

目の動きにも使われる首の深層筋もしっかりと

スマートフォンを使う、パソコンを使う、読書をする。こういった時には当然ですが、目も酷使してしまいます。実は首には目の動きと連動して無意識に反射的に収縮する「後頭下筋群」というものがあります。

この筋肉は、首の後ろの深層にある筋肉で首のインナーマッスルにあたります。

ホントなの?と気になる方は、耳穴~耳たぶぐらいの高さの後頭部付近(首筋)に両手で優しく触れ、眼球を左右に動かすと首の深部で動いている筋肉を感じることができますので、試してみてくださいね。

この「後頭下筋群」は、眼球を動かす際、首の安定性を高めるなどの働きをしてくれるのですが、その働きから疲労しやすく、目の疲れ、首の疲れだけでなく、頭痛を引き起こすこともあります。

そこで今回は、首と連動したこの「後頭下筋群」を癒すストレッチをタオルを使ってお伝えしてきますね。

1.椅子に座り背筋を伸ばします。タオルの両端を握り、首筋にタオルをあてがい首をゆっくり後方へ傾けます。

タオルを握った両手は写真ぐらいの位置から青い矢印の方向に頭を持ち上げるように力を入れます(1セット30秒間)

正面から見るとこのような感じです。ゆっくりと痛みのない範囲で行い、首の根本付近が伸びるのを感じてください。

・ポイント1

タオルはあまり細くせず、二つ折り、もしくは四つ折りぐらいが望ましいです。

・ポイント2

筋肉を伸ばす効果的なストレッチは「30秒~60秒」がよいとされています。短時間かつ痛みを伴うストレッチはリラクゼーションの観点から適しませんのでご注意ください。

・ポイント3

できれば伸ばすときは息を吐くのが望ましいですが、30秒は苦しいと思いますので、ストレッチを行っている最中はゆっくりと呼吸しましょう。

 

●撮影協力
理学療法士・ヨガインストラクター 木之下 正さん

| コメント (0)

スマホでうつむく動作は首に負担も…首のうしろの短時間ストレッチを!

2017/7/10

野田 卓也

今週も筋肉に柔軟性やリラクゼーション効果を与える「静的ストレッチ」をご紹介します。

うつむき加減になるスマホ使用時の姿勢

スマートフォンといえば、日常的にうつむき加減で使っている人も多いはずです。人の頭は成人で体重の約8~13%と言われていますので、50kgの方だと4kg~6.5kgとなります。

こんなに重いものをずっと前に傾けさせていたら、首の後ろの筋肉はずっと頑張らないといけなくなってしまいます。そこで今回は日頃頑張っている首のうしろの筋肉を癒すストレッチをご紹介します。

1.椅子に座り背筋を伸ばします。両手で後頭部の上部付近を支え、頭をゆっくり前に傾け、伸ばしていきます。(1セット30秒間)

この時、首はあまり傾けず、頭だけを傾けるようにしましょう。首のうしろ、耳の位置ぐらいの高さの場所が伸びているのをじっくり感じてください。

2.次に1.と同じ要領で、今度は頭ではなく首を傾けます。(1セット30秒間)

この時もゆっくりと痛みのない範囲で行い、首の根本付近が伸びるのを感じてください。

・ポイント1

頭を傾けるのと首を傾けるのでは、伸びる位置が変わってきます。

・ポイント2

筋肉を伸ばす効果的なストレッチは「30秒~60秒」がよいとされています。短時間かつ痛みを伴うストレッチはリラクゼーションの観点から適しませんのでご注意ください。

・ポイント3

できれば伸ばすときは息を吐くのが望ましいですが、30秒は苦しいと思いますので、ストレッチを行っている最中はゆっくりと呼吸しましょう。

 

●撮影協力
理学療法士・ヨガインストラクター 木之下 正さん

| コメント (0)

スマホ生活で疲れた首のリラックス

2017/6/19

野田 卓也

ストレッチには、筋肉に力を発揮させるための動的ストレッチと、筋肉に柔軟性やリラクゼーション効果を与える静的ストレッチがあるのをご存知でしょうか?

このコーナーでは、日々の生活やストレスによって疲れた身体を癒す「静的ストレッチ」をご紹介します。

デスクワークの合間に

スマートフォンの普及とともに首まわりの不調を訴える人が多くなりましたね。スマートフォンを見る姿勢は、うつむき加減となり、首まわりの筋肉に過剰な負担をかけています。この負担がかかっている筋肉を、ゆっくり伸ばしていきましょう。

1.椅子に座り背筋を伸ばします。伸ばす側の反対の手で首をゆっくり真横に傾け、伸ばしていきます。(左右1セット30秒間)

2.伸ばす側の腕は、青矢印の方向に腕を下げる動作を加えるとより効果的です。(左右1セット30秒間)

3.頭をやや斜め前方に傾けて、ゆっくり伸ばします。(左右1セット30秒間)

4.真横に伸ばすときと同じく、伸ばす側の腕を青矢印の方向に腕を下げる動作を加えると、より効果的です。(左右1セット30秒間)

・ポイント1

真横とななめ前方で、伸びる場所が変わりますので、その違いを感じながら心地の良い範囲で行いましょう。

・ポイント2

筋肉を伸ばす効果的なストレッチは「30秒~60秒」がよいとされています。短時間かつ痛みを伴うストレッチはリラクゼーションの観点から適しませんのでご注意ください。

 

●撮影協力
理学療法士・ヨガインストラクター 木之下 正さん

| コメント (0)

  • 1
  1. かごしまトップ
  2. 理学療法士の今週のストレッチ
電子ブックを読む
現在かごしまエリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更