1. トップ
  2. リビングメイト
  3. ずぼら主婦のライフメモ
  4. 趣味・特技
  5. しめ飾りの処分の仕方

リビングメイト

ずぼら主婦のライフメモ

美波

兵庫

IT企業で働くワーキングママ。面倒くさがり屋だけどキレイ好き。時短術や便利グッズを活用して快適な生活を目指しています。休日は小5・小3の娘たちとイベントやレジャーを楽しんでいます。

ずぼら主婦のライフメモ

しめ飾りの処分の仕方

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日、初詣に行き、ひいたおみくじは「半吉」という微妙な結果でした。。

今年のお正月は例年になく、お正月らしくのんびり過ごしています。はじめてのおせち作ったり(毎年帰省していたため作る機会がなかったんです。)、子どもたちと参加したイベントで、しめ飾りを藁を編むところから手作りしたりしました。

せっかくの手作りのしめ飾りですが、あと数日で外さなければなりません。

Image16-1
※こちらはイメージ画像です

しめ縄を外す日はいつ?

お正月飾りは「松の内」まで飾ると言われます。

「松の内」とは正月の松飾り(門松)を飾っておく期間で、松の内の終わりは地域によって異なり、大まかには、関東では1月7日まで、関西では1月15日までのことが多いと言われています。

私は関西在住ですが、毎年7日の早朝まで飾っています。

しめ縄の処分の仕方

小正月(1月15日)に行われる「どんど焼き」で焚き上げるのが一般的。正月にお家に来ていただいていた神様に焚き上げた煙と共に天に帰ってもらう意味があるそうです。

私も近所の神社で行われる「どんと焼き」にて焼き納めています。

Image16-2

どんと焼きをやってない時期でも神社に行けば預かっていただけるので、都合がつかない時は近くの日程で納めに行っています。

場所の確保や環境問題で「どんど焼き」を行うところが少なくなっているとか。また、お正月飾り処分用の回収BOXが用意される自治体などもあるそうです。

「ゴミ」として処分するのは気が引けますが、お塩をまぶしてから新聞紙などでくるんで、燃えるゴミの日に出しても大丈夫。

縁起物の取り扱いって、毎回悩みます。それぞれの状況に合った方法を選んで、気持ちのいい1年のスタートを切れたらいいですね。

Commentコメントを投稿する

コメント

コメントは承認制です。

名前

  1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 趣味・特技
  4. しめ飾りの処分の仕方
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更