1. トップ
  2. リビングメイト
  3. ずぼら主婦のライフメモ
  4. 趣味・特技
  5. メタボより怖いロコモ!?40代からの予防対策

リビングメイト

ずぼら主婦のライフメモ

美波

兵庫

IT企業で働くワーキングママ。面倒くさがり屋だけどキレイ好き。時短術や便利グッズを活用して快適な生活を目指しています。休日は小5・小3の娘たちとイベントやレジャーを楽しんでいます。

ずぼら主婦のライフメモ

メタボより怖いロコモ!?40代からの予防対策

「ロコモ」ってご存知ですか?私は日本健康マスター検定の勉強をするまで知りませんでした。

ロコモとは?

「ロコモ」と「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の略で、骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えて「立つ」「歩く」といった動作が困難になり、寝たきりや要介護になるリスクの高い状態のことをいいます。

Image20-2

メタボより怖い?

寝たきり、介護という言葉を聞いても、ピンとこない人も多いかもしれませんが、ロコモになる可能性は40代から急速に高くなってきます。

現代人は、移動は車、エレベータ、エスカレータを使う、買い物の時もカートを使うなど、便利で楽な生活を送っているため、運動不足になりがちです。

特に女性は男性に比べて筋力が弱く、運動不足の影響も受けやすいので、40代から予防対策を意識したいですね。

メタボは見た目にわかりやすいですが、ロコモは骨や筋肉といった皮膚の内側で起こる変化が原因となってくるので見た目にも気づきにくく、自分は大丈夫と安心していると、知らず知らずのうちに進行し、自分が思っている以上に足腰が衰えているなんてことになりかねません。

Image20-3

7つのサインでロコチェック

自分がロコモかどうか「ロコチェック」を使って簡単に確かめることができます。

<7つのチェック項目>
1.片脚立ちで、靴下がはけない
2.家の中でつまずいたり、滑ったりする
3.階段を上がるのに、手すりが必要である
4.やや重い家事(掃除機かけや布団の上げ下ろしなど)が困難である
5.2㎏程度(1L牛乳パック2本分)の買い物袋を持ち帰るのが困難である
6.15 分くらい続けて歩けない
7.横断歩道を青信号で渡りきれない

日本健康マイスター検定 公式テキストより

いかがでしたか?7つのチェック項目のうち1つでも当てはまる場合はロコモの心配があります。

私はかろうじて大丈夫でした。でも油断は禁物です。ロコモ対策を意識して過ごしたいと思います。

日本健康マスター検定の試験まであとわずか。なのに、全然勉強時間が取れなくて焦ってます。。。

■日本健康マスター検定
https://kenken.or.jp/

Commentコメントを投稿する

コメント

コメントは承認制です。

名前

  1. トップ
  2. リビングメイト
  3. 趣味・特技
  4. メタボより怖いロコモ!?40代からの予防対策
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更