1. まちだ・さがみトップ
  2. 特集
  3. 私たちが輝き続ける理由~“好き”を仕事にする地元の女性たちを取材!

私たちが輝き続ける理由~“好き”を仕事にする地元の女性たちを取材!

machida_kagayaki_fb

 女性はライフスタイルが変わると仕事や夢を追い続けるのが難しいもの。
あきらめないで輝き続けるには?
就職・結婚・出産などさまざまな壁を乗り越えながら、
“好き”を仕事として続けている、地元の女性たちを取材しました。

お名前をクリックすれば、各ページにジャンプ!

b_simple_128_0M

サッカー12

「なでしこジャパン」でも平日は販売員

ま色170318002

profile 高木ひかりさん
高木選手
#19。ディフェンダー。常葉学園橘中・高、早稲田大学から昨年ノジマステラ神奈川相模原に入団。23歳。昨年、なでしこジャパンに初選出

「目標は東京オリンピック!」とほほ笑むのは、なでしこジャパン(女子サッカー日本代表)の高木ひかりさん。今春、なでしこリーグ1部に昇格した「ノジマステラ神奈川相模原」の選手です。チームを昇格へ導いたトップ選手ですが、平日午前は「デジタル家電専門店ノジマ」厚木本店に勤務しています。女子サッカーは、ほとんどがアマチュア。ステラの選手も「ノジマ」の社員として店頭に立ち、午後は練習、週末は試合という生活です。

何度も「やめよう」と
「ワールドカップ日韓大会に感動したんです」と、9歳からサッカーを始めた高木選手。U-17女子ワールドカップで準優勝も果たしながら、「この先は通用しないと思って」と、進学・就職の節目でやめようとします。「サッカーは好きだけど、自分の世界を広げたくなって…。でも、親や人事の人を説得できるほど、サッカー以外の人生をイメージできなかったんですね」と、はにかみます。無欲に結果を出し続けた結果、今がある! 納得です。

高木プレー

4月2日(日)麻溝でホーム初戦
「今季の目標は、1部リーグで上位に食らいついていくこと。“なでしこジャパン”の名に恥じないプレーをすること。そして、2020年は、東京オリンピックで新しい国立競技場に立ちたいです」(高木選手)。ホーム初戦は4月2日(日)に麻溝で迎えます。今季、そして2020年へ向かって輝き続ける高木選手から目が離せません!

一問一答は コチラ をクリック!

 

ノジマステラ神奈川相模原

2016年、なでしこ2部リーグを無敗で優勝し、創設5年で1部リーグに昇格。抜群のチームワークと一人一人が体力を惜しまない超攻撃的サッカーが魅力。高木ひかり選手の他、田中陽子選手、吉見夏稀選手など、新旧「なでしこジャパン」メンバーが所属。

ノジマ

【4月のホーム戦】
ノジマ2
◆スタジアム= 相模原ギオンスタジアム(相模原麻溝公園競技場)
◆アクセス= 原当麻駅徒歩20分、相模大野駅・古淵駅からバス
◆チケット= 前売り1500円から、当日2000円から(中学生以下は自由席無料)。
※詳細は ☎046-298-3881(ノジマステラ神奈川相模原)
b_simple_128_0M

邦楽1

結婚・出産・転勤・ソロ…
三人三様でも続く邦楽ユニット

ま色170318005

profile あさきゆめみし
右から、金子朋沐枝(ともえ)さん(尺八)、設楽聡子さん(筝・十七絃)、坪井智子さん(筝)による邦楽ユニット。東京芸大の同期でともに相模原市在住

「あさきゆめみし」は異色のプロ邦楽ユニットです。伝統的な邦楽の中に新しさを感じる不思議な音色を奏でるのは、金子朋沐枝さん、設楽聡子さん、坪井智子さん。結成から14年、ソロ活動や講師としても忙しくする中で、プライベートでは設楽さんが2人、坪井さんが4人の子どものお母さん。育児真っ最中です。

産後2カ月でステージにフル出演
それでもユニットを続けられる理由は? その答えは「できるときに、できることをやってきたから」。4児の母・坪井さんは、「夫の海外転勤で1年ほど休んだこともありましたが、産後は2カ月でステージにフル出演していました(笑)」。やめようと思ったことは一度もないそう。金子さんは、「同級生だから気も使わないし、お互いのライフスタイルを尊重しながら、3人でできることを続けてきただけです。家が近いのでパッと集まって練習できるし。でも、3人で外で食事をしたって一度しかないよね。こんな調子で、この距離感だから続けられるのかもしれない」。

9年ぶりにCD発売と大型コンサート
今年は、「あさきゆめみし」にとって挑戦の年。8月にCDを発売し、大型コンサートを開催します。CDは9年ぶり!
「邦楽を身近に感じて、“日本の楽器っていいな”と思ってもらいたいんです」と設楽さん。3人の心地よいペースで活動を続けています。

今後の目標は。「まずは、6月のCD収録と8月のコンサートを成功させること! 今回は、一日限りの大編成で“SAGAMI”を演奏します。この曲は、鵜野森の日枝神社のお祭りをイメージして作ったんですよ」(坪井さん)。3人の音楽には、地元をテーマにしたオリジナル曲も登場します。伝統を守りつつ、新しい邦楽の可能性を求める異色の3人。今後の活動に注目です。

一問一答は コチラ をクリック!

 

あさきゆめみし 3rdCD発売記念コンサート

CD
◆日時= 8/27(日)13: 30開演
◆会場= 杜のホールはしもと(橋本駅北口ミウィ橋本7階)
◆チケット= 前売り3000円 ※未就学児入場不可
・・チケットMove・チケットぴあで発売中
◆3rd CD「風韻」8/27(日)発売
http://asakiyumemishi.sakura.ne.jp/

b_simple_128_0M

あかつき1

「あかつき」起死回生の立役者
子どもを寝かしつけてから軌道計算

ま色170318007

profile 廣瀬史子(ちかこ)さん
金星探査機「あかつき」の軌道計算チームの担当者。「あかつき」の金星周回軌道投入失敗後に困難な軌道計算を繰り返し、奇跡の再挑戦成功に貢献した。2013年に出産

始まりは2010年12月。金星探査機「あかつき」が金星周回軌道投入に失敗したときでした。再挑戦の成功例はない。金星に落下せず、太陽の熱に耐えられる新たな投入軌道も見つからない。そんなとき、困難な軌道探しを始めた女性が。廣瀬史子さん、相模原キャンパスに異動したばかりの若手研究員でした。

「2年半、寝ても覚めても軌道計算をしていました」と話す廣瀬さんは、翌2011年に結婚、2013年に妊娠。「産休までに“最低限の軌道”を見つけることができて。でも、2015年12月に再挑戦という待ったなしの目標があったから」と育休を切り上げて復帰。子どもを寝かしつけてから、軌道計算をしていました。

迎えた本番。廣瀬さんたち軌道計算チームが導き出した軌道で、ついに再挑戦に成功。さらにその後の軌道修正で、観測予定期間を倍以上に延長できたのです。「軌道は自然にずれるので、軌道の計算と修正は“あかつき”運用終了まで続けます」。

宇宙飛行士になりたくて
「小学生のときの夢は宇宙飛行士でした。でも、身長制限が(笑)」と話す廣瀬さんは、管制室を目指しました。憧れのJAXAに入社。任された仕事は、宇宙ごみの軌道計算でしたが、「宇宙の仕事は何でも楽しかった」。「あかつき」の失敗を見て、「軌道計算ならできるかなあ」とプロジェクトでの仕事を見つけ、“管制室”の夢を実現しました。

春から娘を連れてNASAへ
廣瀬さんの夢は終わりません。「4月から1年間、アメリカのNASAに研修へ行ってきます!」。なんと、3歳の娘も一緒に。「NASAのミッションに関わり、成果を持ち帰るのが目標。将来的には、発展途上国の宇宙開発を手伝う仕事をしたいですね」

一問一答は コチラ をクリック!

 

金星探査機「あかつき」

(c)JAXAイラスト=池下章裕

日本で初めて惑星周回に成功した探査機。金星の気象衛星として、「地球の双子星」と言われながら厚い雲のベールに隠された金星の大気現象を解明することで、地球環境を解明する手がかりを得ることが目的。2010年打ち上げ、5年かけて金星周回軌道投入に成功し、現在も金星の観測を続けている。すでに「金星の大気に南北方向の動きがある」という大発見をしており、今後のさらなる観測とデータ解析が期待される。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 特集
  3. 私たちが輝き続ける理由~“好き”を仕事にする地元の女性たちを取材!


暮らしのコラム

会員登録・変更