1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, ミュージアム・スタジアム
  4. 「横尾忠則 HANGA JUNGLE」圧巻の大回顧展に5組10人を招待! 町田市立国際版画美術館

「横尾忠則 HANGA JUNGLE」圧巻の大回顧展に5組10人を招待! 町田市立国際版画美術館

新作を含む約250点展示、圧巻のHANGAジャングル
版画のイメージを越えた“超版画”を一挙公開!
5組10人に招待券をプレゼント!

町田市立国際版画美術館では、4/22(土)~6/18(日)、「横尾忠則 HANGA JUNGLE」を開催します。

町田市立国際版画美術館《ターザンがやってくる(緑)》 1974年 横尾忠則現代美術館蔵

会場の壁面は、横尾のHANGAで埋めつくされます。常に制作スタイルを変え続ける横尾のHANGAが並ぶと、そこは多種多様で複雑な生態系が形成されたHANGAのジャングルのよう。展示室は総天然色の空間に!

 

 町田市立国際版画美術館 町田市立国際版画美術館【写真上・左 】《責場C》 1969年 東京都現代美術館蔵
【写真上・右 】《風景No.13 赤猫》 1969年 個人蔵

横尾忠則は、1960年代にアンダーグラウンド演劇のポスターを、エロスと妖しさただよう総天然色のデザインで制作して以来、日本文化をリードするデザイナーとして活躍してきました。その一方で版画の制作にも積極的に取り組み、1982年に「画家宣言」を発した後もペインティングと併行して、版画の枠を超えた作品を作り続けています。

 

町田市立国際版画美術館《Blue Wonderland》1973年 町田市立国際版画美術館蔵

 

本展のキーワードは「HANGA」と「JUNGLE」。「HANGA」には、伝統的なイメージのある「版画」とは違う、「超版画」であるという意味が含まれています。「JUNGLE」は、横尾の表現の多様性とジャングルのイメージを重ね合わせ、複雑な生態系を形成する、超版画のジャングルが会場内に現れます。

 

町田市立国際版画美術館《Lisa Lyon in Izukogen, March 23, 1984 - I》1986年 横尾忠則現代美術館蔵

 

新作を含む、彼のほぼ全版画に相当する約230点と、これまでポスターと見なされてきた「版画」作品約20点を合わせ、約250点を展示。1960年代から最新作までのHANGAの全貌が明らかになる、横尾忠則大回顧展です。

 

町田市立国際版画美術館 町田市立国際版画美術館
【写真上・左 】《予兆の刻 IV》 1989年 町田市立国際版画美術館蔵
【写真上・右 】《Shanghai Hi-Yoo Koo Soo》 2010年 町田市立国際版画美術館蔵

町田市立国際版画美術館《Tadanori Yokoo》1965年 町田市立国際版画美術館蔵

 

会期中、関連イベントを多数開催。横尾忠則本人が登場するイベントも! 詳しくは下記参照。

「横尾忠則 HANGA JUNGLE」
会期:4/22(土)~6/18(日)。平日10:00~17:00、土・日曜、祝日は17:30まで(入館は閉館30分前まで)※月曜休館。ただし祝日の場合は開館、翌火曜は休館
会場:町田市立国際版画美術館(町田市原町田4-28-1。町田駅徒歩15分)
入館料:一般800円、大・高校生と65歳以上400円、中学生以下無料
★展覧会初日の4/22(土)は誰でも入場無料に!
問い合わせ:電話=042-726-2771
URL:http://hanga-museum.jp/

 

「横尾忠則 HANGA JUNGLE」の招待券を5組10人にプレゼント!

応募はコチラ

 

 

横尾忠則 HANGA JUNGLE 関連イベント

講演会
「横尾忠則と大HANGA世界」
講師は、美術批評家、多摩美術大学教授の椹木野衣さん。聴講無料ですが、観覧券は必要です。混雑時は入場制限する場合があります。
日時:4/23(日)14:00~15:30 ※開場は13:30
会場:町田市立国際版画美術館 1階講堂
定員:160人(先着順)

『出張アトリエ会議』-「お喋り」から聴こえる創作の秘密(鼎談)
出演は、美術家・横尾忠則さん、小説家の保坂和志さん、磯﨑憲一郎さん。
雑誌『文藝』(河出書房新社)に好評連載中の「アトリエ会議」。この連載では、横尾忠則、保坂和志、磯﨑憲一郎の3人が成城にある横尾のアトリエに集結し、井戸端会議のようにお喋りを繰り広げています。時に美術論に発展し、時に文学論にも発展するそのお喋りは、3人が生きる時間そのものであり、「創造」の核心を感じさせるものです。この企画は展覧会に際し、3人による鼎談がアトリエを飛び出して町田市立国際版画美術館にやってくる出張版です。画家と小説家による”お喋り”を通して、彼らの創作の秘密をお届けします。聴講無料ですが、当日有効の観覧券は必要です
日時:4/30(日)14:30~16:00 ※開場は14:00
会場:町田市立国際版画美術館 1階講堂
対象・定員:中学生以上、160人(要申し込み)
申し込み方法:4/17(月)19:00までに、町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)へ電話で、または町田市イベント申込システム「イベシス」へ。1回で2人まで申し込めます。
当日の入場方法:当日12:00から美術館1階の講堂前で受け付けを開始し、イベント予約者に整理券を配布します。座席は自由席で、開場時間に整理番号順に入場できます。

横尾忠則×大和悠河 対談
出演は、美術家・横尾忠則さん、女優、歌手・元宝塚歌劇団宙組トップスターの大和悠河さん。
横尾忠則さんと交流のある大和悠河さんが来場します。横尾さんは宝塚ファンとしても知られ、自身の作品で描き、さらに宝塚の公演ポスターも手がけてきました。対談では展覧会をはじめ、横尾作品の魅力、宝塚の魅力など楽しい話を聞かせてくれます。聴講無料ですが、当日有効の観覧券は必要です
■日時:5/14(日)14:00~15:30 ※開場は13:30
■会場:町田市立国際版画美術館 1階講堂
■定員:中学生以上、160人(要申し込み)
■申し込み方法:5/2(火)12:00から8日(月)19:00までに、町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)へ電話で、または町田市イベント申込システム「イベシス」へ。1回で2人まで申し込めます。
当日の入場方法:当日10:30から美術館1階の講堂前で受け付けを開始し、イベント予約者に整理券を配布します。座席は自由席で、開場時間に整理番号順に入場できます。

横尾忠則×蜷川実花 対談
出演は、美術家・横尾忠則さん、写真家、映画監督の蜷川実花さん。
写真家で映画監督としても活躍する蜷川実花さんが来場します。蜷川さんは幼少期から横尾の作品に触れ、その創作に魅了されてきました。対談では本展覧会をはじめ、蜷川さんからみた横尾作品の魅力、それぞれの創作のあり方などを語ります。聴講無料ですが、当日有効の観覧券は必要です
日時:5/25(木)14:00~15:30 ※開場は13:30
会場:町田市立国際版画美術館 1階講堂
定員:中学生以上、160人(要申し込み)
申し込み方法:5/10(水)12:00から16日(火)19:00までに、町田市イベントダイヤル(電話=042-724-5656)へ電話で、または町田市イベント申込システム「イベシス」へ。1回で2人まで申し込めます。
当日の入場方法:当日12:00から美術館1階の講堂前で受け付けを開始し、イベント予約者に整理券を配布します。座席は自由席で、開場時間に整理番号順に入場できます。

館長によるスペシャルトーク
観覧券を用意して、2階企画展示室入口に集合してください。
日時:6/10(土)14:00から ※45分程度

学芸員によるギャラリートーク
観覧券を用意して、2階企画展示室入口に集合してください。
日時:4/29(土・祝)、5/13(土)・20(土)・27(土)各日14:00から ※45分程度

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, ミュージアム・スタジアム
  4. 「横尾忠則 HANGA JUNGLE」圧巻の大回顧展に5組10人を招待! 町田市立国際版画美術館


会員登録・変更