1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. アウトドア・スポーツ, 公園・動物園
  4. 「O・S・A・N・P・O 相原町へ」 花のやまフィールドアーチェリー編

「O・S・A・N・P・O 相原町へ」 花のやまフィールドアーチェリー編

山の中でフィールドアーチェリーを初体験!
自然の中を巡りながら矢を放つのは気持ちいい

運動神経には自信がないけれど、一度はロビンフッド気分を体験したいと、ちょっとドキドキしながら花のやまフィールドアーチェリーへ。編集部2人で体験しました。

※フィールドアーチェリーは、山の中の各所にある的に向かって矢を射ながら点数を付け、ゴルフのように巡っていきます

mac_hatasan1時間ほどの講習で形がさまになってきた感じ

迎えてくれたのは、優しい笑顔のマネージャー・青木学さん。お父様の後を引き継ぎ、奥さまと2人で、広い山のアーチェリー場を管理・運営しています。

mac_aokisann「的は畳でできているのですが、痛んだものの交換や通路の管理などが大変なんですよ」と青木さん

「初めてでも基本の射法を覚えれば大丈夫ですよ。覚えてしまえば、後は自分のペースでコースを回ってもらえればいいから。子どもさんからお年寄りまで楽しめるスポーツですよ。自然の山の中なので空気もおいしいし」。ホッ緊張がほぐれた。

まずは道具を選んでもらいました

mac_dougu

身長やレベルなどによって選ぶ弓もちがってくるそう。矢の長さもちがうとか。
「初めての人は軽くて弓の張り具合が弱いものを、レベルが上になるほど遠距離から射るので張りが強いものになるんですよ」。初めて持った弓…これで軽いほうなんだ。

用具一式=チェストガード(胸当て。写真左前)、弓を弾く3本指の保護のためのタブ(写真前真ん中)、アームガード(写真前右)、ボウ(弓・写真後)、矢

初心者練習場へ移動して射法のレクチャー

mac_syahou1

構え方は、足を肩幅に開いて的に対して真横を向いて。顔は的を見る。「首をななめに」  ん?ロボっトのようになっちゃう

「弓を持つ手はまっすぐ伸ばして。弓を引く手は肩より上に上げてね」

mac_syohou3

「弦は3本の指を使ってもちますよ。人差し指はくちびるにかけて。親指は右あごの下の当たりにもっていってね。ひじが下がってますよ」 あれっなかなかむつかしいな

形がきれいにできるまで丁寧に教えてくれます。

「それでは矢を的に当ててみましょう」 いよいよだ! 当たるかな?

mac_syhou4

「ミセスのみなさんは、普段から腕をつかっているから矢をひくのがうまいんですよ」。なんと、ならばできるかも?

「弓を思いっきり引いて、左目をつぶって的を見て、パッと矢を放す」おー的に命中した!

「なかなかいいですよ。もう少し首を斜めに。今度は少し距離をとって10mのところから」 気合を入れて弾いて、まぐれか? 当たった! うれしい!

mac_meicyuu

矢は5本全部射終えてから、的のところへ抜きにいきます。このときに矢の刺さった位置で点数をつけていくそう。

1時間ほど練習をして。最初は的のすぐ前から、だんだん離れて10mの位置から射る。慣れてきたかな? 初心者用フィールドコースのいくつかを回ってみました(全部回ると1時間30位)。的を狙いながら山道を登ったり下ったり、何だか楽しい野生の本能が目覚めてきそう…。

取材の日は、やはり初めてという4人のご家族に出会いました。先に初心者用のコースを回っていました(ちょっと見学)。

mac_kazoku1

スコアをつけながら回っていて、特にお父さんが燃えていました! 「とっても楽しいね」「山の中だから気持ちがいい」。

mac_kazoku2mac_acherioyako

的は山の自然の中にあります。初心者は5mの距離から15mまで。だんだん上手になってくると50mの距離から矢を放つことがあるそう。上から下の的をめがけたり…。奥が深いね。いつかはそんなところから矢を放ってみたいな。
森林浴もできるし、またチャレンジしに来ようっと。そんな気持ちがわいてきました。

mac_mato1mac_mato2

花のやまフィールドアーチェリー 町田市相原町870-1。JR横浜線相原駅東口から徒歩13分。9:00~17:00。月・木曜定休。設備:国際ルールに準拠した24の公式フィールドコース(自然のままの地形を生かした林間コース)。公式大会も開催されます。距離は5m~60m。対象は小学4年生以上(保護者の同伴必要)
初心者コース料金(貸弓用具一式、練習場含む、レッスン含む):フィールド1周一般3000円(小・中・髙・大学生2500円)、フィールド2周一般4000円(小・中・髙・大学生3500円)。コースを回らないで練習のみ(1時間・貸弓代含む)一般1000円(小・中・髙・大学生800円)。★予約について 用具確保のため利用日の2日前に予約を(時間帯10:00 11:00 13:00 14:00)。メールhana_no_yama.fac@jcom.home.nei.jp ☎FAX042-772-2835(営業時間外は090-4823-5352へ)

相原町そのほかの楽しいお出かけスポットはコチラ

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. アウトドア・スポーツ, 公園・動物園
  4. 「O・S・A・N・P・O 相原町へ」 花のやまフィールドアーチェリー編


会員登録・変更