1. まちだ・さがみトップ
  2. 街ニュース
  3. vol.28 炊飯器でかんたん! サケちらし 自転車 和地恵美選手

vol.28 炊飯器でかんたん! サケちらし 自転車 和地恵美選手

vol.28 炊飯器でかんたん! サケちらし 自転車 和地恵美選手

 地元アスリートの好物をアレンジしたヘルシーメニューを提案するシリーズ。今回は炊飯器で作るちらしです。手間が省けるうえに水っぽくなる失敗も少ないので、お祝いメニューにぜひ!

mac_powermeshisakechirashi

和地恵美(55) 自転車

町田市在住 町田市立小山中央小勤務 
2016年UCIトラックマスターズ世界選手権金メダル。小学校の家庭科の先生。教師であり、2人
の子を育てながら、マスターズ世界選手権で金メダル3個を獲得。日々のトレーニングは、自転車通勤と「煮物をしながら」など家事の合間の室内バイクです。パラリンピック銀メダリストの鹿沼由理恵さんの練習パイロットを務めたことも。「今年も日本マスターズ記録を更新したいです」(和地さん)。がんばれ!

給食が大好きで、卒業式やお祝いシーズンに出てくるお赤飯や五目ずしがお気に入りです。

/mac_wachiemi

↓↓リビング流にアレンジ!

炊飯器でかんたん! サケちらし

材料(2 ~ 3人分)=米1.5合、さけ1切れ、卵1個、大葉6枚、ごま・きざみのり、紅ショウガ各適量、合わせ調味料<酢70cc、塩小さじ1/4、砂糖小さじ2、酒大さじ1.5>

      1. 米をといで浸水。炊く直前に水を捨て、合わせ調味料を入れてから分量まで水を入れ、両面
        を軽く焼いたさけをのせて白米モードで炊く
      2. 塩ひとつまみ・砂糖小さじ1/4(分量外)で薄焼き卵を作り、細切りにして錦糸卵に。大葉は薄く千切りしてから水に浸してあく抜き
      3. 1が炊けたらさけを取り出してほぐし、戻してごまも加えてまぜる
      4. 3に2をのせて盛り付ければ出来上がり!

料理研究家・野菜のソムリエ 米野正子先生のワンポイント

  酢に含まれるクエン酸は、タンパク質・脂質を体内でエネルギーに変換するのに重要な働きをします。さけや米に豊富なビタミンBと一緒にとると、その働きを高めるので、おすすめの組み合わせです。

米野正子さん
料理研究家、ジュニア野菜ソムリエ。自宅でアットホームな料理教室「M・Kクッキング」(日本野菜ソムリエ協会認定料理教室)を主宰。帰宅してすぐ作れる料理”を中心に、デザート・パンなども紹介しています。家庭料理をコースで味わえる「ホームレストラン」も評判です。

米野先生
和地恵美選手から子どもたちへ 食のアドバイス
mac_wachiemichari
「バランスよく3食食べましょう。特にバランスのとれた朝ごはんをしっかりとると、1日をがんばれますよ。好きなことをとことん打ち込めることは幸せなことですね」。

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. まちだ・さがみトップ
  2. 街ニュース
  3. vol.28 炊飯器でかんたん! サケちらし 自転車 和地恵美選手


会員登録・変更