1. むさしのトップ
  2. 特集
  3. 個性派ブックカフェで自分時間を

個性派ブックカフェで自分時間を

すてきな空間で読書を楽しもう

木々が色づき、夜長の季節に。読書が進むこの時季は、個性が際立つブックカフェで、ゆったりとお茶しながら自分時間を楽しみませんか?この秋の1冊を探してみてください。

【西荻窪】 松庵文庫

築80年の古民家でホッと一息
西荻らしい隠れ家的空間

古民家をリノベーションしたブックカフェ。本棚に並ぶのは、「Title」が厳選した本。店主の岡崎友美さんが同本屋に一目ぼれしてお願いしたのだとか。このほかに自由に読める古本、暮らしを豊かにする生活雑貨の販売も。実家に帰ったような、どこか懐かしい木のぬくもりに包まれた店内は、1人読書にふけるのに最適な空間。雨の日を好んで訪れる人が多いというのも、納得です。

松庵文庫
上/庭には樹齢100年以上の大ツツジが 下/パウンドケーキ「カフィノア」(518円)

杉並区松庵3-12-22 TEL:03-5941-3662 11:30~18:00 月・火曜定休
http://shouanbunko.com/

【高円寺】 Mucchi’s Cafe(ムッチーズカフェ)

遊び心満載のメニューに注目
大人のための絵本カフェ

お茶目なイラストの看板が迎えてくれる「Mucchi’s Cafe」。店内の絵本は、スタッフで元保育士のまどかさんがセレクト。「大人が読んで楽しいものを基準に、名作から新作まで400冊以上揃えています」。カフェメニューは絵本からインスピレーションを受けた面白いものばかり。「地獄の黒カレー」は、「地獄」「じごくのそうべい」などをイメージして創作。手羽先は地獄に落ちた人を表現しています。遊びが詰まった童心に帰れる空間です。

Mucchi'sCafe
上/絵画のように飾られた絵本たち。季節の絵本コーナーや怖い絵本コーナーなどもあります
下/後を引く辛さが特徴の「地獄の黒カレー」896円

杉並区高円寺北3-2-17、2階 TEL:03-5364-9190 11:30~20:00(土・日曜、祝日21:00まで) 水曜定休 ※11/24(金)18:30から読み聞かせイベント「大人のための夜カフェ絵本」を開催。参加希望者は電話を http://mucchiscafe.web.fc2.com/

【三鷹】 フォスフォレッセンス

太宰を愛する店主が営む聖地
初版本など貴重な資料も

三鷹通り沿いの「フォスフォレッセンス」は、太宰治一色。店長の駄場みゆきさんが大の太宰ファンで、ゆかりの地に店を開きたいと、関西から三鷹へ転居し2002年にオープン。店名も短編小説から命名。古書販売のほかに、お客さんから譲り受けた太宰の初版本を展示し、手に取って閲覧が可能です。人気の「太宰ラテ」を飲みながら、太宰ワールドに浸ってみては。

フォスフォレッセンス
上/太宰が描かれた「太宰ラテ」600円
下/レジの奥には若き姿の太宰の写真が。「男前でしょ!」と駄場さん

三鷹市上連雀8-4-1 TEL:0422-46-1004 12:00~19:00 火・水曜定休 ※季節に1回読書会や文学散歩を開催。http://dazaibookcafe.com/

【上井草】 井草ワニ園

えっワニはいない!?
古本×グラノーラの専門店

東久留米の「古本一角文庫」とコラボした、古本販売とグラノーラを取り扱う不思議な店。絵本、書籍、文庫など幅広いジャンルの古本は、眺めているだけで時間を忘れるほど。また、店主の小林功さんが作るグラノーラは、定番4種類と季節限定のフレーバーが。ザクザク食感を楽しみながら、読書にいそしめます。ちなみに、気になる店名は覚えやすさを狙ったそう。

井草ワニ園
上/一番人気のレモンチーズ(400円) 下/こげ茶色に統一された家具は古物店で集めたもの

杉並区上井草2-38-1 TEL:080-3736-5165 11:00~19:00(土・日曜、祝日は17:00まで)不定休 https://twitter.com/igusawanien

【荻窪】 Title

ワインも飲めるなごみの書店
昭和の面影を残すギャラリーも

一見は、ライフスタイル本を取り扱う街の本屋さんですが、奥には北欧テイストのカフェスペースが。コーヒーだけでなく、ワインやスイーツ、フィンランドのスナックなどを購入した本とともに楽しめます。2階のギャラリーは、昭和感漂う造り。元は精肉店だったという、築70年の家を改装した建物だけに、最新書籍とノスタルジックな雰囲気の融合が見事です。

Title
上/「カレリアンパイ」(450円) 下/木の柱や梁がレトロで温かい雰囲気

杉並区桃井1-5-2 TEL:03-6884-2894 12:00~21:00 水・第3火曜定休 ※ギャラリーで11/25(土)から「365日のほん展」開催 http://www.title-books.com/

まだまだある!地域特派員が見つけた街のブックカフェ

土鍋ごはんと本で癒される「カフェ ジータ」@武蔵境
記事はコチラ
駅チカなおしゃれな古本カフェ「SLOPE」@上井草
記事はコチラ
絵本250冊読み放題の「カフェ・アンリファーブル」@高円寺
記事はコチラ
漫画が2000冊以上あるカフェバー「カフェ アンド バー ポコ」@荻窪
記事はコチラ

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. 特集
  3. 個性派ブックカフェで自分時間を


会員登録・変更