1. むさしのトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 公園・動物園
  4. 無料で一日楽しめちゃう!子連れのオアシス「杉並児童交通公園」@浜田山

無料で一日楽しめちゃう!子連れのオアシス「杉並児童交通公園」@浜田山

特派員No. 461
アヤコトリさん

木々のみどりが萌え、風が爽やかな、すてきな季節になりましたね!

アヤコトリんちは、まさかのこのタイミングでマンションの外壁工事…暗い!暗いよ!

仕方がないので外に出かけてばかりいる今日このごろ…ということで、
子連れで一日遊べる公園をご紹介します。

その名も杉並児童交通公園

京王井の頭線「浜田山」駅から徒歩12分という住宅街に忽然と現れるこちらの公園は、
園内のコース自転車の練習をしながら、交通ルールを学べるという異色の存在。
昭和47年開園で歴史は長く、都内にも数か所しかないそうで、休日になるとまさに芋洗い状態!

平日にのんびり出かけるのがおすすめ!

園長の本田さんによると
「延べ利用者数(※貸し自転車の申込書を書いた人の数)は、平日は多くて200前後ですが、土日は2000もの数になります。先日のゴールデンウィーク中は毎日すごかったですよ!」
とのこと。

無料で一日遊べる施設ということで、区外からの利用者もたくさん。

「だいたい3割は区外の人です。調布とか、府中とか世田谷区とか…長期休みには帰省中のご家族も多く来られるので、利用票には全国各地の住所が書かれていますよ」

ママ友によると、海外の人を見たので声をかけたら、ガイドブックに載ってたので来てみた、という方までおられたとか。

園や学校独自の休日など、平日にのんびり遊ぶのがおすすめのようです。

DSC_1714-300x400

広い園内は木々が青々と茂り、なんとも爽やかな空間です。

総面積は9,187平米…ということで、よくわからないので「東京ドーム」に例えてみました!
東京ドームは敷地面積46,755平米、東京ドームの0.196倍でーす!って、よりわからなくなりましたね。むしろ東京ドームは交通公園5個分だよ!という方がわかりやすかったりして。

とにかくそのくらいの広さだよ!(適当)

正面にミニ東京駅、道の両側に大きなケヤキの街路樹、小さな分離帯にはツツジが咲いています。

この道路をレンタルした自転車で走行しながら交通ルールを学んでいきます。

DSC_1679-300x400

レンタルできる自転車は14インチから26インチまで、現在148台。
貸出票に名前などの必要事項を書いて、無料で借りられます。

14、16、18インチの3種類は補助輪つき、また、後ろについている持ち手で保護者が支えることができる練習用も備えられています。一番大きなサイズの26インチは大人用で、子どもと一緒にコースを走ることができます。

アヤコトリの4歳娘は、運転技術がまだおぼつかないため、走って追いかけることしかできないのでありました。

DSC_1695-300x400

ヘロンヘロンな母の前方を、ドSな娘が心底楽しそうな笑顔で走り去っていきます…

殺す気か!

「転んじゃえばいいのに!」と思わず、呪詛の言葉がわきあがりそうになります…。

さて、園内のコースは1,100m。
裏門を出るとそこから善福寺川緑地に沿って子どもサイクリングコース(1,300m)につながっていて、全長2,400mのサイクリングコースになっています。

何もかもがミニサイズでかわいい★

ご覧ください。ミニサイズで、とてもかわいい交差点です!

DSC_1692-300x400

信号機も横断歩道もみんなかわいい。

ミニ東京駅の周辺です。

DSC_1716-300x400

小さな機関車の先には線路が続いていて、小さな踏切もあります。

DSC_1718-300x400

数分に1度「カンカンカン」と、警報機が鳴ります。

DSC_1688-300x400

自転車の他にカートもあります。
小学生以上用の一人乗りと、未就学児が親と乗れる二人乗りの2種類。

DSC_1676-300x400

ちなみに足こぎタイプなので、コースを周回するのは半端なくキツいです…。
アヤコトリはこの近くを通るときは極力、娘と目が合わないようにしているよ!(しかしすぐ気づかれて漕がされる)

園内の大きなコースは4歳以上しか出られませんが、4歳未満の子が楽しめる小さなコースもあります。

DSC_1670-300x400

ここには14インチの補助輪付き自転車と、三輪車、コンビカーがあり、よちよち歩きの子も大きい子に邪魔されることなく、思い切り楽しめますよ~。

SLに乗って遊ぶこともできます

DSC_1700-300x400

また、敷地内には役目を終えて昭和49年に運ばれてきたSLが展示されており、運転席にのって遊べます。きちんと駅になっていて改札口まであります。

DSC_1698-400x300

「ママが子どものころは、駅にこういうのがあったんでしょ?」と娘が大声で訊いてきます。
…いや確かにそう言ったけどさ。

毎回、大声で訊くことないじゃん!!歳ばれるわ!

園内の乗り物は16時30分までの貸し出しなので、そのあと17時の閉園まで30分間、皆がたどり着く終着点がこちら。

DSC_1720-400x300

すり鉢状のすべり台は周辺の公園にはなく、とてもエキサイティングなようです。

DSC_1721-400x300

ただし、すり鉢の底にある排水口?から蚊が発生して、蚊地獄状態になっていることがあるので、夏場は気を付けて!

いかがでしたでしょうか。

ちなみにこの辺の子どもたちは、小学校に上がる前にここで練習して補助なし自転車に乗れるようになっちゃうのがスタンダード。(今年赴任してきたという本田園長も驚いていました)

DSC_1687-400x711

自転車だけでなく遊び場もいろいろあるので、のんびり初夏の一日を楽しんでみてください★

ちなみに、周囲は閑静すぎる住宅街でびっくりするくらいなにもないので、
飲み物やおやつは持参の上で行くことをおすすめします。

杉並児童交通公園
杉並区成田西1丁目22番13号
TEL 03-3315-4564
OPEN 8:30~17:00 年末年始12/29~1/3のみ休み
http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kouen/03/naritanishi/1007277.html

この記事を書いた人特派員No. 461 アヤコトリ
4歳女児の母。車の免許は持っていないけれど、子供乗せ電動自転車さえあれば、どこまでも行きます(最遠記録…早稲田)。本と喫茶店と古い建築物が大好きだ~!

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 公園・動物園
  4. 無料で一日楽しめちゃう!子連れのオアシス「杉並児童交通公園」@浜田山

特派員メンバー