1. むさしのトップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 回復力をサポートする “紫”でいやされて

回復力をサポートする “紫”でいやされて

回復力をサポートする “紫”でいやされて

 暑い盛りが終わり、夜風が日に日に涼しくなる9月。夏の疲れが出やすいこの時期に、回復力を与える癒しのカラーアイテムはいかがですか?また、幸せになるヒントでは、トイレにおける長居防止カラーをお届けします!

■ 今月のラッキーアイテムは…コレ!

キャンドル (1)

夏の疲れも怖くない!
回復力をサポートする“紫色のキャンドル”

ヤンキーキャンドル レモンラベンダー(税込2,160円)
(専用シェード 税込972円)
マチャムマチャム(吉祥寺)

●色の秘密…
紫は、心身共に落ち着かせるカラー。体を元気にする赤と、心を冷静にさせる青が混ざっているので、全体のバランスを整える色といえます。よく時代劇などで、病気のお殿様の頭に紫色の布を巻いているのを見たことがありませんか?紫は高貴な方の召し物に使う色とされていますが、回復をサポートするためにも使われていたといわれています。はるか昔から、紫は癒しの色として認識されていたのです。

●どこに置く?
寝室やバスルームなど、体を休める場所で使うのが理想的(シェードをかぶせれば火をつけても炎がカバーされるので、安心して使えます)。紫のパワーと火の温かみで、1日の緊張が解きほぐされていくでしょう。またキャンドルの色はもちろん、炎のオレンジ色とレモンとラベンダーの香りが爽やかさと元気をプラス。心と体を休めながら、明日への元気をチャージできます!ただし、寝る前に使うときは、火の後始末を忘れずに。

■ 今月の「幸せになるためのヒント」
Q.)うちの夫と息子は、トイレにいる時間が異常に長いです。日中はいいとして、朝は本当に困ります。トイレに長居させないカラーはありませんか?
A.)『寒色系』のカラーで時間の経過を早く感じさせましょう。
実は、色で時間の経過の感じ方が変わるといわれています。『赤』や『オレンジ』などの暖色系は時間の経過が遅く感じるので、レストランやホテルなど、ゆっくり落ち着いて過ごす場所に使われています。一方で、『青』や『水色』などの寒色系は時間の流れが早く感じるので、今回の相談のように、早く部屋から移動させたい場合は、寒色系を使うと効果的です。
トイレの壁紙を変えるのが一番ですが、難しい場合はタオルや便座カバー、芳香剤などの小物で寒色系の色を取り入れるといいでしょう。特に『青』は不安感を取り除く力もあるので、落ち着く空間を保ちつつ、長居しない場所を作ることができますよ。また、リビングやダイニングに暖色系を取り入れ、長居したくなる空間を家の中心に作るのも一つの手。家族団らんの時間を増やして、トイレにいる時間を減らしましょう!

●店舗情報 マチャムマチャム

世界中の香りにまつわるアイテムを集めたアロマ専門店。インドネシア語で「いろいろ」という意味を表す店名の通り、キャンドルやオイルランプ、お香にアロマジュエリーなど、こだわりの本格的アロマグッズが揃っています。
定休日:火曜日
営業時間:11:00~20:00
武蔵野市吉祥寺本町2-35-11 元町スギビル2F
TEL:0422-21-7086
HPhttp://www.macam.jp/index.html
店内
◆プロフィール
0929-lucky7
凛音(りんね) カラーセラピスト
自身の結婚・離婚経験から恋愛や性に前向きな女性の生き方を提案する恋愛コラムニスト。心理カウンセラー、筆跡心理学アナリストを習得し、婦人科形成ポータルサイト『キュアリ』にて女性の体コラムの連載などを執筆中。

あなたのお悩み募集中! 凛音さんがアドバイスします。

受け付けはコチラ

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 回復力をサポートする “紫”でいやされて


会員登録・変更