1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. ランチ, 居酒屋・バー
  4. ランチもテイクアウトもあり!「西荻ビール工房」のできたて自家製クラフトビール

ランチもテイクアウトもあり!「西荻ビール工房」のできたて自家製クラフトビール

特派員No. 270
トロさん

ビールの醸造所を併設した飲食店を「ブルーパブ」と呼ぶんですって!

最近、その言葉を知ったので近くにないかな~?と探したところ、
中央線沿いには「麦酒工房」というビール造りを行っている系列店が
中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪とたくさんあるんです。

それぞれのお店でビールを作っているんだそうですよ~!

仕事帰りに「西荻ビール工房」へ

E

テラスもあるカフェ風のお店は、とても入りやすい雰囲気です。

特派員のぴのやまさんも以前、記事をアップしていました。
http://mrs.living.jp/musashino/town_gourmet/reporter/2006938

E

セルフサービス方式なので、カウンターまで行って注文をします。
お会計は後からまとめてでOK。

E

この日は、春の白ビール「スウィートホワイト」590円から。フルティーで爽やか!

E

フィッシュ&チップスのハーフサイズ620円と一緒に。サクサクです!

E

自家製おろしドレッシングの本日の産直お野菜サラダ690円。
シャキシャキ野菜がたっぷり。

E

産地は黒板に書いてあります!

一人でも入りやすくて、サクッと飲んで帰るのにピッタリ!と思いながら、
なんとなくメニューを眺めていたら…

E

平日限定でランチもやっている!?
スタッフさんに聞いたところ最近、始めたばかりなんだとか!
中央線沿いの系列店ではここだけだそう。
これはいい!ということで…、

…………………………………………………………………………………………………

後日、お昼にも来店!

E

夜に来た時は気が付きませんでしたが奥に小上がりの席もあるので、
小さな子供連れでもいいですね! おむつ替え専用スペースもあります!

E
ナシゴレンランチ1000円

ピリ辛のナシゴレンは、ついつい飲みたくなる味わい!

平日の昼間にビールの仕込み

ちょうど作業風景を見ることができました。

E

店長さんによると、このタンクは1つ200リットル。だいたい10日間で仕上がるそうです。

E

ビールに使用する大麦、小麦が味見できるようになっています!
ボリボリ食べているとスナックっぽい…!?

実際にビールを作ると、小麦のビールの方が劣化が早いそうで、
できたてをすぐ飲める!というのはやっぱりおいしさにつながっているんですね。

E

今日のビールのラインナップはこんな感じ。
季節によってどんどん変わるのも楽しみなところ。

地元のコーヒー豆屋さんとコラボした珈琲ビール590円もユニーク。
なんと105歳の店主が厳選したグァテマラを使用しているんだそうですよ!

E
左:ブロンド410円、右:麦汁

ちょうど仕込みのタイミングだったため、店長さんが麦汁を味見させてくれました。
まだアルコールはほとんどないんだとか…(といっても、0%ではないそう)
程よい甘みもあって、これだけでも十分おいしい~!!

昼間だと、時にはこんなお楽しみまであるんですね♪

ビールを飲むだけではなく、原料から出き上がるところまでを間近で見られるなんて
さらに深くビールを知ることができたような気がします!

E

そんな手塩にかけたビールは、お持ち帰りもOKです

西荻ビール工房
住所:杉並区西荻北3-25-1
TEL:03-3395-6550
営業時間:11:30~23:00、土曜11:30~23:00、日曜、祝日11:30~21:00。
※平日ランチ11:30~14:30
http://nishiogibeer.blogspot.jp/

この記事を書いた人特派員No. 270 トロ
カワイイものがだいすき!フルタイムで働きながら、地元の“カワイイ”を探して歩いています。街で見つけたお気に入りを、たくさんレポートしていきます。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. むさしのトップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. ランチ, 居酒屋・バー
  4. ランチもテイクアウトもあり!「西荻ビール工房」のできたて自家製クラフトビール

特派員メンバー